2005年05月29日

「見知らぬ女からの手紙」シュー・ジンレイ

姜文2.jpgシュー・ジンレイ.jpg
この美女がこのおっさんもとい男性に恋をする・・・無理か?そういうこともあるかもね。

ネタバレあり。(さらに途中「オールドボーイ」のネタバレあり。ご注意ください)

とても不思議な話なんですよね。ある作家が手紙を開くと衝撃的な文章が書いてあるのだが、どうしてもその女を思い出せない。
一人の少女が隣に住む作家に憧れ時を経て性的な関係を持つまでに親しくなります。だけどそう思ったのは少女の方だけで、元来、放蕩な作家は少女のことをすっかり忘れてしまう。少女はその時身ごもっており、男の子を生む。少女はやがて高級娼婦になり豊かな生活をするようになるが、再会した作家にまだ恋心は消えていない。だが作家の方はかつて愛したはずの女性を全く覚えていないのだ。
うーむ、すごい。ここまですっぽりと記憶が抜けてしまうなんて。シュー・ジンレイ演じる女性の方が長い時がたっても恋心が醒めないだけにその対比ははっきりとします。なんだかSF的ですらあります。普通だったらめそめそ男を思い続けている女と薄情な男という感じを受けてしまいそうですが、シュー・ジンレイがさっぱりした感性の持ち主なのか、全くそんな感じではないし、むしろ最後のシュー・ジンレイのにらみつける目がすごくて(迫力ありました)とんでもない大ボケの姜文が哀れです。シュー・ジンレイのインタビューで「最初、原作を読んだ時は、女が哀れで男はひどい、と思ったが、数年たって読み返したらかわいそうなのは男の方だと思った」と言われてましたが、映画の中の作家さんは(姜文の演技力ですね)まさに情けない男そのものでした。
ラストシーンのカメラが姜文の目からずーっとズームアップしていくと女の顔が窓に映っていてびびりました。こ、怖かった。
まーったく違う映画ですが、韓国映画「オールドボーイ」もこういう大事なことをとんと忘れた男の話で、ひたすらひどい目にあうわけですが、モノは忘れないようにしないといけませんね。どんな怖い目にあうかしれません。(いやこの映画はあんなことしませんよ)

シュー・ジンレイは、初めて観たのですが、さすが中国4大美女の一人だけあってお美しい。しかもこの映画監督をした才媛であります。姜文も久し振り観れてうれしい。いつものパワフルな演技でなく渋い感じに押さえていてとてもよかったです。かっこ悪い感じも上手く出てましたし。少女が恋する相手としてはおかしい、という意見が多そうですが、もしかしたらこの少女は見てくれじゃなく作家というステイタスもしくはそういうイメージに憧れるタイプだったのかもしれませんね。大体、作家さんってモテるからなあ。頭よさそうに思えるでしょ。
それに確かに肉体関係を持つと男が悪い、といわれてしまいますが、この話は少女の方が積極的に恋をして想い続けてるわけですから、作家さんは全くかわいそうではアルのですよね。少女というのは一人で恋をしてしまう、という話なのかもしれませんね。
そういう不思議話が私好みの中国情緒たっぷりの映像のなかでくりひろげられてとてもおもしろかったです。
posted by フェイユイ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3995448

この記事へのトラックバック

独断的映画感想文:見知らぬ女からの手紙
Excerpt: 日記:2008年7月某日 映画「見知らぬ女からの手紙」を見る. 2004年.監督:シュー・ジンレイ. 出演:シュー・ジンレイ, チアン・ウェン. 1948年暮れ,北京に住むある作家の許に見知らぬ女から..
Weblog: なんか飲みたい
Tracked: 2008-07-23 23:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。