2006年06月12日

「ブエノスアイレスの夜」いくつかの謎

「ブエノスアイレスの夜」をもう少し。書き忘れたことがある。

この映画は謎解きの要素がまた不思議な雰囲気を出していて面白いのだ。まず、冒頭。カルメンの妹アナが帰ってきたカルメンを見て眩暈を起こす。これは彼女が妊娠していたせいもあるのだが、これから起こる怖ろしい出来事を予感していると思わせる。
アナが妊娠している、という設定も何か表しているのだろうか。

他にも判らないことがいくつかある。アレハンドロはアナがいけた花をみて「派手すぎる」と言い、実際カルメンはいけられた花を掴みあげる(その後のシーンはカットされているが)これは何故?そんなに派手には思わなかったんだけど。
カルメンと父親の関係もほんの少しの会話から推察するしかない。「私がお前を助けた」と父親は言うが、酷く傷ついているカルメンを見てるとそう思えないし、カルメンの父親への態度もかなり冷たいものだ。母親に対してとは随分違う。何故なのだろう。

一番の謎と言うのはカルメンが何故突然自殺しようとしたのか、ということだろう。愛したグスタボとやっと初めて(グスタボがアナに「寝たよ」といったのは嘘だろうから)結ばれたのにすぐに自殺を図ってしまう。
多分、カルメンはこの時すでにグスタボが子供だと知っていたのではないだろうか。もしかしたらもっと前から子供かもしれないという思いを少しずつ強めていたのかもしれない。

カルメンはアレハンドロが(多分)軍に命じられて子供を殺してしまったんじゃないかと疑っていたのかもしれない。だから彼をあんなに憎むような言い方をしていたのじゃないだろうか。仕方ないとはいえ。
そのアレハンドロが今度は自分の命を救ってくれた。生き返ってカルメンはやっと落ち着いて考えたのかな。「これでよかったんだ」って。

それにしてもアレハンドロはずっとカルメンの事を想っているのに恨まれるばかりで辛い男です。

グスタボの世話をしていたカルメンの友人ロクサーナ女史の顔が好き。

南米って言うと、一時期南米文学の全集みたいなのが出て、ガルシア・マルケスだのバルガス=リョサだの読んで衝撃を覚えた。
それまでヨーロッパの統制の取れた知的な文学に慣れていた頭には南米文学と言うのは理解しがたいものがあった。
勿論、日本なんかとは全く違う世界なのだ。
映画で見る以上に文学の南米は不思議な世界であった。無秩序な性と暴力の描写が物凄い力でせまってくるようで怖ろしかった。
今、映画で観ていても南米のものはそういう理解しがたい恐怖を感じさせられる。
このブログではまだ取り上げてないのだけど「シティ・オブ・ゴッド」のような感じ。

この映画から離れてしまったけどそういう恐怖、というものがこの映画の底にも流れているのが感じられるのだ。



posted by フェイユイ at 21:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 中南米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガエル君作品鑑賞第3弾◎です^^
アルゼンチンの映画作品は初見。ガエル君世界あちこちで出演していてスゴイです。色々な国の作品をみることもできてありがたい。。南米というところは日本なんかと全く違う世界なんだということは観てみて実感です。違いすぎて比較もできない訳で、ひたすら個人的感覚で鑑賞致しました。
まず夫である監督の目の前で自慰シーン“えっいいの!?世界に公開して”というおせっかいな感情が(笑)・・調度『恋人達の予感』みたばかりでして「女性はそれを完全演技できる」という問題爆笑シーンあるのですが、公開時(1989)試写で、そのシーンで爆笑する女性達とうって変わり男性達は「そうか全ての女性はソレを演技しているのか・・」とメガテン状態☆だったそう(笑)。映画で堂々と、まぁあるタブーを破ったと。・・話が逸れてスイマセン(笑)つまり夫婦間の秘密が暴露されているの!?ということと、こういう官能そのものをためらいなく?前面に押し出す感覚というのは、やはりアルゼンチンという国の感覚の一つなのだなあと、よく解った次第なのです。
性から始まり親子に行き着く男女。すごいです、フツウないです。色々な事実があっても、フツウ二人は出会わないです。ですからそこが作話的にちょっと苦しいのですが、オイディプス神話が下敷きらしいのでしょうがないのですね。
ガエル。とても瑞々しい演技で引き込まれます。本当に笑顔が最高。父との対決時の混乱感情、ラストシーンでのカルメンに対する複雑な感情の発露等等、素晴らしいです。
そしてカルメンの「・・そんなに悪くない結末だわ」という言葉、よかったです。彼女はやっと母親になれたのですから。彼等を引き裂いた男(グスタボの養父)は死に、カルメンも神に助けられた。それらのあまりに過酷な事実をグスクボはまだどう受け止めてよいのか混乱状態だけれどカルメンには、これから先の人生への決意が感じれた。希望が。母は強いのです。^^
来週、名画でやってくれるので『恋愛睡眠のすすめ』観て参ります◎
Posted by フラン at 2007年12月12日 17:20
南米映画、一度はまると他の映画が物足りなくなります(笑)そのくらい強烈!私はもっとどんどん観たいのですが、製作数自体が少ないのか、日本に来るのが少ないのか、なかなか観れません。すべてが素晴らしい、ということはないでしょうけども。
文学もそうですが非常にファンタジック(つまり本当に現実なの?って思える)な話が多いのですよね。フランさんも言われてるように、こんな偶然って???って感じ。でも惹きこまれてしまうと気にならなくなる(っていうのもおかしいですか?)
ガエルの魅力は炸裂してます。かわいい。ひたすら可愛いです!当たり前ですが、南米映画のガエルは物凄い魅力があります。
もう抜け出られなくなってしまいます。
美少年っていうには動物みたいな不思議な顔じゃありませんか?この顔が好きになったら他では物足りないですよね(笑)

『恋愛睡眠のすすめ』も!
また感想聞かせてください!!
Posted by フェイユイ at 2007年12月13日 00:38
ガエル=動物みたいな不思議な顔<(^^)
『キング罪の王』から入ってますから逆行鑑賞ですが。ガエルの魅力はまずその瞳の美しさなのですがただ美しいだけでない;色々なことを現す色がいつも篭っていますよね。体型は非常にコンパクト^^;、でもそこからくる色気。ネットで写真検索したら非常に☆フォトジェニックなんでついいっぱいゲットしてしまったり(笑)。さまざまな表情があって、本当、動物みたい。何度もいいますが“色んな色を内包している”。キリアンにも通じますが(そういえばキリアンも小柄)その作品によって別な人になっているところがいい役者の証明ですね。ガエルは今の所三つしか観ていませんけど全然違う〜☆『モーターサイクル・・』はゲバラをしっかり踏まえているしこの『ブエノスアイレス・』はいかにも少年らしさを残した若者、『キング・』は得体の知れないヒトになっていました。そして共通するのはいつもガエルはセクシー。官能に訴えかけるような・・やはり、何か“動物的”みたいです。。^^
Posted by フラン at 2007年12月13日 10:00
ガエルのファンはとても多いと思いますが、あまり観てない人には「小さいし、そんなにハンサムじゃないみたい?」と思われるようですが、そんな人はまだまだですね(爆)(意味不明です^^;)
しつこいですが、どうしてこういい映画が多いのか?と思ってしまいます。つまりそれは私の好みの映画、という意味なのですけど。クセの強い映画が多い、という言い方も出来ます、確かに。
ガエルが好き、という以上にガエルが出ている映画が凄く好きなのです。勿論その映画はかれの魅力あってこそ、なんですが。
Posted by フェイユイ at 2007年12月13日 12:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。