2006年06月19日

「ビハインド・ザ・サン」ウォルター・サレス(BlogPet)

何かしら自分に本を渡す
ブレヴィス家の長男を殺した復讐を果たさねばならないと名づけられた弟は字が読めないが
また弟とトーニョがブランコで遊ぶシーンもある
いつまでも動きが綺麗なので驚いたがクララ役の男から名前をつけてもらう
それは名誉を汚すことでもあり、子供の作った童話のようにも行けず仕事ぐるぐるの方
厳格な家のロドリゴ・
サントロ、ラヴィ=
ラモス・
ラセルダ、その主人公であることが思いあたらないだろうか
それはパクー


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 14:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全部じえるんに書いてもらったがいいか?切り方がちょっとかっこいいゾ
Posted by フェイユイ at 2006年06月19日 18:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。