2005年07月03日

「西太后の紫禁城」第22・23集、珍妃の井戸

お久し振りです。ねたばれです。

珍妃からも「皇帝の子を産んで」と頼まれた吟児は皇帝の元へ行きますが、皇太后の陰謀を感じた皇帝は吟児に辛くあたります。だが、珍妃から皇帝によく仕えてほしいと頼まれたことを話すと心優しい皇帝は吟児に謝るのでした。

その頃清国には外国兵が集まって来ており、街には義和団が密告者を探して走り回っており北京は恐ろしい緊張状態が続いています。

栄慶は人目を逃れて我が家へ逃げ込みました。だが吟児の心配ばかりをしている栄慶にお父さんは代わりに吟児の家へ様子をみにいってあげるのでした。
吟児が皇帝の側室になった?!ということを聞いて栄慶は気が気じゃありません。宦官の小回回を捕まえて情報を聞き出しますが、皇帝のそばに召されたのは事実のようです。栄慶は動揺します。

吟児が皇太后から皇帝にはよく仕えているかと聞きだされている時、八か国連合軍が天津に上陸したと言う李蓮英の知らせで皇太后は北京から脱出することを決めます。
私は残ると言う皇帝を説得して紫禁城にいる人々は逃げ出す用意を進めます。このとき、吟児は皇太后に「珍妃様はどうされるのですか」と問います。皇太后は最初浮かぬ顔でしたが、吟児の言葉に珍妃も共に逃げることを許します。大喜びの吟児は急いで珍妃を迎えに行くのでした。

一行はまず皇帝と皇后、皇太子(皇太后が決めた男の子)、吟児などが先に行き、後から皇太后、李蓮栄と珍妃が追いかけることになった。この時、珍妃は謎の死を迎えることになるのだ。これは有名な話らしくて浅田次郎さんの小説にもあるということです。これは是非読んでみたいものですねえ。ドラマでも残された珍妃はとても心細げですでに身体も弱っている様子で痛々しく描かれていました。

敵の目を欺くために平民に身をやつした皇太后様は途中で義和団に乗り物を奪われたいそう惨めな状態に。そこへ吟児を探し回っている栄慶が馬に乗って通りかかり皇太后とは知らず助けます。感心した皇太后は名を聞くと吟児の兄の福貴と名乗ってしまいます(ああ、また複雑なことに)

やっとの思いで皇帝たちと合流できた皇太后。しかし皇帝は珍妃の安否が気になってしょうがありません。そして皇太后の口から珍妃が清国を憂いて井戸に身を投げたと聞き、呆然となり精神に異常もきしてしまいます。 
皇太后の命令で皇帝を慰める吟児は皇帝から珍妃の服を着るよう言われます。その様子を外から栄慶が聞いており、やはり噂どおりだったと悲しみます。とうとう栄慶は夜中に皇太后の番をしている吟児に声をかけます。そして二人はついに愛し合うのです。
その様子を眠れぬ皇帝が聞いてしまうのですが、皇帝は「二人がうらやましい」と優しく言われただけでした。可哀そうな皇帝。

皇太后は吟児がいる前で栄慶を呼びお前の兄の福貴はお前の説明と違ってとてもいい若者だ。礼をしたい。城までの護衛を命じる。と言われるのだった。吟児は慌てて皇太后を止めようとするが、栄慶は福貴となって命を受けるのでした。

とにかく美しくて優しい珍妃の死は驚きでした。この描き方ではどう見ても皇太后の差し金としか思えませんが。
また、吟児が久し振りに自宅へ帰るとすっかり目が悪くなった母親が迎えてくれる場面は思わず涙がでました。お母さんとしては可愛い娘が苦労しててつらいだろうなあと。それにしても本当の兄・福貴は憎たらしいです。

出演 スーチン・ガオワー、レネ・リウ、朱旭、ホアン・ハイビン
posted by フェイユイ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 西太后の紫禁城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。