2006年04月23日

「ボーン・スプレマシー」ポール・グリーン・グラス

スプレマシー.bmpスプレマシーf.jpg

「ボーン・アイデンティティー」の続編、そしてシリーズ化しそうな気配です。
マット・デイモンがこれまでにない最高にクールで強い男を演じています。
かっこいいです。

前作でボーンの恋人となったマリー、殺されてしまいました(-_-;)
またもやマット・デイモンの相手役が消えてしまったということで。うーん、やはり邪魔だったのでしょうか?気の毒としか申し上げられません。
前作はハードとは言え、彼女付きだったために少しでも甘い空気があったというのに彼女は消され、普通なら後釜となるべき女性が出てきてよさそうなものなのに女っ気なしです。ひたすら孤独な男の憂愁を背負っておりますです。
とことん女運がない男としか言いようがないですね、マット・デイモン。まさか監督に頼んで消してもらってるんじゃないですよね?
しかしそのせいなのかナンなのか、前作よりかなりハードタッチになったアクション見ごたえありました。マット・デイモンもよりボーンらしくなったというのか、シリーズ化しそうな充実した風格になってきましたね。

私の好みの話なのですが、「集団から追われ暗い過去を背負って孤独に生きていく男」というのに物凄く弱いのです(笑)例えばメル・ギブソンのマッド・マックス、胡軍の蕭峯、手塚治虫のブラックジャック、白土三平のカムイなどですね。特にボーンは人間兵器のスパイという設定からカムイと重ねてしまうものですが、カムイは本当にかっこいいからですね(笑)まああそこまでは行かないけど(カムイは女装してもいいほど美貌でしかも忍者として最高の技術を持っている男ですので)抜け忍で命を狙われる身であり誰も頼る者がいない。天涯孤独、という所は非常に似通っていますね。どちらも観ていて胸が痛くなるような悲壮感がたまりません。

確かに前作ではマット・デイモンの外見では少しその暗さが出ないかな、と思っていたのですが、今回はその危惧はなくなるほど真にせまって感じました。
(ところで他の人の批評を見てるとやたらと「顔が悪い」とか「顔は置いとくとして」とか(笑)同じ事だ。でも上手かった、ということらしいんですが、そんなにマット・デイモンって顔悪いですか?ごしごし(目をこする)いや、ちょっと鼻が上向いてて口が曲がってて少し出っ歯ぽいけどしかもどうしても背が低くてずんぐり見えるけどそんなに悪い事はないと思うんですがね(褒めたのか?)光線の具合とかですごくハンサムに見える時があるしな。エー、目がブルーできれいです。垂れ目だし。小さいゴリラには見えるけど)
とにかく痘痕も笑窪。今、恋してるので凄く素敵に見えてしょうがないんですよね、ゴリラ系にも弱いし。

監督:ポール・グリーングラス 原作:ロバート・ラドラム

出演:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ブライアン・コックス、ジュリア・スタイルズ、カール・アーバン、ジョアン・アレン
2004年アメリカ


posted by フェイユイ at 23:23| Comment(4) | TrackBack(3) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェイユイさん、こんにちは。
マット・デイモンって、「グッド・ウィル・ハンティング」の時は、とてもかっこよかったです。
が、最近のマットは、なんかちょっと違う(笑)。オーシャンズシリーズあたりから首をかしげている私です(^^;
そりゃ誰でも歳は取るし、劣化もするので仕方がないですが・・・
でも「シリアナ」ではかっこよかったですよ。
役によるのかなぁ・・・
Posted by hi-chan at 2006年04月24日 14:33
こんにちは、hi-chan!
「シリアナ」よかったですか?それは楽しみですねー。
私は「グッド・ウィル」ではそれほど後を追いかけようと思わなかったのに「ブラザーズ・グリム」で火がついたという妙な人間なので(笑)年を取ってる方が好きかも知れません。
とはいえ、昔と今をごっちゃに見てますがそれほど若い頃と年取ってからと(私の)印象は変わらないんですけどね。
「オーシャンズ」も楽しみでたまんないんですよ。
Posted by フェイユイ at 2006年04月24日 18:20
“小さいゴリラ”に反応しました☆素敵ですよね〜〜^^v(笑)
監督が変わるとやはり別もの。と思いました。私は「・アンデンティティー」の湿り気が好きなので、こちらは、マリーは早々に死んじゃうわ(T_T)映像的にもと〜にかく手振れがいっぱい状態だわで(この監督の狙い)辛かった。
“ハンディカメラの手振れ効果”は、たしかにボーンと共に臨場感を味わえるだろうけど、それは多分劇場でなら充分楽しいのでしょうが自宅の小さい画面の中では、何がなにやらで非常に見にくいのです。基本が劇場で見る映画なのでしょうがないのですけどね〜。
ボーンは、ひたすら可哀想だしっ(笑)
ただ、静かなシーンでいい映像もたくさんありました。・・モスクワの白い風景のなかを歩くボーンの後姿・・ほんと哀しい。。寂しい・。。
アアどうにか幸せになってはくれないのか、とつい祈ってしまうオバサンな私(^^;)
・・最後の最後で「実は貴方の本当の名前は・・」と女性警察官が語る場面ありますが、まだまだ次作へ引っ張るのだろうなーと、予感させます◎(・・誰でもわかるヨ!;;)
Posted by フラン at 2006年11月14日 22:58
私結構ハンディカメラが好きでして(笑)すみません、反抗的で。
でもやっぱ男は哀愁を背負ってないといけないのでシリーズ化するとだんだん物悲しくなっていくのかも。そうすればますますフランさんが気になって観てしまうでしょうから(笑)
後、何作かは作られるみたいなのでこれも楽しみですね(しかしよく働きますね、マット)
Posted by フェイユイ at 2006年11月16日 10:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ボーン・スプレマシー
Excerpt: 245本目 インドのゴアでひっそりと暮らしていたジェイソンとマリー。ある日、街で見かけた男が暗殺者であることに気づいたジェイソンはマリーを車に乗せて逃走するが・・・。 ボー??
Weblog: 映画をかたっぱしから見てみる
Tracked: 2006-04-26 00:48

ボーン・スプレマシー
Excerpt: ボーン・スプレマシー
Weblog: AML Amazon Link
Tracked: 2006-05-05 14:28

Thanks TB
Excerpt: Trackback ありがとうございます。またのTBをお待ちしています。
Weblog: AML Amazon Link
Tracked: 2006-05-05 17:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。