2006年05月27日

マット・デイモンの一番いい映画は?

マット・デイモン作品でランクをつけて遊ぼうかな、などと考えていたのですが、現時点でのほぼ全作品を観終わって私にとってのマット・デイモン最優秀作品は何と言っても「ふたりにクギづけ」なのです。(前にも言ってしまったとは思いますが)
で、いつも相棒がいるマット作品においての「パートナー」第1位は?うーん、普通ならベン・アフレックというべきなんでしょうが、これもそのコンビプレイの素晴らしさに敬意を称してやはり「ふたりにクギづけ」のグレッグ・キニアですね。女性の相手役といってもマットは極端に女性運が悪い人なのでこれもやはり「ふたり」の相手役のチャイニーズガールがそのハッピーな行く末としても文句なしなわけで。これしか考えられないのでした。

この「ふたりにクギづけ」は性格の全く違う結合性双子を描いた物語ですが、考えようによっては一人の人間の中の明暗を表現しているとも受け取れるようで、暗の部分を消してしまってはいけないよ、と言うメッセージとも感じられました。
ファレリ監督からは「そんなにややこしく考える必要はない」と言われそうですけどね。
とにかく物凄く仲のいい兄弟で離れられないことがおかしく悲しくそして最後にほろりとさせられてしまう映画としてこれ以上ない出来栄えだと思いますね。
マット・デイモンとしても最高に楽しく力を発揮できたのではないでしょうか。
と言うことで私にとってのマット・デイモンの一番いい映画は「ふたりにクギづけ」ということですね。

追記:一番嫌な映画は私的には「プライベート・ライアン」です。でもそれは映画のことであってマットが演じたライアンはやはり素晴らしいものでした。助けに行ってそれがマットだったらやっぱり頷けますよね。正義感溢れる若者をとても爽やかに演じていたと思います。でも嫌ですね、これは。

他の作品はホントに見ごたえのある作品が多くて恵まれてもいるし、努力の人なんだなーと思いますね。


posted by フェイユイ at 15:26| Comment(2) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェイユイさんのお言葉を真に受けて、私もマット関連のみにさかのぼって、勝手にカキコさせてもらいまぁ〜す。
私の一番好きな作品は「ふたりに・・・」ではないけど、最愛のルチアナに会えたのは、この作品のおかげ。
劇中の演技はもちろんうまい、大好きな場面も、上げれば切りがない、特典を見ると、とても楽しそうに笑っているマット、7歳上のグレックとの雰囲気もほんとに弟のように、やんちゃな表情で話しているマット、体のくっ付け作業の時も、とても穏やかで、神経質になっているグレックとは違い、ゆったりとかまえている様子、時間待ちの最中に、脚本家と俳優の本質を覗かせた、車での自作自演などを見ると、好きになったわけを知ることができます。
Posted by けいこ at 2006年06月25日 07:10
たくさんコメントくださってありがとうございます!!
Posted by フェイユイ at 2006年06月25日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。