2005年09月04日

天龍八部第27集

童姥の師妹である女は李秋水という名で、童姥とは深い恨みを持ち合う仲だった。童姥は秋水のためにもう一歩で大人の身体になれるのを邪魔され、秋水は童姥によって顔に傷をつけられた。
童姥は秋水を従えようと逍遥派の掌門の印である指輪を見せた、だが秋水は盗んだものと決めてかかり、指輪をつけていた親指ごと切りけ左足にも傷をおわせる。あまりの力の差に二人は再び逃げ出すが、秋水の攻撃に崖から諸共に落ちてしまう。

童姥の力が戻るには後79日かかるのだ。どこへ逃げるのか、童姥は虚竹が碁でわが身を殺して打開した事を聞き、秋水の家である西夏国の皇居に逃げ込む事を考える。秋水は西夏国の皇太妃なのだ。敵の陣地の下に隠れようという案なのだ。

二人は皇居の氷室へと入り込んだ。虚竹はここならもう安心と少林寺へ戻ると言う。すでに少林寺の内功は抜き去られているのに虚竹はもう一度修行しなおすと言うのだ。だが、童姥はそれを許さない。

氷室で回復を待ちながら、童姥は獲物を捕まえてきては血を啜った。虚竹は相変わらずなまぐさを口にしようとはしない。腹をたてた童姥はもうひとつの獲物の生き血を無理矢理虚竹の口に注ぎ込む。そして肉料理を運んでくるが虚竹はひもじさを我慢して食べない。「無理強いはせん」と言った童姥だが、その強情さに虚竹の口に肉を無理矢理詰め込む。
虚竹がうとうとしてはっと目覚めると我が腕の中に裸の若い女性がいるではないか。女性は寒がって虚竹にしがみつく。初めて触れる女性の肌に虚竹はつい抱きしめてしまう。これは夢の中なのか、娘と虚竹は互いに相手を夢の中の人と呼び愛し合う。

だが、その事を童姥は知っていた。そして娘にまた会いたければ童の加勢をするのじゃ、というのだ。童姥の回復はあと僅かになっており、そうすればあの仇敵である秋水を討とうとしているのだ。虚竹は恨みは断ち切るべきです、と説得する。そして殺人の手伝いなどできません、と言い切り、例えあの女性に会えなくてもそれは縁がなかったのです、と立ち去ろうとする。

虚竹の強情にとうとう童姥は生死府を打ち込む「生死府の意味がわかるか」「生きるに生きられず、死ぬにも死ねない」
だが、童姥は虚竹の体から生死府を抜く方法を教えてやる。「まずは生死府を作り、使いこなす。生死府は薄い氷のかけらなので水を手にとって内力を逆にめぐらす」虚竹はすぐ飲み込みさらに童姥は虚竹の体に入れた生死府を取り出ださせた。

そして「わらわも明日には回復する」と言うのだった。

虚竹もいいのですが、何と言ってもこの天山童姥がすごいですね。はじめ出てきたときは本当に童女のようだったのが若い娘に少しずつ変貌していく様が怖いほどです。そして外見はそうなのに中身はすでに96歳の老女であると言う天山童姥をこうまで見事に演じている舒暢さんには脱帽ですね。まだかなり若い女優さんのはずですが。
また敵役の李秋水がまた美貌で見とれてしまいますね。彼女はもっと年上と思いますが実際の年齢とドラマのキャラクターが交差して不思議です。

私が思いが変わったと言うのは、まさしくこの氷室の中での虚竹の変貌によってです。今までの虚竹は少林寺の変り種っぽい抜けた感じでまたそれも可愛くて好きだったんですが、この氷室での欲望による苦悩は虚竹を変えてしまいました。無理矢理、生き血や肉を口にさせられる様子はかわいそうでならないものでしたし、また女性を抱いてしまい、もう僧としての資格はない、と自ら肉を食べ始めるのもつらいことでした。氷室で2ヶ月以上も暮らしているので髪も生え、童姥に従って修行をする内、顔つきも変わってしまってすごく驚きました。前の虚竹と同じ人とは思えない。目がすごくかっこいい人なんですよね。ちょっと私としては虚竹ファンクラブ作ろうかと・・・冗談ですが(笑)統率力ないんで。イヤ気持ちはあるので個人的にファンクラブやります(まじ)

