2005年03月06日

「サマリア」

サマリア.jpg

ふふ、見ましたDVD。よいですねー、ギドクワールド。もうその世界が好きなんで私的にはもう感想もいらないんですがwやはり語りたい(どっちなんだ)
予想を大きく裏切ったのはセリフが多かったwキム・ギドクとしてはってことですが。中文解読に不安があったのですが、途中からはもう何も気にならなくなりましたねえ。びしびし伝わってきて。

さてさてものすごくネタバレです。その上で、どうぞ。



物語は3章から成り、第1章が「バスミルダ」インドの伝説の娼婦を真似、援助交際をして男たちから金をもらっているチェヨン(ソ・ミンジョン(ハン・ソルム))と、彼女を心配し、彼女と付き合う男たちを嫌悪するヨジン(クァク・チミン)の恋にも似た友情を描いている。インタビュウでチミンは「スタッフや私たちはこれを同性愛とは考えてません」という意見のようで、確かに韓国人は日本人と違って同性間での体の触れ合いが多いということなのでしょうが、フランスにも住んでいたキム・ギドクが全くそういうことを考えなかったとは思えないし、これは監督さんとしてはそういう雰囲気を出して外国の皆さんに大いに関心を持ってもらおうと思いなすったに違いない(しかしなぜそんなことにそうもこだわるかな私w)
ま、いいんですが「青い門」のエントリを読んで下さった方ならお分かりのようにもう最初で惹き込まれましたとも、ええ。大好きです。特にチェヨン(ハン・ソルム)の笑顔はかわいらしくって確かにヨジンが彼女のことを愛して自分のものだけにしたいという気持ちは痛いほど解ります。それだけにもう早い段階で彼女が飛び降りて死んでしまった、というのは、ショックでした。ストーリーを全く知らないまま見ていたので「ああ、この二人のこの甘い関係がずっと続くといいな」と思い始めたやさきだったので。しかもチェヨンはただもうヨジンが自分を助けてくれるのだ、ヨジンがいれば何も心配ないのだと信じきっているのです。ギドク監督のストーリーはいつも何かを示すための寓話であるのですが、ここでも少女は友人を愛し信じているという証拠のために飛び降りてしまう。それが解るため、ヨジンは血まみれになりながらもチェヨンをおぶって病院へ運び自分の処女を失ってまでチェヨンの希望をかなえようとするのですが。

第2章「サマリア」サマリアというのは異教徒により汚された土地という理由でユダヤ人に排斥を受けた、聖書にでてくる地名。だがサマリア人は信仰深き「よき人」として聖書では表される。キム・ギドク監督はキリスト教信者ということでこのモチーフが選ばれたのであろうか。最愛の友人を失ったヨジンは、それまでチェヨンを買った男たちとセックスした後でチェヨンの金を返すという行動を起こす。あれほどチェヨンを抱く男たちに敵意を持っていたのに。だからこそヨジンはもう何の迷いもなく男たちと逢瀬を重ねていく。

第3章「ソナタ」このソナタという意味はどこをさすのだろうwこの第3章がソナタということか映画全体がソナタなのだろうか。などといってもソナタの何たるかをわかってるわけではないので不安定な意見ではあるが、ソナタというのが提示部・展開部・再現部を表しているとするなら、全体的な表現が「ソナタ」ということにならないか。またソナタはその提示部で明確な対比を示すというならまさにヨジンとチェヨンは対比を示している。第2章はまさに展開していくわけだし、第3章で物語りは終結へ向けて安定と解決を目指していく。
娘の行った売春という行為で引き出されるパパ・ヨンギの苦しみはなんという勘違いか。パパの思う苦しみとヨジンのとった行為は全く違う次元のものだ。ヨジンはパパが殺人を犯すほど苦しんだ意味合いと違うところに立っている。この物語はだからこそ怖いのだ。
それにしてもキム・ギドク監督はいつも丁寧に物語の説明をする人だ。その解りやすい説明は他に例がないといっていい。几帳面な人なのだろうか。時にはくどいほどである(その解りやすさが好きなんだあ)
パパと娘が乗っている車の前進を阻止する石ころ。それはパパが娘のために男たちを襲った石ころでもある。それを丹念に取り除くヨジン。車は再び走り出す。問題を解決して人生を進まねばならないのだ。ヨジンはパパが自分を殺す夢を見る。パパはまさしくそう願ったのだろう。が、実際のパパは、ヨジンとの別れに車の運転を教えるのだ。ヨジンは練習し、でこぼこ道、ぬかるんだ道を警察に連れ去られるパパの後を追って運転する。が、途中のぬかるみにはまり込んでしまう。ヨジンの人生は始まったばかり。恐る恐る運転をし、パパの後を追うが、父は遠く離れていってしまうのだ。

