2005年04月17日

「受取人不明」

アドレス・アンノウン.jpg 
受取人不明.jpg
不明DVD.jpg
これが欲しかったー。

とうとう見れました。「受取人不明」私にとっては現在においてのキム・ギドク監督作品の最後の一本になります。結局DVDが手に入らず、韓国製ビデオ(字幕なし・英語の時だけ韓国語字幕あり)なので感想は映像のみにおいて。セリフの感想は言えません。しかしいつもの事ながらギドク監督のは映像での説明が丹念にされるので少なくともストーリーに関しては殆ど解ったと思います。

これ以外の映画と違ってリアルな作品と聞いていたけど、確かにリアルではあるんだけどチャーンとギドク監督らしいファンタジックな要素は漂っていたと感じました。それといつもある思わず笑ってしまうおかしな感じも。

「風のファイター」ですごくよかったヤン・ドングンが黒人との混血児という役、またチョ・ジェヒョンがヤン・ドングン演じるチャングクの母親に思いを寄せる犬商人という役を演じてます。

チャングクの母(パン・ウンジン)は外国人相手の娼婦をしていたらしく、黒人兵との間にできたチャングク(ヤン・ドングン)と二人、村のはずれに置かれてる真っ赤なバスの中で暮らしている。チャングクの父である黒人兵はとうに二人を置いてアメリカに帰ってしまったのだが、母はもう20年近く手紙を送っているらしい。が、その手紙は受取人不明として空しく戻ってくるだけだ。母は村の人たちとの交際も上手くできず、何かと衝突を繰り返している。
そんなふたりを気にかけてくれてるのが、犬商人のチョ・ジェヒョンだ。働くあてもないらしいチャングクに犬殺しの手伝いをさせている。チャングクはこれがたまらなく嫌なのだ。
孤独なチャングクだが内気なジフムとは仲がいい。そのジフムは幼い時、片目を失明している高校生ウノクにひたすら心をよせているのだが。

米軍が駐屯している農村を舞台にして3人の若者はどうしようもない苦しみを持っていて、それらから逃れることは難しい。若者だけでなく、犬商人もチャングクの母もジフムの父もジフムをいつも脅している二人組みも行き場のない人生を送っている。
またしても受取人不明ってやっぱ意味ありげ。苦しみを訴えている手紙がそのまま戻ってくる。誰も受け取ってくれる人はいない。


ラベル:キム・ギドク
posted by フェイユイ at 22:25| Comment(11) | TrackBack(12) | キム・ギドク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェイユイさん、こんばんわ。ようやく『コーストガード』と『受取人不明』の感想をアップしましたので、TB送らせて頂きました。
個人的に『受取人不明』はかなり思い入れ深くなった作品でありました。『悪い男』とはまた違う部分でツボを刺激されてしまったといいますか。そしてフェイユイさんのギドク関連エントリを拝読して、次は絶対『悪い女』を観なくては!と決心しましたです^^
・・・ところで、ウチのようなアジア映画中心でもなく、とっちらかったブログにブックマークをつけて下さって恐縮です・・・。ありがとうございました! コチラからもブックマークさせてくださいませ。
Posted by shito at 2005年05月20日 00:03
こんばんは。今、shitoさんの記事を読ませていただいてすっかり参ってしまいました。いや「サマリア」ですばらしい感性と文章力を持った方だとわかってはいたのですが、もう私が書きたいと思っていたことを全部書いていただいたようで(笑)感動してしまいました。ここを読んで下さる他の方も是非shitoさんの記事を読んでいただきたいです。
勝手にブックマークさせていただきました(笑)私のブログをブックマークしていただけるなら本当に光栄です。
Posted by フェイユイ at 2005年05月20日 00:29
はじめまして、
このたび「受取人不明」にTBさせていただきました。ずーーんと重い映画で、blogに書くまでに時間がかかってしまいました。

日本語字幕なしでご覧になれる語学力、とのことでうらやましいです。こちらは韓国語教室に通いだしてやっと5週目。
「私は日本人です」の文例を習ったばかりのレベルですので。

