2006年04月19日

「バガー・ヴァンスの伝説 」ロバート・レッドフォード

バガー・ヴァンスb.jpgバガー・ヴァンスa.jpg

うー、またこれも不思議映画なのですよ。説明がつかないほど不思議なのだよね。

でもこれはマット・デイモンを見たくて観た映画なのでその意味では凄くよかった!満足の一作ですね。可愛いです。白い歯のこぼれる笑顔も逆境に苦しんでる様子も最高です。追い詰められて自分を失ってる所なんて痛々しくて凄く素敵ですね!!ぐふふふふ。

しかもまたも「天才なのに心に傷を負って自分の意味を捜し求める」という役です。「お前はそれしかやんないのかー!」と突っ込みたくなるくらいマット・デイモン十八番ですが私としてはそれが観たいのでやはりうれしく堪能し満足したのでした。

ゴルフものというと私はちばてつや氏の「あした天気になあれ」ぐらいしか知らないんですが、何となく太陽君とイギリス少年の組み合わせを思い出してしまいますね。

そして何となく「炎のランナー」を思い出させる要素がありましたね。

監督:ロバート・レッドフォード 出演:ウィル・スミス 、マット・デイモン 、シャーリーズ・セロン 、ブルース・マッギル 、ジョエル・グレッチ 、ジャック・レモン
2000年アメリカ


posted by フェイユイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。