2005年03月26日

「春夏秋冬そして春」

春夏.jpg
秋.jpg

いい映画だなあ。いつものようにキム・ギドク監督らしい懇切丁寧な映像による説明が豊かな想像力で表されている。そのつくりはとても明確で解りやすいものだ。この凄さを私が表現できるとは思えませんが、いつも通り思いつくままを綴っていきたいと思います。お話は書いていってしまいますので未見の方はご判断ください。


映画はタイトルが示すように季節ごとにひとつずつのエピソードが提示される。
まずは「春」画面を覆う門の2枚の扉にはそれぞれ力士増が描かれている。その扉が開くと一面は湖。そして不思議なことに湖の真ん中に小さなお寺が浮かんでいるのだ。
そのお寺にはすでに年取った僧侶とまだ小さな男の子がふたりきり住んでいる。二人の関係がどのようなものかは解らない。男の子はとても無邪気で小さな魚や蛙や蛇に紐で石を括りつけ動物たちが動きにくくなるのを見て楽しんでいる。僧侶はそれを見て寝ている少年の背中に石を括りつけてしまう。戸惑う男の子に僧侶は「動物たちは取ることもできないのだ」と言い放つ。少年は重い石を背負ったまま動物たちのところへ。魚は死に、蛙は助けることができた。最後の蛇の元へ急ぐが蛇はもう動かなくなっていた。少年はそれを見て泣くのだった。

「夏」16・7歳くらいだろうか、成長した少年僧と年を増した僧侶のところへ病気の少女が治療にとやってきた。僧侶は少女の病は気から来るものと見ている。最初は遠慮していた少年僧だが、少女への欲望には耐え切れず、また少女も少年僧に興味を持ったのか、二人は体をあわせてしまう。少女への愛は止まぬものの少年僧は、戒律を破ったことへの恐れを抱く。それは壁のない扉を通らないことによって表される。その扉を通って向こうへ行くことは規則であり、少女と肉体的つながりを持った時に少年僧は規則を守らないものとなってしまったからだ。
やがてその事実は僧侶の知ることになり、気から来る病であった少女はもうすでに寺を訪れた時のような体が動かないような状態ではなくなっていたため僧侶は少女を返すことにする。しかし少年僧はもう少女のいない生活はできないのだった。
少年は仏像を盗み、寺を出て行く。

「秋」少年僧はすでに30歳を越えて寺に戻ってきた。実は彼は愛した人が別の人を好きになってしまったためにその人を殺めてしまったのだ。そして盗んだ仏像を返し、ここで死のうとしたのだった。だが、ふたりの警察が彼を捕らえにやってくる。僧侶は警察官を押し止め、床に猫の尻尾で般若心経を書き、おびえる男にその文字を彫らせる。またその字を警察官がきれいな色で彩色するという不思議な作業が行われる。
それも完成し、男は警察に連れて行かれる。警察官は湖に浮かぶ寺からボートで男を運ぶのだが、なぜか最初漕いでも舟が動かない。それは僧侶の心が船を止めたのであろうか。やがて船は動き出し、男は再び寺から去る。残された僧侶は「閉」と書いた紙を目と鼻と口と耳の上に貼り、船の上で焼身自殺する。

「冬」さらに年を取った男が寺を訪れる。多分、すでに刑期を終えた男が寺に戻ってきたのだ。男は凍りついた湖の上を歩いて寺に入る。男は上半身裸となり、体を鍛える。
ある日紫のスカーフで顔を隠した女性が赤ん坊を抱いて寺を訪れる。女はけして顔を見せようとはしない。なんの言葉もないがひどく辛い状況にある人のようだ。女はある夜、赤ん坊を残して寺を去ろうとする。が、男が湖に張った氷に一箇所穴を開けていたため、そこから落ちて死んでしまう。男はかつて自分が動物たちにしたように紐で重い石を体に括りつけ、さらに仏像を抱いて、自然の中を歩き回る。湖が凍りつくほどの寒さの中を半身裸でさ迷い歩く。アリランの歌声が心を打つ。男は這い蹲るようにして重い石を引きずり山頂に仏像を置く。

