2006年03月21日

「ブラザーズ・グリム」パラノイア(妄想症)

サシャ.jpgグリムc.jpgグリムd.jpgグリムl.jpgグリムq.jpgグリムr.jpg

また今夜も「グリム」に耽溺させていただきます。
全くテリー・ギリアムの魔法をとくのは難しいようです。

なんだか、テリー・ギリアムで借りたにしては殆ど内容に触れず、マット・デイモン&ヒース・レジャーのことばかりでお恥ずかしい。しかもアジア圏ブログなのに「アジア以外の国」でこんなに浸ってしまうとは。西洋人を好きになってしまうなんてここ何年もなかったのに、なんてこった。しかも言っちゃ何だけど「グリム兄弟」なんぞに・・・泣。(これが「ブロークバックマウンテン」だったら格好もつくがこういうのを好きになるのが私らしいのかなあ)

悲しいのは他の方のブログをちらちら見てたら結構叩かれている?!ちっとも面白くないとかB級映画だとか、私が惚れてしまった兄弟達も兄と弟が逆だとか(えー、いや絶対マットが兄貴で正解ですよ。最初は確かにマットが弟役だったらしいけどね(笑))もっとかっこいい人がやって欲しかったなんてのもあったし(二人ともハンサムなんですけど(泣))マット・デイモンは作品を選んで欲しいなんていうのも・・・絶句。
褒めてくださっているのもあったけど非情な確率で悪評でした。
これから観ようかなと思っている皆さん!そんなことありませんよ!とーっても素晴らしく面白い映画なんです!!
それは最初の子供のジェイコブが雪の中を駆けてくる場面からすでにこの映画の雰囲気の重々しさが伝わってくるし、コントラストが強い画像も美しく、大人になった兄弟の登場の格好も意味深で心惹かれるではありませんか。

もしかしたらこの映画は表向きの軽くて笑いを含んだ表現のためにその中の重くて深い闇の部分が隠れてしまいそう思われてしまうのかもしれません。
確かにテリー・ギリアムは照れ隠しの冗談のせいでふざけた映画を作っているように思われてしまっている気もします。
黒い森の中で起きている事件が静かであるために人々は気づかないのかもしれません。
そして困ったことにこれを解読するにはかなりの知識が必要なのです、きっと(いや、私には知識はないんですが、すみません)無論「誰にでもわかるように作らない方が下手なんじゃないのか」という意見もあるでしょうが、これを誰にでもわかるように作ったらただの解説書みたいになってしまう。せめて謎のある面白さを感じて後で解読していけばいいのではないかと思うのですよ。
(しかしこれをケルトの森と書くのはまずいですよ。ドイツとアイルランドじゃ全然違うし)
そしてマット・デイモンとヒース・レジャーの演技。二人のしぐさ、言葉、眼差し、そういうのを見ているだけでもなんていいんだろお、とばたばたしてしまいます。ちょっとした目配り、指の動き、立ち居振る舞い、見ているだけで映画の世界へ引き込まれてしまうのです。

実を言うと私も判らないことだらけで、例えば何故虫がたくさん出てくるのか、馬は何故ジェイコブに色目を使ったのか、馬がエルシーを飲み込む場面は何を意味しているのか、数えていたらきりがない。イタリア人の存在も謎。それらはたぶん適当ではなくてグリムあるいはヨーロッパの伝承など知っている人にはわかるのかもしれない。そういうことが多すぎて難しくわかりにくいものになっているのかも知れないのです。ふざけた部分は目だってしまうのに。

泥人形のジンジャーブレッドマンも知っていなきゃナンだかわかんないだろうし、とか。

ジェイコブが塔の屋根に上る所のイマジネーションは素晴らしい。私は物凄い高所恐怖症なので見ているだけで膝がくがくなのだが、それまで本にしがみついていたジェイコブが活躍し始める場面。オタク少年が頂上に登り風を感じて地上を見る。それは監督自身の姿と重なっているのではないかと思う次第。

ジェイコブが兄ウィルの胸を刺してしまう場面。「父親殺し」という人間の成長の一過程があるが、弟ジェイコブがここで兄貴を殺してしまうことで一つの成長をしたと思うのである。兄貴も自分を殺させる事で弟との陰湿な過去(妹を死なせてしまった、という過去)を断ち切らせているのではないか。

そしてその後の弟からのキスで仲直りをしたグリム兄弟は改めて兄弟としての繋がりを強めていった、というお話。

また、女王が蘇生するために幼い少女達を12人誘拐してその血を飲むのだが、身代わりとして大人のアンジェリカが眠らされた。少女達と年齢が違いすぎると言われている向きもあるようだが、これは単にアンジェリカが処女だった、というのじゃないのかと思う。こういう「血」と言うのは大体、処女の血であるし、この時代、女性は随分早く処女でなくなっていたと思うので処女の生き血と言うならごく幼い少女になってしまうんだろうけど、アンジェリカはまだ処女だったのではないでしょうか。男をはねつけている雰囲気だったしね。

以上、書き綴ってまだとても語り足りないのだけれど、この「ブラザース・グリム」がとてもいい映画だと言う事だけは言いたい。
タイトルどおり「ブラザース・グリム」パラノイアの独り言と思ってもらっていいのですが。

無理な願いではあるが「ブラザーズ・グリム」をテレビの連続ドラマでやって欲しいのである。毎週あちこちの村を訪ねて妖怪を倒すわけですね。勿論主役はマット・デイモンとヒース・レジャーでなきゃ嫌だ。
これはまあ夢のまた夢ですね。

こういう記事を隣の部屋で書いていたよ。


posted by フェイユイ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。