また遊びに来させていただきます。
Posted by komari at 2005年05月27日 00:41
申し訳ありません。実は私、韓国語はまったく解らないのですよ(^^ゞ)
ブログ内にあちこち書いてるのでつい説明不足になってしまいました。一応中国語をほんの少し学んではいるのですが、それさえ、中国語字幕がついてるなら何もないよりは少し解る程度です。(ま、漢字ですからね)その関係でよく輸入ものを観たりしてるのですが、ここで字幕にこだわったのは、中国語字幕はついてないからまったく私解らなくて観ました、と言ってるつもりでした。ごめんなさい。
とはいえ、そんな私にすらストーリーが解るように演出されているキム・ギドクはすごい!という意味もこめてました。
komariさんは韓国語教室で学ばれているとのこと。うらやましいです。私も韓国語も勉強したい気持ちはあるのですが、中国語と平行して勉強するのが難しくて頓挫してます(言い訳ですひたすら(^^ゞ)
がっかりさせてしまったかもしれませんが
これからもよろしくお願いします。
それにしてもキム・ギドクはやはり面白い、と思う私です。
TBありがとうございます。私も是非TBさせてください。
Posted by フェイユイ at 2005年05月27日 09:55
TBありがとうございました。

キム・ギドク監督のカテゴリだけでも
多数、記事をお書きのようですね。
まだ「受取人不明」「悪い男」しか
見ていないビギナーですが、
これから1本ずつ見てblog書いてから、
フェイユイさんがどう書かれたか
見せてもらいに来ますね。

いろんな人のいろんな解釈が読みたい、
そんな深みのある映像作家ですね。

Posted by komari at 2005年05月30日 23:01
こんばんは。TBありがとうございました。
私はまだ『悪い男』『春夏秋冬そして春』『サマリア』と、
この『受取人不明』しか見ていないのですが、
キム・ギドクにはすっかり打ちのめされてしまいました。
何というか、強烈なイメージを画面や音で表現しながらも、
見る側の想像力を喚起させるところが凄いですね。
見る人によってメタファーの受け取り方が違うのもまた興味深いです。

そして、『受取人不明』では、いつにもましてセリフが多かったですね。
こんなに饒舌なギドク作品に、ちょっと驚いてしまいました。
個人的には、この作品がキム・ギドクの最高傑作だと思っています。
Posted by 丞相 at 2005年07月12日 00:02
こちらこそ、コメント・TBありがとうございます。
キム・ギドクは必ずといっていいほど見る人を打ちのめす何かを持っていますよね。人によってそれが癒しになったり、刃になったりするというところがまた興味深いです。私は女性だからか、どうしても女性が多く出ている作品により共鳴してしまうのですが(キム・ギドク映画に関しては)
「受取人不明」はにじみ出るユーモアとともにとてもすばらしい作品だと信じています。また見直したくなりました(笑)
Posted by フェイユイ at 2005年07月12日 10:40
TBありがとうございました。私もキム・ギドク作品は好きなのですが、この作品はかなり強烈に打ちのめされました。でもこの作品の中で描かれている人間模様は決して嫌いではないですね。
Posted by かのん at 2005年10月06日 18:35
こちらこそTB・コメントありがとうございます。
キム・ギドク監督に打ちのめされて作品を観まくりました。多くの作品では辛くもあるのですがおかしな場面が必ずあってこの「受取人不明」もそうですね。
この映画はまだ日本語字幕で観ていないのでそれが残念です。どうしても細かい所が解らないので。この感想はかなり中途半端で終わってますし。
いつか、日本語字幕で観る事ができたら、もう一度きちんと感想書きたいと思っています。
Posted by フェイユイ at 2005年10月06日 19:02
TB一発で貼ることができましたw
見れるものは見ておかないとと思い、
レンタルショップで借りてきました。
やり場のない悲しみ、行き場のない怒りが生々しかったです。
しかしギドク作品はハズレが全くないな…
Posted by 現象 at 2006年03月11日 02:02
この作品はキム・ギドク監督自身の生い立ちとも深い関わりがあるようです。
それだけに他の作品以上に生々しく感じられるのでしょうね。
Posted by フェイユイ at 2006年03月12日 12:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ギドク2作
Excerpt:  新宿のシネマスクエアとうきゅうにて、約2ヶ月間にわたり開催されている“韓流シネマフェスティヴァル”で観た2本である。『コーストガード』と『受取人不明』はちょうど、私が初めて虜になったキム・ギドク映画..
Weblog: 傍流点景
Tracked: 2005-05-19 23:53

