2006年06月23日

世界杯・日本の出番が終わった

とうとう4年に一度のサッカーの祭典での日本の出番が終わってしまいました。
応援するものとしては悔しいこと、喜ばしいこと色々あるのですが、やはりこの祭典に参加できることは本当に素晴らしいことだと思います。

4年後の日本代表がどうなるか。うまくなるのか、またそんなに調子よくはいけないのか、見守っていくばかりです。
サポーターとして褒めるのも苦言を呈するのもがんがんやっていいし、そうやって日本のサッカーがますます盛り上がっていけばな、と願うばかりです。

さすがブラジルは凄いという一言ですね。あんなに美しく楽しいプレイをできる選手たちはほかにはそうそういないと感じました。

お気楽で申し訳ないけど、この先のトーナメント戦はますます見ごたえあるものになるわけで楽しみはつきませんね。
韓国はしっかりアジア勢の力を見せてくれてるし。

中田のインタビューでの「これが今の実力だから」という言葉が実感です。
日本は考えること反省すること立て直すことが山盛りですが、それもまたこれからしっかりやっていってくれればいいと思いますね。
posted by フェイユイ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。