2005年01月20日

オキサイド・パン「死亡写真」前半

まずタイトルが怖いです。といっても残酷嫌、残酷嫌、と繰り返した私としては、まあ死体はみてもいいかw 裕福な家庭で何不自由なく育った美少女・ウィンケイ(レース)は、写真を専攻する女子大生。すでに多くの写真展で受賞し、その才能を認められているウィンケイだったが、彼女自身はその作品に満足していなかった。実は彼女にとって、最も美しいものは"死"−。幼い頃のトラウマから死体に異様な興味を持つ彼女は、死体の撮影にのめりこんで行く。
 異常に気づいたルームメイトのバクペイ(ロザンヌ)の助けで、彼女は自分の犯した過ちに気づく。しかしその頃、彼女と全く同じ嗜好を持つ何者かが彼女たちを狙っていた・・・。というとこまで見た。
出だし見てすぐ思い出したのが、タランティーノが総指揮の(葬式ではない)「フェティッシュ」という愉快な映画。中身はまったく違うんだが、かわいらしい女の子が殺人現場にものすごい興味があって、現場の掃除屋さん(こんな仕事があるんですねえ?)に就職、殺人現場に嬉々としておもむく、というコミカルな映画で大好きだった。こちらは、やや沈痛なムード、そしてウィンケイとパクペイはなんともビアンな関係でなかなか楽しい。ビアンな感じの映画って見たいと思うんですが、男同士以上にあんまりないよね。ま,それはそれとして、けっこうおもしろいです。筋書きとしては、そんなに珍しくはないんだけどもね。何故だろ。撮り方がおもしろいのかな。後半ウィンケイがどうなってしまうか、楽しみですね。
監督オキサイド・パン 出演2R(レースとロザンヌ) 梁俊一 2004年
死亡写真
怖がりの方、ごめんなさい。グフフ、怖いよね、このジャケット。
posted by フェイユイ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

死亡写真
Excerpt: 監督:彭順(オキサイド・パン) 原題:死亡寫真 英題:Ab-Normal Bea
Weblog: 見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!
Tracked: 2005-02-21 21:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。