2006年07月18日

「ジェロニモ」再観賞

ジェロニモj.jpg

「ジェロニモ」再観編。以前の記事はココ→「ジェロニモ」ウォルター・ヒル

ここではマット・デイモンについて多く語りたい。

マットの魅力はその声にもある。自身の映画では何回となくその語り手を担当している。
落ち着いた低い声で発音が綺麗なのだろうな、と思わせる。

この映画でのマットはまだ21歳の少尉ブリトン・デイビスを演じている。何とも初々しい新米仕官で彼自身も同じくらいの年齢だと思うがまだ子供のような表情をしている。
「青春の輝き」の意地悪い少年とは全く違う役柄であり、追い詰められていくアパッチ族に同情し、ジェロニモの威厳に感動する様子が共感できる。
そしてそんなアパッチ族に誠意を持って接するチャールズ・ゲートウッド中尉 の勇敢な態度を尊敬し自らも行動を起こす姿にも賛同してしまう。

アメリカ人の役者なら馬に乗れなければいけないだろうか?以前のように西部劇が多かった時代なら当然かもしれないがボストン生まれのマットでは、やはり訓練したのだろう。
この後も彼は「すべての美しい馬」で乗馬姿を披露する。「ブラザーズ・グリム」で颯爽と乗っていられたのは当然だ。

マット・デイモンの髭と言うのはなかなかお目にかかれないが、この映画の中では数箇所髭が伸びている場面がある。子供顔に髭をつけたようでほぼジェイ・チョウの髭顔と同じ状態であるのがおかしい。中尉のジェイソン・パトリックの方は凄く決まっているのが対照的。

マット以外の話も少し(笑)ライ・クーダーの音楽が印象的。ジーン・ハックマンは控えめな役に甘んじていたが、ロバート・デュバルのアル・シーバーが効いていた。
ジェロニモの ウェス・ステュウディの素晴らしさ。文句はつけられないのではないかな。

それにしても「シリアナ」でも感じさせられた他の民族への介入と言う問題。ここでのネイティブには石油と言うような交換条件があるわけでもなく、広大な土地をなぜ奪われるのか、弱きものと言うのは消え去るしかないのか。
ゲートウッド中尉が言った「(聖書に書かれている)“世界が得られても魂が奪われるなら意味はない”」という言葉は確かだ。
だが彼の言う「今この国は生みの苦しみを味わっているのだ」と言うのは仕方ないにしても白人側の言い分だ(思わず同意しそうにもなったけど)それも歴史の一部分だと言われればそうなんだが。

歴史はすでにもうそこに存在するもののことだ。だけどそういう話を知って何とかできないのだろうか、と考えさせてくれる。

ジェロニモとゲートウッド中尉はかっこよさも見せてくれる。ジェロニモがまだ遠い位置にいる追っ手を傷つけずに水がめだけ撃ち壊したシーンがかっこいい。昔はこういうかっこいい西部劇の場面と言うのがたくさんあったように思う。


posted by フェイユイ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。