2005年05月19日

周迅の「美人依旧」後半

ジョウシュンアップ.bmp
(これは映画ではありませんが可愛いので。なんだか周に弱い私)

フーアン.jpg

中華情緒たっぷりの映像ですが、なかなか忍耐を試させられますw制作にはアメリカも加わっているようですが、むしろヨーロッパ映画の雰囲気があります。

ネタバレです。しかし中文を読んでのことなので多分大いに勘違いあり。

お金持ちの父が亡くなって屋敷に戻ったシャオフェイ(周迅)はずっと慕っていた姉イェンツィ(ヴィヴィアン・ウー)との再会を喜ぶのですが、姉はシャオフェイを利用するだけで恋人ホアン(王志文)と外国へ行って結婚しようとしていた。むかついたシャオフェイは姉の恋人ホアンを自分のものにしようとするが。というとなんだか、よくある女同士の嫉妬劇のようですが、おやコレは結局姉と妹が仲良くなるためにホアンさんが使われたようで。最後には姉と妹がにっこり笑って手をとりあってると言う、結局この姉と妹が仲良くなるお話だったわけですね。うーん、なかなか凝ってますね。耽美を堪能したい時はいいかもしれませんよ。

周迅は文句なく美しくて雰囲気あります。王志文を見たい方もまたいいことでしょう。中国のこういう雰囲気にたまには浸りたくなる私です。


ラベル:周迅
posted by フェイユイ at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのうじえるんが、王が嫉妬された!
しかしフェイユイで再会したよ♪
しかしバレまでフェイユイと妹に結婚ー!
Posted by BlogPetの「じえるん」 at 2005年05月20日 10:27
両天秤ってこと?それとも重婚?
Posted by フェイユイ at 2005年05月21日 15:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。