2005年03月28日

張国栄メモリアル映画祭

張国栄.jpg

張国栄メモリアル映画祭、4月2日から新宿で

張国栄(レスリー・チャン)の3周忌に合わせて、出演作8本を日替わりで上映する「レスリー・チャン メモリアル映画祭2005」が4月2日から、新宿のテアトル新宿(電話:03−3352−1846)で開催される。日本では映画祭で一度上映されたきりとなっている幻の作品『烈火青春(邦題:レスリー・チャン 嵐の青春)』(1982年)も上演。若き日のレスリーの魅力を堪能させてくれる。

  上映作品は
  『烈火青春(邦題:レスリー・チャン 嵐の青春)』(4月2−15日)
  『家有〓事(邦題:ハッピー・ブラザー)』(16日)
  『白髪魔女伝(邦題:キラーウルフ/白髪魔女伝)』(17日)
  『流星語(邦題:流星)』(18日)
  『大富之家(邦題:幸せはイブの夜に)』(19日)
  『九星報喜(邦題:歌って恋して)』(20日)
  『花田〓事(邦題:恋はマジック)』(21日)
  『恋戦沖縄(恋戦。OKINAWA Rendez−vous)』(22日)。

  上映時間は各、21時20分から。『レスリー・チャン 嵐の青春』のみ、3、9、10、16、17日の9時45分からも上演する。(〓=喜喜)

  チケットは1500円。前売りは1300円で、3回券(3600円)も劇場窓口で販売する。

  2、9、16日のレイトショーでは、先着50人にレスリー・チャン生写真のプレゼントもある。
 
以上、「中国情勢24」からの情報をいただいたものです。私は行けないのですが、もう3周忌なのかと改めて心が締め付けられる思いです。今でも、信じたくない気持ちもあります。
あれから時がたっても彼の代わりになるような人はいないものですね。
映画祭には行けないので、一人彼の映画を見ようかな、と思いました。
posted by フェイユイ at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | レスリー・チャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。