2005年07月20日

そしてまた「頭文字D」のこと

藤原.jpg

久し振りに左下に貼ってる「イニシャルD」のバナーを押してみたら、しげの秀一さんのインタビューが。しげのさんの顔も初めて拝見しました。かっこいい人なんですね。びっくり。「イニD」読んでたらものすごい美形びいきなので(ハンサムな人は頭がよくて技術も上。かっこ悪い男は皆心根も悪いのじゃ)どんな人かと思ってました。多分、高橋涼介のような方なのでしょう。かっこええ。

でもって「イニシャルD」の映画作品については、走りの部分はすごくよくできてる、と言われてる。おお、そうか、やはりあの走りの映像は先生がみても納得なのね。では、他の部分はどうなのさ(笑)ということもあるが、マンガだってそうだけど殆ど走ってる映画だもの。多分一番ひっかかったのは夏樹の部分なのでしょうか。いや、それとも案外高橋涼介と拓海の関係かな、と思ったりもして(笑)ここんとこはマンガの(まだ途中までしか読んではいないが)キモだと思うんですがね。二人が互いに惹かれあう、という。

そして周杰倫については「素朴ですごくよかった。好きになった」と仰ってくださった。そ、素朴。確かに素朴です。中華圏を代表するスターなんですが(汗)「群馬の山の中にいそうな少年」だとも。くーっ。私としてもあまりにガソリンスタンドの制服が似合っててたまんなしし、畳の上にいるのが、何の違和感もないのだよね。そこにいた少年を香港スターの中に混ぜて作ってしまったような。それがジェイの演技だとしたら、すげーことだが。多分、地。でしょう。

なんかあんまり応援の文章ではないな。せめて「頭文字<イニシャル>D THE MOVIE avex side 」をご紹介。こちらでも予告編ありますので、是非ごらんあれ。
posted by フェイユイ at 23:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。昨日映画を観に行ったら、この映画の予告(特報?)をやってました。
短かったですが、アンソニー・ウォンのあやしい笑みが観れました(笑)。
原作は読んだ事ないですが、ひそかにこの映画楽しみにしています。
舞台挨拶付きの試写会にも応募してみました。試写会応募でハガキを使うことはめったにないのですが。
試写会で観れるといいな〜
Posted by hi-chan at 2005年07月21日 16:32
こんにちは、hi-chanさん。
わあ、いいなあ。うらやましいっ!舞台挨拶つき、ですか?誰が来るんでしょうか?
観にいった暁には是非是非、報告記事アップしてくださいね!

しっかしアンソニー・ウォンめちゃかっこいいですぞ。
Posted by フェイユイ at 2005年07月21日 18:50
誰が来るんでしょうね〜
8月29日なので、まだまだ先ですが、近くなれば発表があるでしょうね。
やっぱり主役は来ないと客が納得しないような(笑)
舞台挨拶付きの試写会はなかなか当たりません。
ジェイファンの勢いに負けそうです…
なぜかF4には興味がない私。
トニーだけでお腹一杯(笑)
最近、アレックス・フォンもお気に入りで…どうも私はオヤジ趣味のようです(苦笑)。
Posted by hi-chan at 2005年07月21日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。