「そして春」年老いた男とあの赤ん坊が少年となり湖に浮かぶ寺に住んでいる。少年は最初の「春」の時と同じ男の子が演じているためまるでぐるりと時が戻ったかのようである。僧侶となった男は少年を優しく見つめながらその顔を描いている。その絵には愛情がこもっているのが解る。
少年はあの時の男のように亀を叩いて遊んでいる。あの時の男のように船を漕いでいる。湖の中に浮かぶ古い小さな寺。山頂から男が運んだ仏像がその様子を見つめている。

キム・ギドク監督自身が言われているように確かにこの映画とこれまでの彼の映画は違うのかも知れません。でもギドク監督の最初の作品「鰐」から今のところ最後の「空き家」まで見てきて(何作か抜けてますが)彼の人生に対する考えが大きくは違わないと、私には思えるのです。人は何かしら罪を重ねて生きていき、またそれに対する罰というものがあり、また救いというものがある。何かを得るために何かを失わねばならない。だけど暴力的な「悪い男」にしてもこの罪を負った「春夏・・・」の男にしても生き続けていくのです。それは映画の中でキム・ギドク監督自身が「冬」の主人公になって表している重い石を引きずりはいつくばってさまよう男の姿にも現されていると思います。

「冬」の主人公をキム・ギドク監督が演じているのですが、その鍛えられた体には驚きでした。軍隊で悲惨なまでの訓練を耐えたというのは知ってましたが、またまた驚かされました。あの運動も全てやってるのでしょうか。またあの絵も自分で描かれたのでしょうか。ほんとに驚かされることばかりです。


ラベル:キム・ギドク
posted by フェイユイ at 23:55| Comment(4) | TrackBack(12) | キム・ギドク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェイユイさん、こんばんは。
TB返信いつもありがとうございます。
この作品はとても素晴らしかったですね。
ところで、私のブログをお気に入りに入れて頂きありがとうございます。
今後ともよろしくお願いしますね^^
Posted by at 2005年06月12日 22:22
こんばんは。いつもTB・コメントありがとうございます。
ちょこちょこ見に行かせてもらってますが、プロフィールでかっこいい人が迎えてくれるので「こんな素敵なかたが!」といつも思ってしまいます(笑)
勝手にお気に入りにさせていただきました(~o~)これからもよろしくお願いします。
Posted by フェイユイ at 2005年06月13日 00:30
こんにちは!
この作品、やっと観ました。
当ブログで、フェイユイさんの記事を紹介させて頂きました。
キム監督が出演されている事をすっかり忘れていました!!どこかで観たことある人だなぁとのんびり観てました(笑)
私が観たキム監督作品の中では、ちょっと感じの違う映画でしたね。
Posted by hi-chan at 2005年07月02日 18:46
こんばんはー。いつもコメント、そして「藍空」を紹介していただいてありがとうございます!
この映画ではキム・ギドクさんの肉体美が見られて驚きでしたね(笑)
しかもものすごく重要な役で、演技者としてもすばらしい人なんだとさらにびっくり。いつも監督には新鮮な驚きがあります。
この映画からのギドク世界の変化はご本人も認めておられますね。それまでの社会を鋭く見る視線が柔かくなったのだそうですね。普通そうなるとつまらなくなりそうですが、さらに深い場所へ入って行ったと感じられるのがまたすごい所です。
Posted by フェイユイ at 2005年07月02日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

No.100 春夏秋冬そして春 韓国映画
Excerpt: 鬼才キム・ギドクの作品。かの「オールドボーイ」を押しのけて賞をとったり、壮年期にはキム・ギドク自身出演。「魚と寝る女」などのように、グロテスクな表現の得意な監督が、自然美を生かし、いつもと違った技法で..
Weblog: まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画
Tracked: 2005-04-16 00:34