参考資料http://www.denen.org/keishiki/c07.html
ラベル:家族
posted by フェイユイ at 00:33| Comment(6) | TrackBack(24) | キム・ギドク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。コメント&TB失礼します。石、象徴的でしたね。黄色く塗った石を並べて車の運転を教え、自らは去るヨンギが印象的です。俯瞰の映像でヨジンがたどたどしく運転するかたわら、護送車がさっそうと走る。ギドクワールド最高です。
Posted by ソウウツ at 2005年04月17日 01:16
はじめまして。拙い私のブログをたずねてくださってありがとうございます。
キム・ギドク監督はかなり多くの映画を作っていらっしゃるわけですが、貪欲に見たくなってしまいます。ものすごい働き者の監督さんなので最新作「空き家」の後にすでに次の作品にとりかかられてるようですが、待ち遠しいですねえ。
今度はどんな世界を見せてくれるのでしょうか?この映画「弓(仮題)」には「サマリア」で愛らしい笑顔を見せてくれたハン・ソルムもでていることだし、期待は膨らみますね。
Posted by フェイユイ at 2005年04月17日 15:37
フェイユイさん、はじめまして。TBありがとうございました! 私も石公さんのところでお名前を拝見してて、こちらのサイトも覗かせて頂いてたのですが、そのあまりの知識・情報量に圧倒されるばかりでありました。
実は私も、レスリー・チャンで中華〜アジア圏映画にハマったのですが、途中から日本映画にシフトし、今はボチボチ・・・という感じの浅いファンでありまして、フェイユイさんの中華電影〜韓国映画への造詣には足元にも及びません。
そんな私の勢いだけで書いてる^^;;「サマリア」へのTB及びコメント、本当感激であります! それにしても本当にキム・ギドクの映画は問答無用な引力を確かに持っていると思います。まだ未見の作品が多いので、フェイユイさんの記事を参考にさせて頂きながら、一つ一つ味わいつつ、また彼の作品についてつらつらと思うことなど書いていきたいな、と思っております。
はじめてお邪魔するのに、長々と失礼しました。ご迷惑かと思いますが^^;; 今後ともよろしくお願いします。
Posted by shito at 2005年05月10日 20:11
shitoさんもレスリー経由であったとは!全く彼の存在の大きさにいつもため息です。
 
いやもうshitoさんにそんな風にいっていただけるなんてお恥ずかしい限りです。ただただ好きで書き飛ばしてるだけですので(汗出てきました)私の記事を参考にされるキム・ギドクが気の毒(ううシャレではありません)ですが、そう言っていただけるのはうれしいことです。これからもよろしくお願いします。
Posted by フェイユイ at 2005年05月10日 23:08
こんにちは。
TBありがとう。

僕は、河原のシーンは、ヨジンの夢ではなく、父親の「妄想」あるいは、過去への決着のつけかたの「仮想」だと思いました。
そして、父親は、思い直して、自分が刑務所に入る以後のことを思い、教習の道をつくる。

父親の行動をヨジンが知るのは、このあとだろうと、思います。
Posted by kimion20002000 at 2005年12月06日 12:02
こんにちは。TB、コメントありがとうございます。

なるほどー。考えさせられますね。キム・ギドク監督の映画は観る人によって色々考えられる深さがあると思います。
女性と男性でも変わってくるのでしょうね。
私はやはりヨジンの方から観ていました。

