2005年09月04日

天龍八部第28集

虚竹.jpg童姥.jpg秋水.jpg

虚竹編になって止められなくなりました。もうツボです、高虎さん。名前書きやすい。しかし検索すると藤原高虎さんばかり出てきて困ります。もっと有名になって欲しい。寅年だと言う事と身長185センチということは解りました。是非ぜひ、別の映画も見たい方です。

ついに童姥の回復があと一日となった夜、秋水は我が城の中に童姥が潜んでいる気配を感じ取り、「お師姐さま」と呼びかける。きりっとなった虚竹またもや頼りない顔に戻ってあたふたと童姥に話しかける。が、童姥は気配は感じてもどこにいるかはわからない。と言い微動だにしない。秋水はあきらめず無崖子兄様がいらっしゃってるわ、とささやき続ける。突然、童姥が返答し始め、その声で秋水が二人の居場所を嗅ぎつけ、氷室へと入ってくる。
仲を取り持とうとする虚竹を撥ね付け、とうとう96歳と88歳の女同士の戦いが始まる。手助けはしないと言った虚竹だがやはり気にかかり様子を伺う。

修行を積んだ二人の戦いは凄まじく、やがて虚竹も巻き込んで氷室中を駆け巡る。一旦死んだかと思われた童姥の生死をめぐって虚竹が秋水に立ち向かい、童姥がその隙に生き返って(死んだ振りだった)秋水を攻め、灯りの火が燃え移り氷室を溶かし始める。今度は氷室が洪水のようになり、3人は水の中で戦う。3人が一つに連なった形になり水が今度は凍り始める。虚竹はなぜか「熱い、熱い」と叫び二人も諸共に外へと飛び出す。

3人が飛んできたのは山の中だった。童姥と秋水はもう息も絶え絶えだったのだがここにいたっても言い争いを止めない。二人はそれぞれ師弟、師兄にあたる無崖子をめぐって嫉妬をとめきれないのだった。童姥は虚竹を使って合図を打ち上げ、仲間を呼ぶ。やがて秋水が血を吐き死んだ。
童姥の手下たちが馬で駆けつける。皆、女性である。童姥は嫌味を言いながらも彼女らをねぎらう。そして虚竹に例の女の絵を見せて、と言う。童姥はこの時、初めて無崖子の描いたその絵が、思い込んでいた秋水を描いたものでないと知る。そして「あの女じゃなかった」と叫んで笑いとうとう死んでしまう。この時にはあの96歳にして童女の顔だったものがしわがより、髪も白く変わっていた。
すると秋水が目を開けたではないか。秋水は絵を見てそれが自分ではなく秋水の妹だったと知る。二人が愛していた無崖子は二人のどちらでもなく別の女、秋水の妹を愛していたのだった。秋水は童姥ににじり寄り私たちは二人とも騙されていたのよと言って死んだ。

童姥は死ぬ前に手下たちに虚竹が新しい主人となると告げていた。集まった女たちは虚竹を主人として指示を待っている。虚竹は二人を同じ場所に葬って欲しいと頼む。虚竹のことなのでとても威張っては話せない。一行が童姥の住処へ戻ろうとしたとき、手下の一人が大怪我をして駆けつけ馬から倒れ落ちた。聞くと三十六洞七十二島の者たちが童姥がいない住処に攻め入り女性たちを襲ったのだった。虚竹はまずは反乱を鎮めるのが先決です。と皆に言い渡す。

李秋水が死ぬ前に。虚竹に「無崖子と私の娘は蘇州の王という家に嫁いでいます。よかったら・・」といいかけて止める場面がある。ではやはりこの絵とあの女性像が王語嫣に似ていたのは・・・。

「天龍八部」はもともと胡軍が目的、そして途中でリウ・イーフェイが出てると知って益々見たくなったのですが、今は高虎ですね(笑)いやあ、こんなにいい人がいるとは、全く中国の役者さんって。最近は映画が何故だかあんまり見る機会がないんですが、ドラマ見てると年配でも若い人でもいい人がたくさんいるのでもっとがんばっていい映画作って欲しいです。ドラマもいいけどやはり映画の方が多くの人が観れるから。(中国国内は別でしょうが)彼は「神雕侠侶」にも出てるのですね。ああ、絶対観なきゃなあああ。

出演:胡軍(蕭峯)ジミー・リン(段誉)リウ・イーフェイ(王語嫣)高虎(虚竹)申軍誼(丁春秋)馬浴柯(游担之)修慶(慕容復)陳好(阿紫)舒暢(天山童姥)謝雨欣(李秋水)
posted by フェイユイ at 23:08| Comment(3) | TrackBack(1) | 天龍八部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。