驚いたのはこのドラマで性的なシーンというのは閉じ込められた段誉と木婉清、段正淳と馬夫人、蕭峯と阿朱はまったく清らかな関係だったのでそういう場面がなかったのに、一番どきっとするラブシーンを演じたのが少林寺の僧である虚竹とは。しかし虚竹だと(というか高虎さんだと)いやらしくなくてむしろ切ない感じがしてすごくいいラブシーンだと思いました。

出演:胡軍(蕭峯)ジミー・リン(段誉)リウ・イーフェイ(王語嫣)高虎(虚竹)申軍誼(丁春秋)馬浴柯(游担之)修慶(慕容復)陳好(阿紫)舒暢(天山童姥)謝雨欣(李秋水)
posted by フェイユイ at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 天龍八部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは

>この天山童姥がすごいですね

もう、師姉に言いたい事全部言ってもらったって感じです。
正直私はこう言う俳優さんに弱いです。私も脱帽ですよ!

>虚竹の強情さ

この辺り郭靖ににて融通の利かなさは、美点だけど欠点でもあって、逍遥派の将来への思いとか、愛する男の弟子(息子&身代り的感情)だけに、継承を断るのは愛情もも大きい分、憎しみも倍加しますよね。

惨さは阿紫と似てるけど、彼女は面白半分だけど、天山童姥の場合は愛の鞭的思いもあったと思いました。

>目が凄くかっこいい人なんですよね。

僧兵っぽく髪が生えた虚竹って雰囲気が変わりましたよね。私はガオーさんの演技力だと思うんですけど、無欲の時の顔と欲をまとった後の顔が絶妙に違ったので、今回って舒暢さんも含めて演技力最強な人出演の回でしたね。

>裸の若い女性
ケーブルTVには30秒CMがあるんですけど、破壊坊主一直線って感じのCMなんですけど、例の抱合うシーンは、初め慕容復と王語嫣?って思っていました。その後相手は段誉?

そして最強姉妹弟子登場で、天山童姥と虚竹?
その後髪型が違うので李秋水?とか考えたりと勘違いしまくりの予想でした。
姉妹とも無岸子を愛していたから、彼の功力が入った、虚竹を愛する?!とか思ったんですよね。
でも、考えれば幾ら年上好きでも年の差あり過ぎ(^_^;)

天龍を見てるとドンドン倫理観が無くなっていきます。そのそも段誉と木婉清の近親相姦イイじゃない!とか思っていしまいましたから。

でも、あの師伯と師叔って年の差以外にも師匠の兄弟弟子って事でもタブーだから、結局ダメですけどね。
フェイユイ師姉、引かないでくださいよ!だって、どっちも若いんですから(見た目は)。

でも、結局彼女って王宮の女官なんですかねぇ?

>私としては虚竹ファンクラブ作ろうか

番号001は師姉に譲るとして002は是非師弟の遠志に!

>冗談ですが(笑)

えぇぇっぇぇ!だまされた(笑)

>個人的にファンクラブやります

じゃぁ私も個人的に会員番号002をやります。
Posted by 遠志 at 2005年09月05日 18:43
遠志さん、おかしすぎ。笑っちゃいました。ファンクラブを作る技量はありませんがとにかくこれから気になって追いかけていく役者さんです。

>フェイユイ師姉、引かないでくださいよ!
いえいえ、引いたりとかしませんよ。「天龍八部」は確かに危険な関係が多いんですよね。でも見てるときはそうは思わなくなってしまって(笑)
はっきり言う場面はありませんが、童姥は虚竹をすごく好きになっちゃったと思うんですよね。昔の思い人、無崖子はあんな風で心がわからないけど虚竹はあけっぴろげだし。誠実だから。と思ったんでもしかして虚竹の相手の夢姑は童姥の変わり身?もしくは意識だけ操ってるのかな、とか。まだ、結果はわからないのですが。虚竹はまた誠実に夢姑を思っているので童姥だったらかわいそうだしな、とかも考えてしまいます。

>でも、結局彼女って王宮の女官なんですかねぇ?
というのは李秋水のことですか?彼女は西夏国の皇太妃ということですよね。おばあちゃんだから皇后じゃなくてずっと上の方ですね。
童姥のほうだったら彼女は少なくとも西夏国の人じゃないけどどういう人かは解らないです。
か、夢姑のことですか?それなら女官である可能性は高いですよね。ただ、まだわかんないですねー。
Posted by フェイユイ at 2005年09月06日 01:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。