2005年09月13日

天龍八部第33集

you_jijou.jpg
葉二娘

genji.jpg
玄慈方丈

黒衣の男は葉二娘の息子・虚竹の父親はこの少林寺の高僧だと告げる。葉二娘は話さないでくれと頼むが黒衣の男は続ける。なぜ私がお前の子供をさらったのか。復讐だ。私の息子も私から切り離され少林寺で鍛えられた。葉二娘と少林寺の高僧との間に生まれた子供をさらって同じように少林寺に捨てたのだ。

黒衣の男は顔を覆った布をとる。そこにはなんと蕭峯の顔であった。男はその顔の下にもう一つの顔があった。その男こそ蕭峯の父親・蕭遠山であった。蕭遠山は蕭峯に母の仇である頭はここにいる、と告げる。蕭峯は奴は母だけでなく養父母まで殺したのです、というと蕭遠山はそれは違う、彼らを殺したのはわしだ。なんということか。養父母の仇・大悪人は実の父だったのだ、さらに蕭遠山は譚公・譚婆・趙銭孫ら、恩のある玄苦大師も手にかけていたのだった。蕭峯は「父のしたことは自分がしたことと同じ。皆が俺に疑いをかけるのも当然だった」と悟る。さらに蕭遠山は逃げようとする葉二娘と虚竹を引きとめお前が言わないのなら私が言おう。葉二娘は駆け寄って言わないでと乞いひれ伏す。その時、方丈が虚竹を呼び、24年間側にいて気がつかなかった、と詫びるのだった。虚竹の父は少林寺の高僧・玄慈方丈だったのだ。方丈は自分のために多くの者が命を落とした事を詫びた。蕭峯はその罪は死に値するが、尊敬の念は変わらない。方丈と生死を共にします。と叫ぶ。方丈はもう一人の顔を隠した男に呼びかけた「慕容博殿、あなたの偽の手紙のせいで大きな悲劇が生まれたのだ。胸が痛まぬのか」
その男は慕容復の父・慕容博であったのだ。父に無事を知り、ひざまづいて喜ぶ慕容復。全ては燕の復興のため、遼国と宋国が争えばそれに乗じて燕を復興できると言う考えのもとに謀られたことだったのだ。蕭峯は「貴様こそが元凶」と言い放ち逃げる慕容博を追いかけるのだった。

高僧・玄慈方丈は自らの大戒を恥じ、息子・虚竹と並び座って自らの身体に200回の杖責を求めた。やめてと止めに来る葉二娘を点穴して制し、父と子は罰を受けた。杖責が終わり、虚竹は母である葉二娘を抱きかかえ点穴を解いた。が、父である方丈はすでに息絶えていた。それを見た葉二娘は笑いながら我が身に刀を刺した。やっと会えた父母が死んでしまった虚竹は何とか生き返らせようと繰り返し真気を送り込むが手立てはなかった。疲れ果て虚竹はどっと倒れこんだ。
やっと出会えた父母を寄り添わせ虚竹は激しく泣くのだった。

蕭父子と慕容父子の戦いは激しく火花を散らした。やがて彼らは少林寺の蔵内に入っていった。そこへ鳩摩智が現れ慕容博に恩義があるため手助けをするという。3対2となってしまったわけだが蕭峯はまったく臆しなかった。
慕容博はそこで「わが命はくれてやるから取引をしないか」と持ちかける。慕容博は自分たち父子が大燕を復興するためにどのような思いでいるかを語り、大燕の玉璽と皇帝の系譜を見せる。そこには慕容の名があった。そして蕭父子と手を組んで遼国や他の国が力を合わせ宋を倒して領土を分ける、私たちは決して大遼国には攻め入らない。蕭峯も江湖の者達に復讐が出来る。いい話ではないかと言うのだ。だが蕭峯は母の仇を取引に出来るかと机を蹴り上げる。
慕容博は蕭峯は英雄だと聞いていたがただの鼻息の荒いだけの男か、忠義心はあるのかと笑う。蕭峯は「戦いが始まれば多くの罪のない家族が引き裂かれ、死んでいく。貴様は人々の犠牲の上に国を作るのか。俺の忠義は民を思う事だ」と言う(かっこいい)

その時、どこからか「蕭峯殿は本当に民の事を考えておいでだ」と言う声が聞こえる。声の主は外を掃いていた僧だった。僧は蕭遠山と慕容博がそれぞれ昔ここへ来て経書を読みあさった事を知っていた。「武芸書だけを読んでいき、仏法の書は読まず、魔道に落ちていった。二人とも何という愚行をされるのか」と僧は静かに言うのだった。

虚竹の出生の秘密と蕭峯の仇の正体という大きな事実が相次いで告白される。やっと会えた父母をすぐに両方失ってしまう虚竹が何とか二人を生き返らせようとする姿が痛々しい。

