2005年08月22日

「画魂」が日本語字幕で見れるのだね

画魂フー・ジュン.bmp画魂.jpg

コン・リーの映画「画魂」ではなく、ミシェル・リー、胡軍、リウ・イエ出演のドラマ「画魂」である。今日discas見てたらレンタルされてた。
以前の記事では途中で「もう嫌になった」というようなことを書いてしまったのですが、字幕で見たらおもしろいかも、です。少なくともフランスに行く前の娼館の話はなかなか好きでした。
ミシェル・リーより娼館の友達の女性の方が好きだったのだ。
また「天龍八部」とは違う胡軍を見られますし、リウ・イエ君も少し出演。「藍宇」がらみで期待してもダメですが。
しかしなぜこれが日本語字幕付きでレンタルされるのですかね?かなり渋い話だと思うんですが・・・いやいいんですが。
スタンリー・クワン監督で質は高いですので、見ごたえはあります。

私としては周迅の「橘子紅了」して欲しいですが。か、「像霧像雨又像風」なんか。趙薇(ヴィッキー・チャオ)の「還珠格格」やった方が楽しくてファンがつきそうなのですがねえ。(どれも古くてすみません)

コン・リーの「画魂」はけっこうおもしろかったです。

追記:ドラマで思い出しましたが、最近、韓国ドラマに続いて台湾ドラマも多いのですが、なぜ「ニエズ」はないのでしょうかね?私的には謎。

追追記:「笑傲江湖」もDISCASでレンタルされているのでチラッと見たらやっぱりおもしろそうです。いつか見ねば。
posted by フェイユイ at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。