2005年06月21日

「日本黒社会」三池崇史

黒.jpg

珍しく日本映画が続く、っていうか日曜日これ観ようと思っててアレ観ちゃったわけです。

ねたばれあり。

shitoさん(傍流点景)のお薦めで観ました「日本黒社会」見事に罠にはまってしまいました(笑)やー、これはいいですね。shitoさんには言い難かったのですが、「殺し屋1」で三池監督にはいい思いをしなかった私。(だって浅野をいじめてくれなかったんだもの、しくしく)が、この映画はツボでした!

shitoさんはブログ内で兄弟萌えとも書いてらしたのでそういうのもあったのでしょうか。私はそれほどないつもりですが、兄弟が互いに危険な目にあった時、はっと感じるものがある、というのはすごい好きです。

在日中国人の兄弟。兄・龍一(北村一輝)と龍一よりずっと年上だが同級生で龍一の親友・張(田口トモロヲ)は「こんなとこいらっれかよ」と生まれた町・幼い頃から差別を受けた場所を飛び出す。兄と違い勉強一途だった弟・俊霖(柏谷享助)も後を追いかけてきたのだった。

3人は新宿にたどり着く。そこでトルエンを売る仕事をしたり、上海から来て売春をしてひどい目にあってるアニタ(李丹)という女性と仲良くなったりする。

非常にぐちゃぐちゃ感の強いまとまりのない映画として受け止められてしまうのだろうが、そこがとても心地よい。こういうぐちゃぐちゃな物語大好きである。実際、人生というのはぐちゃぐちゃしてるものだ。

竹中直人と哀川翔以外、知らない人ばかりなので(イヤ、私が知らないだけです)余計リアルに楽しめた。

アニタも弟もとてもよかったのだが、やはり好きだったのは張の龍一に対しての愛情というのか思いやり、というのか。特に怪我した龍一が気を失ってるのにアソコが大きくなってしまっててアニタに「これで何とかしてやってくれ」というとこは親切だと感心した(笑うべき?)
  
危ないと知りながらビルの屋上の囲いの上に立つ4人。(高所恐怖症の私。どんな残酷シーンより恐ろしい。身の毛がよだった)そしてどこかへ行こうと願う龍一。龍一はどこかへ行けたのだろうか。

三池崇史監督の作品、また観てみよう。
posted by フェイユイ at 00:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェイユイさん、私は今感涙にむせんでおります! 『日本黒社会』お気に召していただけたようで、本当に嬉しいですよ〜。
そうフェイユイさんの仰る通り「ぐちゃぐちゃ」になって渦を巻く、その力強い混沌こそが三池監督の魅力だと思ってます。
実はこの「黒社会シリーズ」というのは全てアジアに繋がるシリーズなんですよね。本作では主人公が残留孤児と中国人女性、『新宿黒社会』でも主人公の刑事は在日です。そして『極道黒社会』は、舞台が台湾で日本人俳優は哀川翔と田口トモロヲくらい・・・だったかな。それぞれ傑作なんですが、『日本〜』は青春哀歌的部分が大きくて、私個人はそこが好きなんですけどね〜。兄弟・張・アニタの4人が本当に切なくて可笑しくて。ラストシーンの小舟が、なんとも言えず胸を締め付けました。
とはいえ、結構三池作品はモノによってバラバラな印象もあるので(笑)またフェイユイさんの感性に合う作品があるといいなあ、と思いつつ今回は失礼します♪(って、例によって長文コメントでスミマセン・・・)
Posted by shito at 2005年06月22日 12:57
度々すみません。しばらく観てなかったので勘違いしてましたが、『日本黒社会』の兄弟&張は在日中国人で、『新宿〜』の主人公のほうが残留孤児でした^^;; ともかく、三池作品はこの他にも“日本の中のアジアの血(アジア以外の混血もありますが)”を描いてるものが多いです。
世間的に大ブレイクした『DOA』、これもまた『日本黒社会』と非常に似通った構成です。・・・と、取り急ぎ、訂正とお知らせでした^^;;
Posted by shito at 2005年06月22日 15:29
shitoさんを泣かせることができてうれしゅうございます(笑)
ところで三池監督って作品多いですよね。レンタルできるものだけでもかなりの数あって迷うほどですが、ここはshitoさんの助言を受けて観て行こうと思ってます。
はっきり言ってこれほど好きになってしまうとは思いませんでした。
確かにアジア圏の人々が登場し、舞台となってるという設定だけでも私は好きになってしまいますが。
今回の記事、あまりにも言い足りないんですよねー。色々好きなシーンがありすぎてまとめ切れませんでした(-_-;)
小船のシーンもよかったですね。もう一度きちっと自分の思いを書きたい!という思いはあるのですが!!(自分の乏しい文章力に涙)
Posted by フェイユイ at 2005年06月22日 18:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。