2005年05月18日

「美人依旧」周迅 ・前半

美人・а2.jpg美人・а1.jpg

周迅目当てで買っちまいましたよ。内容は全く知らないでいたのですが、なかなかアンニュイでよいです。つーか、こういう中国のお金持ちの退廃的な雰囲気と言うのがやはりたまんなく好きですねw

40年代、青島を舞台に退廃的ムードと妖艶なチャイナドレスが美しい。資産家の父を失ったイェンツィ(ヴィヴィアン・ウー)は、遺言に従い、かつて追い出した腹違いの妹シャオ・フェイ(ジョウ・シュン)を家に呼び戻す。15年ぶりに一緒に暮らし始め、徐々にお互いに愛情を持ち始める2人。しかし、イェンツィが想いを寄せているカジノ経営者のホァン(ワン・チーウェン)が、シャオ・フェイを気にするようになってから姉妹の歯車が狂い始める。と言うお話。

周迅の美しさはわかってるとはいえ惹き付けられますね。粗末な服でバラッとした髪でも(むしろそちらの方が)可愛らしい。また王志文もまたなんとも雰囲気のある伊達男振りで素敵です。
シャオ・フェイの友達役の女の子は「橘子紅了」でえーとジョウ・シュンの嫁ぎ先の姪っ子(?)(大太太といつも一緒にいた)あの子じゃないのかな?よくわかんないけど。
王志文は「北京ヴァイオリン」の先生だった人。監督の胡安は「西洋鏡」の監督さんですね。

監督(女性)胡安 出演 周迅、王志文、ヴィヴィアン・ウー 


ラベル:周迅
posted by フェイユイ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。