2005年04月18日

第11集・栄慶の恋文

ネタバレです。

なにやらこそこそしてる吟児を疑った珍妃ですが、そこは賢明なお方、すぐに吟児の隠し事が恋人のことだと察し(みんなこういうお方ばかりだと何ももめないが)てくださった。

栄慶は瑞王から宦官の小回回を見張れと命じられ、後をつけたのはいいが、ついた先は吟児の家。慌てる栄慶だが、すでに遅し。吟児のママにも見つかり、家に入って吟児の写真を見せてもらう。事を理解した小回回に、栄慶は事もあろうか、恋文の配達を頼み込む。それが大変なことに。

女官に恋文など許されない世界のこと。名前を伏せていたため、吟児宛てだということはばれなかったものの、皇帝の怒りをかって栄慶は炎天下にさらされる。心配する瑞王たち。ま、こんなに皆から心配してもらえるだけでもありがたいことですよ。

ついに珍妃の機転の利いた手紙で皇帝の怒りは解け、栄慶は無罪に。とにかく皇帝は珍妃の言いなりですな。

栄慶が炎天下にいた間、皇帝は袁世凱と謁見。袁世凱は外国から持ち帰った自動車を献上する。その車をさらに皇太后に差し上げることに。

どこまでも珍妃の賢さが光ります。朱旭さんのとぼけた味もいいですね。栄慶の間抜けさも恋する若者らしくていいということにしましょう。

出演 スーチン・ガオワー、レネ・リウ、朱旭、ホアン・ハイビン
posted by フェイユイ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 西太后の紫禁城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。