2005年04月18日

キム・ギドク作品群

エゴン.jpg
エゴン・シーレ

全作品を見終えたのでちょっと遊んでみます。

キム・ギドク作品制作順           

1、「鰐」1996年             
2、「野生動物保護区域」1997年      
3、「青い門」1998年           
4、「魚と寝る女」2000年
5、「実際状況」2000年
6、「受取人不明」2001年
7、「悪い男」2001年
8、「コーストガード」2002年
9、「春夏秋冬そして春」2003年
10、「サマリア」2004年
11、「空き家」2004年

私が見た順番

1、「空き家」
2、「青い門」
3、「悪い男」
4、「実際状況」
5、「魚と寝る女」
6、「サマリア」
7、「鰐」
8、「春夏秋冬そして春」
9、「コーストガード」
10、「野生動物保護区域」
11、「受取人不明」

となります。今のとこはただそれだけなんですがw
私の一番はやはり「空き家」です。これはもう別格に大好き。次は「青い門」かなあ。
あえて(私にとっての)ワースト(この言葉の意味は正しくないですね!でも他に思いつかない。一応好き嫌いの嫌いの方からの順番、ってことです。それでも嫌いってこともないしなあ)の方をあげれば「コーストガード」下から2番目は「野生動物保護区」でしょうか。
他の作品はそれぞれおもしろいと思いますね(ワーストなんていった二つもやはりおもしろいですし)
「受取人不明」はとても力強い作品だと思いました。
posted by フェイユイ at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | キム・ギドク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。