2006年07月17日

「康煕王朝」陳道明/斯琴高娃 第35集(BlogPet)

自らフェイユイたちが、母親などを観察し最後に南京の結婚を聞き泣き叫ぶ藍斎児姫や、皇帝とか、藍斎姫や、大きい宝物と大きい李光地と結婚させると約束したのに
と言う
藍斎姫は親族の女性を政略として使うべきであったのかを平定したい
フェイユイは、自分と、気がかりや、大きい南京などなるのではない
愛して食事を作りお茶を入れてあげるのだ
と約束しなかった?
と、じえるんは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20918340

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。