2005年07月04日

「悪い男」再再考

Bad Guy.jpg

ネタバレです。

「悪い男」について2回記事を書いた。ラストについて1度目は単純にソナとハンギの二人はもう離れずにすむのだから、幸せだ、と書き、2度目はもしかしたらハンギは刺されて死んでしまい、その後の二人の話はハンギ、もしくはソナの夢なのでは、と書いた。

この答えは、また他にもあるかもしれない。いつもキム・ギドク監督の映画は答えが何かを考えるよう作っているのだから。

ただ、今思い返しているとこの答えは最初、感じたことがよかったのじゃないか、と思えてきたのだ。
私の願いとしてもこの二人が幸せに生きて欲しいと思う(その幸せは常識からはかけ離れたしあわせだが)しやはりキム・ギドクは生きていくことこそが大切なのだ、と語りかけているに違いないのだから。

それにしても自分ひとりでもこうやって様々に考えることができる、と言うのは大変おもしろいことだ。そしてそのどちらであってもとてもファンタジックである、というのもまた興味深いことだと思う。
posted by フェイユイ at 21:43| Comment(4) | TrackBack(0) | キム・ギドク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>キム・ギドクは生きていくことこそが大切なのだ、と語りかけているに違いないのだから。
むむむ。なるほど。やはり深いですねー。

この間、本屋で「王家衛的恋愛」という本を探していたら、キム・ギドク監督の本も見つけました。
確かどこかでこの本を見たような・・・と思っていたら、フェイユイさんの所で見かけていたのですね。
「王家衛的恋愛」という本は購入して今読んでいる最中ですが、この本、ファンの間では、あまり評判がよくないらしいです(苦笑)。
私は読んでから、自分に合う本かどうか見極めたいと思っていますが、キム・ギドク監督の本は、フェイユイさんの感想だと良さそうですね。
今度、私も読んでみたいです。
で、早く「空き家」が観たいよぉ〜〜公開してくれぇ〜〜
Posted by hi-chan at 2005年07月06日 15:10
こちらにもコメント、ありがとうございます、感謝。
ほんとに「空き家」日本公開遅いですよねー。アメリカでもすでに公開されたのですし、韓国ではもう次の映画が上映されているわけで、早くして欲しいな、と思います。この映画でまたキム・ギドクファンは増えるのではないかと私は思っているのですが。
Posted by フェイユイ at 2005年07月06日 21:30
こんばんは。
一昨日劇場で「悪い男」を見てきました。
一度DVDで見ていたのですが、やはりインパクトが全然違って、海辺のシーンでかかっていた「I tuoi fiori」が忘れられず、初めてiTunes sotreを利用してしまいました。

実は、ずーっと食わず嫌いだったキム・ギドク。
昨年「うつせみ」を見て好きになったのですが、フェイユイさんが薦めていらっしゃらなかったら決して見る事はなかったと思います。
彼の作品を見る事ができてよかったです。どうもありがとうございます。
Posted by じえるな at 2007年08月19日 21:03
「うつせみ」大好きな作品です。これを最初に観なかったら私もキム・ギドク観てないでしょう。

「悪い男」劇場で観るとやはり違うんですね。
実は今日「最近観てないなー」とちょうどキム・ギドクのことを思い返していたところにじえるなさんのコメントがあってびっくりしました。
「I tuoi fiori」私ももう一度聞いてみよう。
Posted by フェイユイ at 2007年08月19日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。