>寅年

私の場合、高虎とくれば藤堂ですね。戦国武将にいるんですよね。

寅年だから虎なのかなぁって分けないですね。

>「お師姐さま」と呼びかける。

先に言いましたけど、吹き替えが梅超風と同じ声優さんなので、シビレまくりました。とにかく大人の女性って声でイイです。

>突然、童姥が返答し始め

結局娘のままなんだなぁって、戦いは凄惨なんですけど、微笑ましく思えてきます。特に、最後の死ぬ間際のつかみ合いの喧嘩なんかもとても90になるご婦人のする事じゃないですよね。特に天山童姥は「おきゃん」って言葉が一番あう人です。

>96歳にして童女の顔だったものがしわがより、髪も白く変わっていた

あのシーンは、この3話で少女から出発して96歳までを演じ切った舒暢に感動して、「アンコール!」を叫びましたけど、今度こそお亡くなりになったようで、二度と目を開けてくれなかったです。でも天龍で色々あったけど、舒暢を知っただけでも十分見続けてよかったって思います。

>秋水が目を開け

李秋水も好きになってしまいました。この人は正真正銘のお姉さま(でも88歳)キャラって感じで、最後は優しく師叔として虚竹に童姥が笑って死んだ理由を教えるシーンは、何だか感動しました。
考えてみれば、李秋水は一度も虚竹には攻撃(童姥を狙った為に攻撃はあったけど)した事は無かった。
身内意識ってイイですね。

>無崖子と私の娘

唐突に一緒に住んでいてとか言われても、理解できないです。原作では、もう少し詳しく何故子供まで作る間柄になったとか書かれていますか?

これで段誉が入った洞窟の話は、ハッキリした分かりましたね。
あの櫛とか李秋水のだったんですね。
因みに家系図作りました。
みんな親戚ですね。一応阿朱と蕭峯も夫婦と考えれば蕭峯も親戚になるんですねぇ。
世の中狭いっす。

>彼は「神雕侠侶」にも出てる

え!?彼ってガオーですよね。
一体なんお役に出るんだろう?
そこまで分かります?

>夢姑のことですか?

はい。するとヤッパリ女官なんですね。でも師姉考えに賛同しますね。
「意識だけ操ってるのか」って言うのはありえそうですね。
結構恋愛的感情もあるじゃない?って思われる表情ありましたし。
もしかしたら、今後夢姑はでるのかなぁ。まだ西夏国は話に絡みそうだし。

>追いかけていく

私もガオーを追いかける師姉を追いかけます・・・って、他力本願丸出しでスイマセン!
Posted by 遠志 at 2005年09月07日 02:04
>私の場合、高虎とくれば藤堂ですね
そうらしいですね。高虎で検索するとずらりと藤堂高虎です。虚竹・高虎としないとなかなか出てきませんね。

>もう少し詳しく何故子供まで作る間柄になったとか書かれていますか?
原作はドラマよりもっと簡単にしか書かれてませんでしたね。ドラマのほうが丁寧でした。

>一体なんお役に出るんだろう?
蒙古の王子、とかいてありましたね。写真は高虎ファンクラブ第三弾!の「神雕侠侶」をクリックすると見れますよ。かなり虚竹とは違うのでびっくりですが(笑)

すっかり虚竹=高虎ファンになってしまったのでずっと追いかけるつもりです。情報には自信がないんですが、私の乏しい情報でよかったらどうぞ見てくださいな(笑)

Posted by フェイユイ at 2005年09月07日 16:43
こんばんわ。

>ドラマよりもっと簡単にしか書かれていません

そういうパターンもあるんですね。考えてみたら、確かに『射雕英雄伝』でもそうでしたね。そして、だいたい黄蓉にハマったシーンって、ドラマの創作多かったすね。

>蒙古の王子

え!
むむむむ・・・・ちょっと冴えない役回りかもしれません。
ま、慈悲深き和尚様からその逆って言うのも、役者としての視点で見れば楽しみかもしれませんね。
ガオーが、どれだけ私に「こいつムカつくなぁ」って思わせてくれるか何年先しらないけど、今から待ち遠しいです。
Posted by 遠志 at 2005年09月08日 00:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

舒暢最新ドラマ『花開有聲』今月クランクアップ
Excerpt:   記者によると、人間味に溢れる全20話のドラマ『花開有聲』の撮影は、ラストスパートの段階に入っており、建国記念日の期間は休みを返上し、全製作スタッフは残業してドラマの完成に向けて努力をしており..
Weblog: 舒暢的美麗天地 - 中国 女優 舒暢
Tracked: 2005-10-15 12:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。