2005年06月15日

「尋找周杰倫」ジェイ・チョウを探して

ジェイ・チョウを探して4.jpgジェイ・チョウを探して2.jpgこの中にサントラEPあり。

ずーっと迷ってたんですよ、これ。だってね、タイトルは「ジェイ・チョウ」ですが、主人公ではない、と。うーむ、ジェイの名を借りただけでつまんなかったらヤダナ、と。そう思ってしまうではありませんか。

で結果は?・・・これが全くの杞憂でございましたよ!!!
あーっ、早く観ればよかったっ!!(このフレーズ多いな私)

主人公の女の子は中国・武漢から香港にやってくる。なぜと言うに、彼女・プープー(可愛い名前)(プー・ラートン)は武漢でボーイ・フレンドにふられちゃうのだが、思い出の曲・周杰倫のCDを求めて飛行機に乗ったのだった。

そして香港でプープーはいろんな人と出会うことになる。その中に中古レコード店をやっている宇仔(ショーン・ユー)がいた。プープーは次第に宇仔と親しくなっていく。

武漢のボーイ・フレンドの家も香港での街並みや雰囲気もなんとも女の子らしくてファンタジックだ。色調と言い、配置されている小物といい、とても中国ぽくおしゃれである。
映画の作りも凝っていて、途中、可愛いアニメなんかも挿入されるし、観ててすっごく楽しい映画である。プープーは前髪をざっくり切ってて何だか悲しい運命にも負けるもんかという根性のある娘で観てておもしろい。

そして出演者。ショーン・ユーがプープーの新しいボーイ・フレンドと言うことで準主役なんですが、「イニシャルD」にもつながると言うことでなんともうれしい。やっぱショーン・ユーはジェイにこの映画の話なんかちょこっとはしたのでしょうか?(別部屋・我的周杰倫世界でアップしたように仲良しみたいだしね)
他にもエディソン・チャンやダニエル・ウー、イーソン・チャン、デビッド・ホーなど豪華な顔ぶれになっております。

主人公プープーが好きな歌、ということで勿論ジェイの歌が次々と流れます。ここら辺はもうジェイ迷としてはどうしようもなくじーんとしちゃうわけです。ジェイの人形なんかも登場。
そしてラスト。思った以上にたっぷりとジェイが観られます!いつもミュージック・ビデオで見てるので初めてじゃないのにドキドキ。はっきり言って映画観ててドキドキさせられるなんてジェイ以外にありません。たくさんのお菓子を前に不機嫌なジェイが可愛いっ。可愛すぎじゃー。ううう。

と言うわけで、私と同じようにどうしようかなとお迷いのかた、これはなかなか見ごたえありまする。私は見てよかったー!でした。

ところでちょっと余談。この監督さんは女性なんですが、なんとなーくゲイっぽいテイストがあるなー、と思いつつ観てたら、途中でゲイ・パーティらしき場面が。ここも楽しい雰囲気でした。

監督オーブリー・ラム 出演プー・ラートン、ショーン・ユー、周杰倫、ダニエル・ウー


ラベル:周杰倫
posted by フェイユイ at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェイユイさん、こんばんは。
「四面楚歌」情報喜んでいただけて嬉しいです(^^)
この記事を拝見して「尋找周杰倫」買ってしまいました。
フェイユイさんにご挨拶する以前の事です(^^;)。
感想は私も、見てよかった!です。ジェイも映画自体も、すごくキュート。
セリフが少なくかつ簡単なので英語字幕でもストーリーが理解できますし、何よりこの映画を見ることで、「軌跡」と「断了的弦」の曲の素晴らしさを再認識できたのがよかったです。
この映画の日本版DVDも「康熙来了」と同じ3月3日発売ですね。
私は既に予約しちゃいました...。
Posted by じえるな at 2005年12月17日 22:48
こんばんは、じえるなさん。あ、「ジェイ・チョウを探して」も同時販売だったんですね。どうしてこうおっちょこちょいなのか(^^ゞ
予約もされたんですねー。私はまだ思案中。「康熙来了」はDVDで見たほうがいいですよ、VCD映像溶けてましたし(買われていますか?)でも高いかな、とは思いますが。

ホントにジェイのカテゴリはじえるなさんの情報なしには成り立たなくなってきたような(笑)これからも頼りにしています〜(そんな甘えてどうするっ)
Posted by フェイユイ at 2005年12月19日 00:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。