2005年05月10日

「周漁的火車(たまゆらの女)」前半

ジョウユイ.jpg

いろんな意味で好きな映画である。まずこういう列車の中の映画というのが好きだし、何だか全体に雨が多くてじっとりした感じも好き。コン・リーの唇をきっと食いしばった美しさもよくて、二人の男レオン・カーフェイとスン・ホンレイもどちらもぴったり役にあっててその二人の間を揺れ動く女というのもいいじゃないですか。雨にぬれた町並み、黄色の壁の家、コン・リーを送ろうとしてバイクに乗ってくるスン・ホンレイがすてき。もう一人のコン・リー演じる女シュウとジョウユイ、そして時間が交錯していく感じなどもまた好きである。

もう何回か中文字幕でみているのだが、日本語字幕で見たくなってまた見てるとこです。何回も何回も映されるコン・リーのスカートから伸びた脚のきれいなこと。
スン・ホンレイは「像霧像雨又像風」で見て以来大好きですwあのドラマは殆どスン・ホンレイが持っていってたと思うんですが、どうでしょうか?ここでも何とも言えぬかっこいいというのか飄々とした男を演じています。トロッコをおしていく姿もよかったですね。
あの硬そうな椅子で男のために10時間もかけて列車に乗ってるのは思った以上に大変なのでしょうが、窓から見える流れていく景色、髪を揺らす風が気持ちいい。白い大きな袖をつけて踊りの練習をしている女の子はなんなのでしょうね。

また明日、後半見ます。
posted by フェイユイ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「SAYURI」に脱帽!
Excerpt:  予告編を見た時は、とんでもなくひどい映画の予感がした。でも、京都が舞台で、京都ロケをしたハリウッド大作とあっては、京都で映画ブログをやっている僕が観ないわけにはいかない。「SAYURI」。で、日米同..
Weblog: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
Tracked: 2005-12-15 14:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。