2005年09月11日

「南極日誌」ソン・ガンホ

南極日誌.jpg南極日誌2.jpg南極日誌3.jpg南極日誌3.jpg

これはなかなか見ごたえある、しかも考えさせられる映画でしたね。

考えさせられるというのは褒め言葉だけじゃなくて、「うむむ」という箇所があったからです。その「うむむ」がこの映画をもしかしたら解りにくくしてしまって勿体無いものにしてしまってる気がするのです。

韓国の南極探検隊が到達不能点を目指しひたすら歩き続ける。そしてある日、80年前のイギリス探検隊が残したと思われる日誌を拾う。そこには不鮮明ながら絵と文字が記されており、最年少の隊員ミンジェ(ユ・ジテ)はそこに描かれている事が自分たちと重なり合うように感じていく。

高大な氷原と真っ青な空。6人の男性隊員たちのみが存在する世界。平均気温が20度以下、ブリザード、突然のクレバス、ホワイトアウト、一日中昼間の世界などという異常な環境の中で突然の事故や病気に追い詰められていく人間たちはどうなっていくのか。
そして皆をまとめ、守っていくはずの隊長チェ・ドヒョン(ソン・ガンホ)が目的達成のためなら隊員の犠牲も省みないという恐ろしい物語なのだ。
だが隊長ドヒョンが幼い息子を自殺に追いやった過去を持つということでその霊が映像として出て来るのが、物語を混乱させ、また単なる脅かしのホラーと勘違いさせてしまう。
ソン・ガンホならそういう脅し的な映像なしに演技だけで充分その悲しみを表現できたのではないか。また他の隊員役の演技も本当に緊迫感のあるすばらしいものでこの6人の会話だけでなりたっているような映画なのに全く退屈することがなかった。
なのでこのいくつかの場面・表現が惜しいのだ。

当たり前の話ですが、この映画は一度だけでなく何度か見直して納得いくモノのような気がします。

ソン・ガンホ、ユ・ジテが見ごたえがあるのはもう当たり前だけど副隊長イ・ヨンミン役のパク・ヒスンがさらさら髪とめがねで素敵でした。この映画のなかで唯一女の子向けキャラクターです。上の写真で言うと右上のユ・ジテに抱きかかえられてる人ですね。ここではめがねしてませんが、わけあって。

監督:イム・ピルソン 出演:ソン・ガンホ、ユ・ジテ、キム・ギョンイク、パク・ヒスン、ユン・ジェフン、チェ・ドクムン、カン・へジョン 2004年制作

なぜ引っかかるのか自分なりの感想を書いております。よろしければそちらもどうぞ。


posted by フェイユイ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(4) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

南極日誌
Excerpt: ソン・ガンホ主演。 南極の到達不能点を目指すソン・ガンホ隊長率いる探検隊。 しかし80年前のイギリス探検隊の残したものと思われる日誌を発見してから、隊長がだんだんオカシクなっていく。 ..
Weblog: オイラの妄想感想日記
Tracked: 2005-10-06 15:10

南極日誌 06年57本目
Excerpt: 南極日誌 いぁ、これって、ただのサイコサスペンスなんですよね。ちょいパニックもの?あたしはまた、記録映画とか、ドキュメンタリーかな?とか思っていたのですが、、、なんと!はじめの方で、心霊??って感じ..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-04-06 03:25

南極日誌
Excerpt: これ、評判悪いですよねー。 でも同じく悪評だった『ヴィレッジ』が意外にもよかったので やはり、観ないと語れんということでDVDで鑑賞。 南極到達不能点を目指し、韓国の6人の探検隊員がひたす..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-05-02 23:52

『南極日誌』  ・・・その白さは理性を破壊し精神の‘極限地点’へと誘う
Excerpt: アミューズソフトエンタテインメント 南極日誌 出演■ソン・ガンホ、ユ・ジテ、パク・ヒソン、キム・ギョンイク、ユン・ジェムン、チェ・ドクムン、カン・ヘジョン 監督■イム・ピルソン ..
Weblog: enjoy! MOVIE☆LIFE
Tracked: 2006-08-04 23:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。