『春夏秋冬そして春』〜石の男〜
Excerpt: 『春夏秋冬そして春』   公式サイト DVD   監督:キム・ギドク出演:オ・ヨンス キム・ジョンホ ソ・ジェギョン        【..
Weblog: Swing des Spoutniks
Tracked: 2005-05-07 00:27

『春夏秋冬そして春 無修正版』@韓国映画93
Excerpt: 「春夏秋冬そして春 無修正版」/韓国・ドイツ/2003年/102分 英題:Spr
Weblog: すとっく☆すとっく ??めざせサーファー主夫
Tracked: 2005-05-09 02:48

春夏秋冬そして春
Excerpt: 「悪い男」を見て強烈だったが、でも好きだったキム・ギドク監督による作品。私の期待を裏切らない、それは素晴らしい美しく静謐な芸術的なドラマ作品でした。 満足極まりない。実に魂が震え、心が泣き、美しい四季..
Weblog: impression
Tracked: 2005-05-13 10:27

映画「春夏秋冬そして春」
Excerpt: タイトル: 春夏秋冬そして春  韓国の鬼才、キム・ギドク監督の作品。監督自身も「冬」のシーンに出演していましたね。    老僧と少年僧の話としては、このブログでも紹介..
Weblog: ある在日コリアンの位牌
Tracked: 2005-06-12 15:43

「春夏秋冬そして春」DVDにて
Excerpt: 韓国映画『春夏秋冬そして春』をDVDで観ました。 監督は韓国の異端児「キム・ギドク」 春・・・・・・・・・何も知らないがゆえに純粋であり、残酷でもある幼き時代。自分が行った行動の罪の深さを初めて..
Weblog: xina-shinのぷちシネマレビュー?
Tracked: 2005-06-13 02:24

春夏秋冬そして春
Excerpt: キム・ジョンホ、ソ・ジェギョン、キム・ヨンミン、オ・ヨンス、ハ・ヨジン出演。キム・ギドク監督作品。 深い山間の湖に浮かぶ小さな庵。穏やかに年月を過ごす幼子と彼を見守る老僧が二人で暮らしている。無邪気..
Weblog: Movies!!
Tracked: 2005-07-02 18:32

「春夏秋冬そして春」
Excerpt: 「♪ぎ、ぎぎぎいぃぃぃ〜ん♪」重厚な音と共に扉が開き、そこに広がる水面と大自然の美しさに見惚れる私・・・。 一体、どんな物語が扉の向こうに詰まっているのだろう? 春夏秋冬・・・四季折々の景色と..
Weblog: 雑板屋
Tracked: 2005-11-29 02:43

春夏秋冬そして春
Excerpt: 春 命の重しきを知り 夏 己の欲望に身を委ね 秋 罪と向き合い 冬 人の罪を赦す そして、春 命、再び息吹く 人生は廻る 長く、そして険しい道のり 画が美し..
Weblog: Re:逃源郷
Tracked: 2005-12-01 00:22

映画『春夏秋冬そして春』
Excerpt: 原題:Spring, Summer, Fall, Winter... and Spring 欲望、執着、・・・そして殺人、業深い男の、少年から壮年が、激しく季節になぞらえて綴られる。奥深い山間の湖に..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2005-12-01 02:45

『春夏秋冬そして春』’03・韓・独
Excerpt: あらすじ深い山間の湖に浮かぶ小さな庵。穏やかに年月を過ごす幼子と彼を見守る老僧が二人で暮らしている。無邪気な子供が成長し、少年から青年、中年そして壮年期へといたる波瀾に富んだ人生の旅程が、 水上の庵の..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2006-03-19 18:44

春夏秋冬そして春
Excerpt: 評価:★4点(満点10点)   監督:キム・ギドク 主演:オ・ヨンス キム・ジョンホ ソ・ジェギョン 2003年 102min 深い山間の湖に浮かぶ小さな寺で穏やかに暮らす..
Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
Tracked: 2006-07-29 00:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。