2005年05月17日

第18集・栄慶、皇帝になる

ネタバレなタイトルでしたが、中身もネタバレです。

瑞王のわがまま娘は皇太后に会い、栄慶との結婚を褒美に武昌の張之洞にあって皇帝交代を認めるよう勧める役を仰せつかる。

思い悩む栄慶に元六兄貴はやめるよう説得する。隠れ聞いていた遊女の英児は飛び出していってふたりをなじる。また付き人の章徳順も煮えきらぬ栄慶に嫌気が差し、密勅を返させる。行き場のない章さんは首をつって死のうとするが思い直した栄慶がコレを止め、兵士が捜しに来たことを元六さんが教え、4人は別の場所へ移る。

瑞王は栄慶の叔父・恩海を男装したわがまま娘の護衛として頼み、武昌の張之洞に会いに行かせる。

武昌の張之昌に光緒皇帝の味方になって欲しいと頼みに行く栄慶たちだったが、けんもほろろに追い返されてしまう。ここで英児は妙案を思いつき年頃の似ている栄慶に皇帝の振りをさせるのだった。最初は嫌がる栄慶だったが、他に皇帝を守る道はないと皇帝の演技をする。張之洞はすっかり栄慶が光緒皇帝であると信じてしまう。よく考えても皇帝に違いないが何故突然こんなところへ。だが、北京からの報告に「衛士ら何人かが武昌へ向かった」とあり、栄慶たちを本物と確信する。そして、馬くんに命じて他の総督らにも「皇帝廃立反対」を提案する。満足する張之洞だったが、そこへなぜか北京よりの使者・乾清門の衛士を名乗るものが訪ねてくる。

出演 スーチン・ガオワー、レネ・リウ、朱旭、ホアン・ハイビン
posted by フェイユイ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 西太后の紫禁城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。