No.38「受取人不明」の感想
Excerpt: 2/13に書いた05.2.13「韓流シネマ・フェスティバル2005」、 5作品だ
Weblog: イ・ジョンウォンさんの記憶
Tracked: 2005-05-27 00:17

『受取人不明』〜ギドクのフルショット〜
Excerpt: 『受取人不明』   「韓流シネマフェスティバル2005」公式サイト   監督:キム・ギドク出演:ヤン・ドングン キム・ヨンミン チョ・ジェヒョン パン・ミンジョン 【あら..
Weblog: Swing des Spoutniks
Tracked: 2005-07-10 21:35

『受取人不明』
Excerpt: 『受取人不明』gooアジアに広がる韓流特集 紹介作品『受取人不明』 監督:キム・ギドク 出演:ヤン・ドングン、キム・ヨンミン、チョ・ジェヒョン わが地元でも始まってラストス..
Weblog: Rabiovsky計画
Tracked: 2005-08-14 01:49

[外国映画][短評][200507]受取人不明
Excerpt: 受取人不明 7/9 ホクテン座1 韓国映画セレクション2005 ★★★★★ →「韓流」と言われる韓国映画ブームではあるが、はっきり言って玉石混合で面白い映画も多いがつまらない映画も多い。コメディは勢..
Weblog: ほぼ日本映画専門サイト「キネマの星座」
Tracked: 2005-09-28 21:03

受取人不明/ヤン・ドングン、パン・ミンジョン、キム・ヨンミン、チョ・ジェヒョン
Excerpt: 2005韓流シネマフェスティバル出品作、キム・ギドク監督の6作目です。冒頭からなんかメチャクチャ痛いんですけど(汗) キム・ギドク監督作品は未見が4作くらいあるんだけど、これまで観た中では痛さNo.1..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2005-10-06 18:20

映画「受取人不明」
Excerpt: ?エスピーオー受取人不明  「春夏秋冬そして春」 「サマリア」などのキム・ギトク監督作品(2001年)。観ているうちにジワジワと心が締め付けられ重くなっていく。  伏線も多く、当..
Weblog: ある在日コリアンの位牌
Tracked: 2005-12-05 10:23

NO.119「受取人不明」(韓国/キム・ギドク監督)
Excerpt: 「見たくはない世界」に包囲される若者たち。 「自分の創る映画はすべて、キム・ギドクという名の映画を構成する<ひとつのシークエンス>だ」と監督自身が語る。傲慢とも受け取られかねない強烈な自我意識だ。 ..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2005-12-16 03:22

受取人不明
Excerpt: 韓国映画界の鬼才、キム・ギドク監督作。 70年代の米軍基地の町を舞台に、心に傷を抱えた3人の若者の愛と悲しみを美しい映像と緻密な構成で描いた青春ドラマ。 黒人米兵との混血児チ
Weblog: impression
Tracked: 2006-02-19 00:10

受取人不明 [RENTAL]
Excerpt: 1970年代、アメリカ空軍駐屯地のある韓国の村に暮らす3人の若者とその家族の物語。犬は食肉であり、ペットでもある。朝鮮戦争の爪痕は強く残っている。アメリカには羨望と憎しみがある。歴史や文化を織り交ぜて..
Weblog: ソウウツおかげでFLASHBACK現象
Tracked: 2006-03-11 01:56

「受取人不明」強烈なメッセージあり、ただしちょっとくどいかな。
Excerpt: 「受取人不明」★★★DVD鑑賞 ヤン・ドングン、キム・ヨンミン、チョ・ジェヒョン主演 キム・ギドク監督、2001年、韓国 あのキム・ギドク監督の 隠れた名作と聞いていた作品、 やっとDV..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-08-07 00:47

#31.受取人不明
Excerpt: ’01年、キム・ギドク監督。朝鮮戦争終了後の’70年代。在韓米軍基地のそばの、とある田舎町だ。アメリカ米軍との間に出来た私生児であるチャングク(ヤン・ドングン)は、犬商人の下働きをしていて、「犬の眼を..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2007-02-24 01:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。