2006年03月26日

「康煕王朝」陳道明/斯琴高娃 第12集

ひゃー、康煕めちゃかっこいいです。ばば様はもっとかっこいいけどね。二人がアオバイを倒そうと話し合っている場面は凄く高揚感があって言葉が強くて惚れ惚れします。

16歳の康煕はもう行動あるのみ。まだまだ可愛い顔をしていますがアオバイを倒さんと智恵を絞ります。アオバイはバン大人の甘い言葉で皇帝を失脚させようとしますが、そのバン大人はアオバイを利用しようとしているだけ。うーん、もう誰も信用できませんね。
康煕は急に頼もしくなりました。
アオバイを倒すためにばば様を非難させようとしたり心遣いも忘れません。
臣下の胸の内も読み取るようになって大人びてきました。しかし16歳にして白髪が出たそうで気の毒です。(ところで弁髪って初め見た時はびっくりしますが、ずっと見てるとなかなかかっこよく見えてくるからふしぎです。ラーメンマンのおかげかな)

呉六一さんはほんとに真面目なお人です。しかしせっかく恩赦で出獄した義父を自分の手柄で牢から出してあげたいということで、「牢屋に戻るよ」と言うお父さんが偉い。

しかし恐ろしい敵と思っていたアオバイを騙そうとしているバン大人は飛んだ狸ですな。

ところでなかなかこれの記事を書かなかったのは、しばらく画像が観れなかったからなんですが、実はたまったファイルを削除すればよかったんですね。中に説明もされてます。以前、一度やっていたのに、すっかり忘れていたのでした。もし観れずに困っている方いらっしゃったら一度お試しください。


posted by フェイユイ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 康煕王朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。