娘が父から別れるというだけでなく、父が娘から離れる儀式でもあるのでしょうね。
Posted by フェイユイ at 2005年12月06日 15:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『サマリア』試写会
Excerpt: 今日の試写会は、シネセゾン渋谷にて。 映画館での試写会は初めてでしたが、 まぁ普通に映画館で映画を観る感覚。 また、一番後ろのイイ席は関係者席になってた。 関係者は一番前で見ればイイのに。。。..
Weblog: 『世界の中心で、愛をさけんでると思ったら、中心から微妙にズレてた・・・』
Tracked: 2005-03-08 23:38

試写会「サマリア」
Excerpt: 試写会「サマリア」開映19:00@ガスホール 「サマリア」2004年 韓国  配給=東芝エンタテイメント 監督・脚本・編集・美術監督=キム・キドク 出演=クァク・チミン、ソ・ミンジョン、イ・オル 上..
Weblog: こまったちゃんのきまぐれ感想記
Tracked: 2005-03-12 16:13

サマリア
Excerpt: 属性「リアル女子高生」。 痛いのは、体ではなくてココロ フワフワした時間が、理由
Weblog: エンタメ!ブレイク?
Tracked: 2005-03-27 10:30

サマリア@ガーデンシネマ
Excerpt: キム・ギドクは韓国映画界で最も評価の高い監督であろう。韓国は日本以上の学歴社会らしい。小卒の彼はそのハンディ・キャップを諸共せず、見事ここまで登りつめた。日本人に例えるなら安藤忠雄か。イマジネーション..
Weblog: ソウウツおかげでFLASHBACK現象
Tracked: 2005-04-17 00:53

サマリア [置いてきぼりの少女・・・哀しく美しい映画。好きな台詞は?]
Excerpt: 2005/4/20 観てから二週間もたった。 この映画を語るにふさわしい言葉を模索してきたが、思いつかない。 ボキャブラリイが足りない 一つはっきりしてるのは、これはまぎれもなく「最高の映画」なのだ..
Weblog: 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ
Tracked: 2005-04-22 02:50

『サマリア』(’04/韓国)
Excerpt:  韓国の映画監督で好きな人を挙げよ、というならまずはこの人・キム・ギドクだ。 とはいえ、実は韓国映画自体それほど観てないほうだし、初めて彼の作品と出会ったのが『悪い男』。そして『魚と寝る女』、本作の前..
Weblog: 傍流点景
Tracked: 2005-05-10 19:31

『サマリア』〜<奇蹟>の映画〜
Excerpt: 『サマリア』   公式サイト ノベライズ『サマリアの少女』   監督:キム・ギドク出演:クァク・チミン ハン・ヨルム イ・オル   【あらすじ】女子高生ヨジン..
Weblog: Swing des Spoutniks
Tracked: 2005-05-21 23:04

サマリア
Excerpt: 監督:キム・ギドク  出演:クァク・チミン ハン・ヨルム イ・オル  公式サイト     7.5点 3部構成で綴られた悲しみのギドクワールド    第1部「バスミルダ..
Weblog: シネまだん
Tracked: 2005-05-22 08:10

サマリア samaritan girl
Excerpt: 前略、元気ですか?この前の日曜日、久し振りに映画を見て来ました。 「サマリア」という映画です。最近、いろいろな映画賞を取りまくりの、キム・ギドクという、韓国の映画監督が撮った映画。
Weblog: LM * The Letters about a MOVIE.
Tracked: 2005-05-25 03:15

サマリア Samaritan Girl(2004)
Excerpt: キムギドク金基徳という名前を聞くと、もうひとりの韓国映画監督キムギヨン金綺泳の名と思わず混同しそうになります。(というか、わたし最初じっさいに混同してました。ギヨンは既に亡くなってるはずなのになんで新..
Weblog: jajaの映画日記
Tracked: 2005-05-28 06:44

純粋すぎて痛い愛のかたち◆『サマリア』
Excerpt: 5月27日(金)名演小劇場にて 以前にも書いたことがあるが、私は巷の"韓流ブーム"に関しては、ささやかな疑問を抱いていて、韓国のイケメン俳優たちが来日する度に空港に集まって大騒ぎしている人たちを..
Weblog: 日々の記録と、コラムみたいなもの
Tracked: 2005-05-30 05:35

