2006年05月04日

「霍元甲」DVD又看

昨日を引きずってまた「霍元甲」DVDを観る。
「霍元甲」何度も何度も観ているがかっこいい。(しかしまだ「スピリット」観てないからね。ちょっとめげてきた)
歌も最高ならMVとしてもこれ以上ない出来だと思うんだけど。ジェイの踊りのシーンには悶えますね(笑)
李連杰にはもう一度だけ頑張ってもらってジェイと共演して欲しいものですね。しかしこんなかっこいい歌使わないなんてどうしようもないね。

「夜曲」悲しげなジェイの横顔が忘れられない作品ですね。
特に車から窓の外を眺めているジェイが好きなのですよ。冷たい空気が感じられジェイの声と相まって孤独な心を現しています。

「藍色風暴」幻想的なMVですね。ジェイはいつも手とその動きが美しい人なのですが、まさにここではジェイの手が表現しています。雷電を受けて胸にあてるところが好きです。

「髪如雪」ジェイの胸が眩しい。
ジェイが作った作品と言う事もあってジェイの趣味が出ているのでしょう。主人公の男性が凄く素敵なのですがジェイとしてはこんな顔になりたかったのでしょうか(笑)武侠の世界の時美形ですね。現代でもハンサムですけど。

「四面楚歌」パパラッチたちを罵った歌ですが曲が凄く好きです。哀愁があって。「ゴウゴウ(犬犬)」という繰り返しのとこがいいですね。ラララで周迅と踊る場面も忘れられない。周迅と一緒にMVを作ったなんて今でも信じられない。うれしいなあ。いつかこちらも是非映画共演して欲しいです。シャッター音も効いてますね。

「楓」日本家屋とジェイの組み合わせがたまんない。
かつての恋人を部屋で迎える時のジェイの顔が凄く可愛いんですけど。
床・畳で座ってるのがまたよいですね。

「浪漫手機」水色のセーターが悩殺なジェイ。爽やか青年です。
白セーターもすてきです。アイドルなジェイでした。

以前書いたものと同じことを言ってるかも知んないですけど、改めて書いちゃいました。
タグ:周迅
posted by フェイユイ at 23:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じえるんは、世界を幻想したの?


Posted by BlogPetのじえるん at 2006年05月05日 09:49
フェイユイさん、こんばんは!

ジェイは、台湾でいよいよニューアルバムのレコーディングに入る
ようですね。すごく楽しみです。
でも、「11月的蕭邦」に関してジェイの金曲獎ノミネートはなかった
ようで・・・こちらは残念。
Posted by じえるな at 2006年05月06日 00:02
金曲獎は残念でした。でももうすぐ新しいアルバムを聞けることがうれしいですね。
最近はこうやって今までの曲を聴いたりMVを観たりして楽しんでます(いつもですが)
Posted by フェイユイ at 2006年05月06日 13:55
こんにちは。
ジェイのレビューでコメント書くのは初めてかもしれません。
ネットで見つけた「霍元甲」のMVを見て、もっと鮮明なMVを見たくなり、日本版の「霍元甲」DVDを買ってしまいました。
私はジェイの手の動き(特に「霍元甲」)が好きなんですけど、いつも手とその動きが美しい人だったんですねー。
「夜曲」好きです。せつなくて。
ジェイが歌うと中国語が違う言葉みたいに聞こえます。すごくなめらかですよね。
Posted by hi-chan at 2006年05月11日 16:53
hi-chanからジェイへのお褒めの言葉をいただけるとは!感激です。
ジェイは魅力と才能が溢れている人ですが、指の美しさにはいつもうっとりです。ピアニストらしい繊細さがあるのですが同時にその手でバスケットやカンフーもやってしまうんですから驚きます。

>ジェイが歌うと中国語が違う言葉みたいに聞こえます
そうそう。私はレスリーに夢中な時、広東語が世界で一番美しい言葉だと思っていましたよ(笑)
Posted by フェイユイ at 2006年05月11日 21:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17394951

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。