2006年07月29日

「dot the i ドット・ジ・アイ」

ドット・ジ・アイ.jpg

この映画での教訓は最後まで観ろ!ってことだった。
ただ最後まで観てよかった!というわけではなかったと言うのがこの映画の落ち。

つか、何となく面白いような気もするんだけど、もう少し上手く仕上げてくれよと言いたくなる構成なのだ。
前半は単なる三角関係をこれ以上観るのよそうか、と考えてしまうし、後半からネタばらしに入る、って感じでまたこれが長く感じられ、二転三転という気はしない。

タイトルが『細部まで注意を払う』という意味を持つ慣用句であるということで作りに作ったストーリーなんだろうけどすべてがまだ熟成されていないのだ。あるいはまあまあ食べれる材料は揃えたのにコックが半人前で煮込めなかったというような。

ガエルはいつもどおり眼差しが強くて何か意味ありげな表情をしているのでこういったサスペンスにもとてもあってると思うのに彼のよさを出し切れてなく勿体無い。

この前見た「コンフェッション」のように思い切り作り上げてくれるか、もっと込み入った不思議な映像でわけのわからない迷路に押し込んでくれるか、欲求不満に陥ってしまった。

ヒロインのラテン的心の変化(なのだろうか?)が激しさも不思議映画には合うが、数学的展開をしたいなら逆効果では(勿論それも計算されている場合は別)

ところでガエルとヒロインのラブシーンは一見なかなか情熱的のように見えるが何故かヒロインが裸を見せないという謎が。
あそこまで行為が激しいのなら裸は大したないと思うんだがなー。やっぱそれで上映の条件が厳しくなるのか???

楽屋落ち的なニュアンスもこれの場合はいい方向に行ってない。

ガエルはきっと変わった面白い映画になると思って出演したんだろうけどもっとどろどろだとかマニアックだとか怖いとかそういう要素を持つ映画の方が私は好き。

監督・脚本:マシュー・パークヒル 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル/ナタリア・ヴェルベケ/ジェームズ・ダーシー
2003年 イギリス・スペイン


posted by フェイユイ at 23:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日のタイミングでのこの作品・・既にガエルは濃い〜7作品を経験済みなので、アラ意外に爽やかネ位な感じ。そしてストーリーは・・。
私は頭が固いのか、それとも疑り深すぎるのか、何だか求められる?「騙され方」がよく掴めない。一番最後のあの囚人になった二人のシーンは所謂“二段落ち”なの?それとも素直に四人があのカネモチボンボン君に復讐した、てオチで落ち着いて良いのですかしら??^^;
“おきている事全ては映画の中の出来事に移送する”という主旨に取り付かれた男の話?・・映画の世界を子供っぽい「ごっこ遊び」にして現実に変換する(つまり現実逃避をする)若者を描いた映画『ドリーマーズ』思い出しました。どちらの監督も“映画という魅力的な世界に浸りたい”という誰もが持つ憧れを、表現こそ違えモチーフに使っているのだなと思います。
脇にいる若者二人の一人(長髪&帽子)、のっけから“可愛い!”と注目、終りの方で帽子を取ったらアラナント〜☆『カサノバ』『スターダスト』のチャーリー・コックスではないの^^;やっぱコノテに弱いのか自分(笑) 。。
Posted by フラン at 2008年02月21日 17:28
オハズカシヤ訂正です^^;;「二段落ち」→「三段落ち」の間違いでございます。
Posted by フラン at 2008年02月21日 17:46
こ、困りました。ほんとにこの映画覚えてません(笑)うっすら記憶があるかないか(笑)
自分の書いた記事を読むとかなり不満に思っているようですね^_^;
でもフランさんのコメントも?って感じだったのでほっとしました(ははは)
これももう一度観たら判るのでしょうか?疑問ですねー。

訂正文、なかったら多分気づいてない私です(笑)2段じゃ駄目なんですね、3段じゃなきゃ。
Posted by フェイユイ at 2008年02月22日 01:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。