サマリア
Excerpt: 『サマリア』を鑑賞 監督:キム・ギドク   ベルリン映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞した本作。 韓国でも作家性を全面に押し出すオリジナリティは孤高の存在。
Weblog: ジョウジョウの私見的まなこ
Tracked: 2005-06-04 12:34

『サマリア』
Excerpt: 『サマリア』公式サイト 監督:キム・ギドク 出演:クァク・チミン 、ソ・ミンジョン 、イ・オル 、    クォン・ヒョンミン 、オ・ヨン 2004年/韓国/95分 『サマリ..
Weblog: Rabiovsky計画
Tracked: 2005-07-09 20:20

映画「サマリア」
Excerpt: ?ハピネット・ピクチャーズサマリア ?  今、世界的に注目される監督の1人であるキム・ギドク監督。この作品でベルリン映画祭銀熊賞(監督賞)、続く『3-Iron(空き家)』でヴェネチア映..
Weblog: ある在日コリアンの位牌
Tracked: 2005-10-27 10:20

『サマリア』
Excerpt: 本日は、この作品について。
Weblog: よんふぁ広場
Tracked: 2005-10-29 16:47

NO.117「サマリア」(韓国/キム・ギドク監督)
Excerpt: 私たちは遠からずみんな狂ってしまうかもしれない。 韓国の「北野たけし」などと呼ばれることもあるキム・ギドク監督。いつも、「加虐と被虐そして自虐」と自ら述べているように、荒々しい問題提起の作風で物議を..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2005-12-05 19:40

ウェルカム・トゥ・トンマッコル 日本へようこそ
Excerpt: 『ウェルカム・トゥ・トンマクゴル』、200万ドルで日本輸出(引用記事:朝鮮日報【2005/11/10】)  映画『ウェルカム・トゥ・トンマクゴル』が200万ドルで日本に輸出された。  10?..
Weblog: 日々是:相田翔子
Tracked: 2005-12-10 14:38

サマリア★★☆
Excerpt: 一時の韓流ブームとは別次元で屹立し続ける 孤高の映像作家、キム・ギドク。 『サマ...
Weblog: ホン嫌いな書斎
Tracked: 2006-01-28 21:18

『サマリア』’04・韓
Excerpt: あらすじヨジンは父と二人暮らしの女子高生。彼女の親友は同級生のチェヨン。ヨーロッパ旅行に行くお金を集めるために援助交際をしている。客を取る事をさして問題とせずに、屈託のない笑顔でインドの伝説の娼婦バス..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2006-02-18 23:42

「サマリア」居心地の悪い、心地よさ
Excerpt: 「サマリア」★★★wowow鑑賞 クァク・チミン、ハン・ヨルム主演 キム・ギドク監督、2004年、韓国 映画を監督で見ることは殆ど無いが 韓国のキム・ギドク監督は 「魚と寝る女」に出会っ..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-05-15 08:01

サマリア
Excerpt: 『サマリア』 あらすじ 『父親と二人暮らしをしている女子高生ヨジン。彼女の親友は同級生のチェヨンだったが、チェヨンはいつからか援交に走るようになっていた。ヨジンは親友の行動を嫌悪し..
Weblog: 39☆SMASH
Tracked: 2006-06-05 14:02

#2.サマリア
Excerpt: 静かに胸を裂くストーリーでした。優しい音楽との相乗効果が相まって、心に訴えかけてくる。簡単に常識・非常識で割り切ることの出来ない物語。 ベルリン国際映画銀熊賞受賞。監督・キム・ギドク
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2007-01-05 13:19

『サマリア』みましたぁ!
Excerpt: 『サマリア』クァクチミン/ソミンジョン(ハンヨルム)共演 사마리아(Samaria).....2004年キムギドク監督作品 junsanga..
Weblog: 韓ドラのたまり場
Tracked: 2007-02-15 18:34

【DVD】サマリア
Excerpt: ■動機 キム・ギドク観賞 ■感想 うわぁ・・・重っ ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 警察官である父と二人暮らしの女子高生・ヨジン(クァク・チミン)の親友・チェヨン(ソ..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2008-04-19 00:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。