2006年03月30日

そしてさらに「cut」を

そしてさらに1998年6月、NO.71「Cut」を手に入れたおたんこなすです。

特集は「Good Will Hunting」マット・デイモン&ベン・アフレックです。笑わば笑え。

まず表紙。二人の顔が逆光で写るモノクロ写真。二人とも映画のイメージとちと違う。でもなんだかいい顔です。
中身は二人がご近所付き合いの幼友達で非常に仲のよい関係である事が語られています。若くして共同執筆でこの映画により脚本賞を取った彼らですが、友達連中からは退屈だといつも言われていると。
映画そのものの彼らの雰囲気に羨ましくもあり、呆れてしまうほどですね。

まさに青春・友情という眩しい二人の表情です。


posted by フェイユイ at 23:12| Comment(5) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。先日はお返事ありがとうございます!今後とも宜しくお願い致しますvv

今日は、なんと昨日の深夜「ドグマ」を放映してまして・・・大阪なんですが、生活的に深夜の映画が見やすくて、たま〜に観ようとした時に限って当たりが多くて、、、昨日もふと何やるのかしら〜と番組表をみたら「ドグマ」ではないですかぁ〜本当にびっくりしました。。。
で、ちょうど始まりから観れたので録画しながら・・・肝心な後半で寝てしまい汗・・・今日観ますvv番組の最後まで録画に設定していてよかったです〜
とにかく、この偶然を報告に・・・この映画のマットは、また少し違いますねっ。でも顔をマジマジと見てしまいました〜
この「cut」、当時働いていた店でとってたので、見たはずなんですが・・・覚えがなくて〜

「遺産相続」?だったかを、映画館で観たのを思い出しました・・・確か一緒に観た子がマットのファンだったような〜

また、お邪魔致します。。。
Posted by Mint at 2006年03月30日 23:56
おお!なんというグッド・タイミング(笑)
そういうのってありますね。何かが呼ぶのでしょうか。
私は一応レンタルする予定です。もう少し後になりますがその時はまた記事にしますね。
雑誌って(自分で買ったのなら)しまいこんでおくべきなのでしょうねー。
私は以前別の目的で買ったPOPASIAを見なおしたらジェイの特集が載っていた!と気づき大慌て。その時はまだ迷じゃなかったので覚えてもいなかったんですねえ。まだまだ最初の頃のジェイでして物凄くうれしかったです(笑)
でも普通は邪魔になって捨ててしまいますよね。困ったものです。
Posted by フェイユイ at 2006年03月31日 00:12
そのCUT、うちにもあります(笑
なんだかフェイユイさんと好みが似ている気がしてうれしいです。
私が後をくっついている気がしていたのでなおさら・・・
マット・デイモンのヤングアメリカンデブな感じも好きだったのでリプリーで(すばらしい作品だったのですが、)とてもがっかりし、その後のハリウッド的大作ばかり出演するので更に更に気持ちが離れたことを思い出しました。
ブラザーグリムは必見ですねー♪
Posted by liuliu at 2006年03月31日 00:54
きのうじえるんが、顔関係するはずだった。
そしてフェイユイは友達をイメージされた!
でもフェイユイと関係したよ♪
Posted by BlogPetのじえるん at 2006年03月31日 09:46
> liuliu さん
あははっ。辛らつですね〜。ほんとマット・デイモンって裸になるとそんなに太ってないのになぜだかずんぐりした印象なんですよね。
そして出演作のタイトルを見てると確かにいかにもハリウッド的な感じですね。
私は今のとこ、ここで取り上げた作品しか観ていないのでこれから楽しみに見ていこうかな、と思っております。
Posted by フェイユイ at 2006年03月31日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。