2006年08月13日

「パパは出張中!」

〓〓????????I.jpg

何故いきなりこの映画なのか、解る人には当然わかる。

タイトルは知っていたし、有名な作品で秀作であるという評価は聞いていたのだが、観始めてこんなに陰鬱な映画なのかとさじを投げそうになった。
大体私はふざけた映画が好きなのでこうシリアスに淡々と進行されるとめげそうになる。
だけども何となくやめられず最後まで観てしまい、そうしてみると冒頭の「メキシコの歌ぐらいしか歌えない」とかこんな大変な状況で生きていかなくてはならないのに女には目がないパパだとか「政治なんぞクソ食らえ」というおじいちゃんだとか妙な味わいのユーモアがあるわけで。
とにかく派手な演出が多い今の映画を観る目で見れば怖ろしく物事が静かに起きていくのだが(チトー政権下での理解しがたい罪を押し付けられてもそれで家族が酷い目にあってもありのままを映していくだけといった感じ)事実歴史はそのように過ぎていくのだろう。

少年の語りで構成される映画というのは特にこのような緊張を強いられる状況を和らげるのに適しているものだが、ここでもややおっとりした風のマリク少年が上手く物語を運んでいっている。
女癖の悪いパパのせいなのか、政治がいけないのかマリク一家は不安定な時期を過ごすことになるのだが、それでも家族が支えあって生きていく姿がなんともいえずほっとする。
マリクが初恋の少女と宿題をするのが幸せでずっと宿題をしていたい、と思う場面なんて微笑ましい。
またマリクが晴れ舞台で上手くやれす泣いてしまう場面は心が痛んだ。その事でパパが再起を願っていたのだろうけど上手くやれなかったマリクをいたわる様子に安堵する。

マリクは夢遊病になって町を彷徨い親たちを心配させるのだが、最後にまた夢遊病になってこちらを見てにやり。おや、これは全てマリクがうったお芝居だったのだろうか。

映画の中でマリクがずっと欲しがっていたのがサッカーボールそしてラジオからユーゴスラビアのサッカーチームの活躍ぶりがすっと放送されている。
オシムやストイコビッチを生んだ国ユーゴスラビアなのだ。

監督:エミール・クストリッツァ 出演:モレノ・デバルトリ ミキ・マノイロヴィッチ ミリャナ・カラノビッチ
1985年 ユーゴスラビア




posted by フェイユイ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。