2005年07月16日

「英語完全征服」後半

英語.bmp

可愛くて楽しい映画でした!

最後までぶっちぎりで突っ走るヨンジュであった。
女を感じない、とさめていたムンスが次第にヨンジュを好きになっていく過程がなかなかじんわりとリアルでよかったよ。

ムンスの落し物に綺麗な女性の写真(幼い時、養子に出されたムンスの妹)が挟まれていたことでお決まりの勘違い。ムンスが妹に出会ったときの練習で「ビクトリア、愛してるよ」などと言ってるものだから、ますます事態はこじれていく。
そしてムンス母子がビクトリアに会う日。ヨンジュはなんやかやでムンスのお母さんとビクトリアに会う羽目に。ムンスはいない。
英語のできないお母さんはヨンジュに通訳を頼む。ムンスの恋人と思い込んでるヨンジュは嫉妬のあまり「みんなあなたが嫌いよ。」などと口走ってしまう。あーあ、どうしてこう直情的なのか。この一途さはやはり韓国的、ということなのかしら。思いつきでぱっぱと行動したりしゃべったり。なんとも魅力的なかわいいヨンジュなのである。
勿論、その後で大反省して、ビクトリアの車に飛びついて引き止める。こういう人がいたら全くあきないよね。

ビクトリアの兄貴ムンスはヨンジュと仲直りせんがために赤いパンプスを抱えて奔走した後、やっと登場。長い間の願いだった妹との英語での挨拶もお母さんが毎日泣いていたことも伝えられて、一段落。
まだビクトリアをムンスの恋人と思っているヨンジュは静かに去っていく。その後を赤いパンプス抱えて走るムンス。地下鉄内で必死でヨンジュを探し回る。
ここでイ・ボムスがちょっと出てくるのですよ、しかも大事な役で。
ムンスはとうとうヨンジュを見つけ「サランヘ(愛してる)」と打ち明ける。しかしムンスが「好きな人に英語で告白したいんだ」と聞いていたヨンジュは不満だ。だがムンスは「愛の言葉は韓国語の方がいいんだ」と言うわけ。よかったね。

ムンスもヨンジュもまったく思い込みは激しいし、口も行動も考えるより先に出ちゃうという感じで屈託がないのだ。楽しい。

英会話スクールの皆でヨンジュの祖父母の家へ遊びに行く話があるのだが、出てくる子豚がすごくかわいいのだよ。ぶ。

監督 キム・ソンス 出演イ・ナヨン チャン・ヒョク アンジェラ・ケリー イ・ボムス
2003年制作
posted by フェイユイ at 01:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェイユイ師姐 こんばんわ
ヤット見ました。って言うか今見ました!

>ヒロインのイ・ナヨンの勝ちですな
以前言いましたが私もチャン・ヒョクのファンとなって、CMを見た時から目を付けていた訳ですけど、イ・ナヨンがもっと陰気な(消極的)女の子かなぁって思ったら、彼女の方が積極的で可愛かったですね。ドンドン一人で盛り上っていくところが最高でした。

>単純でおもしろい
まずイライラする事がないのが嬉しいです。

>母親がお前を出せばよかったよ
言い過ぎたって思って外で待ってるくせに謝らないのが、なんとなくいい感じでした。意地っ張りな人だなぁって苦笑いでした。

>ヨンジュを好きになっていく過程がなかなかじんわりとリアル
あんだけ攻めこられて、突然退かれたらヤラれちゃいますよね。

>思いつきでぱっぱと行動したりしゃべったり
「僕の彼女ー」のチョン・ジヒョンも思い付きでチャン・ヒョクを誤認逮捕してましたね・・・ってこれは笑えないですが。

>「愛の言葉は韓国語の方がいいんだ」
やっぱりオリジナル(母国語)が一番ですよね。

>子豚がすごくかわいいのだよ
はっきり言って喋るんじゃないかって期待しちゃいました(笑)喋ったら違う映画になっちゃいますけどね。

師姐が言った通りチャン・ヒョク最高でしたよ。物静かな最強の男で正義感が強い真面目な先生と来て、軽い男(だけじゃないですけど)。
そして、イ・ナヨンのファンになっちゃいましたよ。他も探して見たいですね。

ところで、韓国語で見るか日本語でみるか迷ったんですけど、チャン・ヒョクの声が郭靖(川島得愛)だったので、やっぱり韓国語にしました。お陰でイ・ナヨンは声も可愛いって知る事が出来て正解でした。
Posted by 遠志 at 2005年12月16日 00:24
観てからかなり時間がたってますが、遠志さんのコメントで思い出していきました。
そうそう。イ・ナヨンがすごく可愛くてチャン・ヒョクよりはるかにパワフルで笑っちゃいました。
最近は中華ドラマにはまって韓国映画をとんと観なくなってしまったんですが、またこんな楽しい映画、観たいですねー。
Posted by フェイユイ at 2005年12月16日 18:56
こんばんわ

いつもいつもタイムリーじゃなくスイマセン。
ただ、今回見てリピート男の血が騒ぎだし、購入しようかと思っています。
チャン・ヒョク主演って書いてるのに、全然主演じゃないですよ(笑)。
でも、主演女優の彼氏役としては、最高なんですよね。
女の尻ばかり追いかける男なんですけど、普通好きじゃないんですよ私としては。でもチャン・ヒョクって笑わせてくれるって言うか、和ませると言うか、とにかくムカつきませんね。
ファンだから贔屓目なのかもしれませんけどね。

メガネ外したイ・ナヨンって全然雰囲気変わりますね。可愛いというより綺麗って感じ。劇中では私には柴咲コウに見えてしまって不思議な感じでした。

ところで、イ・ナヨンの弟って『火山高』で無情組ナンバー2役だったんですって!って覚えてないっす!

>韓国映画をとんと観なくなってしまった
次ぎ見たいのはキム・ハヌンの「彼女を信じないでください」です。また、ラブコメディですけど、おもしろそうなので、フェイユイ師姐も是非見られてはどうですか?
Posted by 遠志 at 2005年12月17日 00:33
なるほど、いいですね!

今年はもう「笑傲江湖」で暮れてしまいそうですが、お正月からはまた韓国映画も含めて色々映画を観たいなーと思っています。

(とはいえ私の手元にあるのはまた殺伐とした映画なんですが(^^ゞ)

そのためにも今年は「笑傲江湖」で締めを飾りたいものです。嫌な世界を笑い飛ばすと言う意味のタイトルですから、暮れにはぴったりかも。
Posted by フェイユイ at 2005年12月17日 18:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。