2006年04月06日

「ドグマ」ケヴィン・スミス  前半

ドグマ.bmp

最初にやたらと丁寧なお断りがある。確かにカモノハシには罪はない。

自分はキリスト教徒ではないので心ゆくまで楽しめる。敬虔なクリスチャンであったら?想像し難いが弁明にあるようにあくまでもユーモアであると受け止めてみたい。

なにしろキリスト教特にカソリックをこれでもかと叩きのめしているのでそこに属するものにはかなりきついジョークである。こちらは知識としてしか知らないのでよくもここまで揶揄できるものだと感心しきり。大真面目にキリスト教を論じていると言ってもいいくらいなので大笑いとはいかないが終始ニヤリと笑わされている感じ。
大天使メタトロン(アラン・リックマン)なる人物(?)が物語の舵取り役であるのですが、いい味を出しています。そのメタトロンによって変な世界に連れ込まれていくのが中絶医者であるべサニー=リンダ・フィオレンティーノである。最近、全くアメリカ映画を観ない私だが、「どこかで観たような?」うう、懐かしい「ビジョン・クエスト/青春の賭け」のヒロインではないですか。余談ですが私、マシュー・モディンが好きだったのでしてマット・デイモンが出てきた時ナンだか語呂が似てるので(マシュー・モディン≒マット・デイモン)マット・デイモンに対して腹をたててました(今は昔)
あの時も素敵なヒロインでしたがここでも夫に冷たい仕打ちを受け、神を信じられなくなった女性を魅力的に演じています。年齢がわかりませんね。

曰く聖書は人種や女性を差別している、曰くホロコーストを見てみぬふりをした、などキリスト教に対して辛辣な批評が続々と出てきます。無論、キリスト教世界ではこの映画はかなり弾劾を受けてしまったようですね。無理からぬことでしょう、としか言えません。
マット・デイモンとベン・アフレックもよくこのようなきっつい映画に出演したものですね。私なんか命の危険を案じてしまいますが。

そしてこれを観てベン&マットの意味合いがよく判りました。素敵。ここでのマットは表現しようのないくらい可愛いです。確かにこれを観てたらマットを弟役にしたくなるのは理解できます。罪深きものに容赦なく銃口を向け辺りを血の海にしてしまうマット天使の無邪気さ。ベン天使のクールさも最高にいかしてる!背丈のバランス具合が絶妙に色っぽくてよいのでした。

時間のないせいもあって前半だけ観ましたが、明日もまた楽しめると思うとうれしいですね。


posted by フェイユイ at 23:37| Comment(5) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェイユイは、無理とか知らないので
じえるんたちが、人種とかきつい人物などをフィオレンティーノしなかったよ。


Posted by BlogPetのじえるん at 2006年04月07日 09:46
フェイユイさん、今晩わ。
『ドグマ』観てくださったんですね〜後半も怒涛(?)の展開なのでどう書いてくださるか楽しみです!

>マット・デイモンとベン・アフレックもよくこのようなきっつい映画に出演したものですね

コレはもう、単に監督のケヴィン・スミスとベンちゃんがマブダチなので、の一言です。ちなみにケヴィンは、今作でも静かなる髭デブの熊@サイレント・ボブ役がライフワークだったりもする、ようです(笑)。
マット@ロキ君はカワイイですが、笑えることにその昔、マットは随分ベンに対して兄貴風吹かしてたらしいですよ^^)
Posted by shito at 2006年04月07日 22:30
>マットは随分ベンに対して兄貴風吹かしてたらしい
そのパターンのが観たいです(笑)マットのほうが年上なんですよね?
小さなマットが大いばりでベンが長身を曲げて歩いているようなのがいいですね。

それにしてもこんな面白い映画を紹介してもらってうれしいです。いっぺんに彼らの仲が判ったような気がします。
Posted by フェイユイ at 2006年04月07日 22:54
今晩わ
私も「ドグマ」のマットは大好きです。
ベンのセリフの「シンプルクリチャー」そのものの演技をするマットがとても可愛いです。又バスから降りて、思いっきりベンにあきれられた後に、訳のわからない歌と踊りもとても気に入っています。
又、ロキに説得されたシスターが、空港で二人の後ろではじけているのに、お気づきでしょうか?
それと、「shito」さんのコメントの中の
ケビン・スミス監督の作品に出演するのは
たしか「ミラマックスがゴミ箱行きにしていたグッドウイルの脚本を救ってくれたから」だと思いますが、いかがでしょうか。
Posted by キャサリン at 2006年04月09日 20:35
>キャサリンさん
お返事遅れてごめんなさい。
うう、「ドグマ」レンタルだったので返してしまいましたが、また観て確かめたいです。
マット・デイモンはシリアスとコメディ両方が同じように素晴らしいですよね。
観れば観るほど好きになっていきます。
まだたっぷり楽しめるのでうれしいですね。
Posted by フェイユイ at 2006年04月12日 21:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。