蕭峯は仇と思っていたのが自分の父親であった、というのは酷いことだ。父との再会も虚竹と違い蕭峯は複雑な思いを抱かざるを得ない。可愛がってくれて父母と信じて疑わなかった人たちを殺したのが実の父親、というのはあまりにも過酷だ。どうして蕭峯はこんなにも重い人生を歩まねばならないのだろう。

その頃、阿紫は両親たちから離れて脚を折って動けない游担之をおぶってどこかへ行こうとしていた。目の見えない阿紫が游担之をおぶってまで行くとは、何かわけでもあるのだろうか。それまで人のために何かしたことのない阿紫だけに気になります。


なお、ここで紹介するのも何なのだが、原作「天龍八部」第6巻のあとがきによると、香港映画に「新天龍八部之天山童姥」(1994年)というのがあるそうな。これには天山童姥、李秋水、無崖子さらに秋水の妹も登場して再創作した外伝的ストーリーだそうです。これは是非見てみたいものですね。

出演:胡軍(蕭峯)ジミー・リン(段誉)リウ・イーフェイ(王語嫣)高虎(虚竹)申軍誼(丁春秋)馬浴柯(游担之)修慶(慕容復)陳好(阿紫)周冰清(梅剣)周玉[さんずい吉](竹剣)
posted by フェイユイ at 23:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 天龍八部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか誘導尋問にかかったようなコメントですが(笑)、「新天龍八部之天山童姥」は「天龍八部」が話題になったからかどうか知りませんが、10/7に『シスター・オブ・ドラゴン / 天女武闘伝』というタイトルでDVDが出るですよ。しかも、鞏俐(コン・リー)と林青霞(ブリジット・リン)というよだれがでそうな組み合わせに購入決定です。
少林寺の寺での蕭峯の言葉は、金庸小説の主人公に共通するところがありますね。
Posted by サンタパパ at 2005年09月18日 01:16
コン・リーもブリジッド・リンも大好きですから、是非観たいものです。ブリジッドの東方不敗が大好きです。かっこいいー。

郭靖も蕭峯も強い正義の心を持っています。その心が金庸世界を美しいものにしてる、と思ってます。どちらも素朴で権力志向はないけど、弱いものを助ける優しさを持っていますよね。惚れ惚れしてしまいます。

ところで、「射[周鳥]英雄伝」にTBしていただいてありがとうございます。
アレを書いてた時は、こんなコメントをいただくこともなく寂しかったものですが(笑)今回はテレビ放送と重なってDVDを観たので色々な方とお話ができます。やはり励みになりますね。
Posted by フェイユイ at 2005年09月18日 13:16
金庸においては義侠心は大きなテーマですからね。
こちらこそ、トラックバックありがとうございました。私の方も、自分のblogや書き込んだコメントにコメントをいただけると励みになりますし、いただけなければ修行の足りなさを痛感いたします。
Posted by サンタパパ at 2005年09月23日 12:01
こんばんわ

>黒衣の男は顔を覆った布をとる
あのスキンヘッドのカッコ良かった胡軍が、あんな爺様になっているなんて・・・。30年の月日と怨恨と心を欠いた絶技が、あんな顔になっちゃったんですね(T_T)

>養父母の仇・大悪人は、実の父
第1集と遺書を見る限り、信じられないですよね。

黒衣は、初め慕容パパで嘘を流したのは鳩摩智と思い、今度は黒衣が方丈で、嘘流したのは慕容パパと思っていたら、黒衣が蕭遠山だったとは!
そもそも第1集と遺書があるから、黒幕が父親なんて思いもしないしなぁ。
あと、虚竹の焼印の意味もわかりましたね。でも、やっぱり大きすぎて可哀相ですね。(^_^;)

蕭遠山が生きているのは、初めから考えていました。もっとも、勘違いして正解だったんですけど。
OPで女真族の人が矢に貫かれて蕭峯に返り血が付くシーンありますけど、あの貫かれる人が父親と20集まで思っていました。頭が丸いのは帽子かぶっていたんですね。

>蕭峯は母の仇を取引に出来るかと机を蹴り上げる。
やっぱり、蕭峯はカッコイイです。小領主程度の燕国復興の夢子ちゃん親子と違い、実質王国の治める大王とでは、格が違いすぎるって感じましたね。
と言うか、宋国皇帝は蕭峯に禅譲したら、宋はもっと栄えるんじゃないかって思いましたよ。
西夏以西(長安も任せますか!)は、仁君の義弟虚竹に任せ、四川方面は、末弟の段誉に治めさせれてば、中華史上最高の国家が出来るかも・・・って俺が夢子ちゃんかも。

Posted by 遠志 at 2005年09月25日 01:00
>西夏以西(長安も任せますか!)は、仁君の義弟虚竹に任せ、四川方面は、末弟の段誉に治めさせれてば、中華史上最高の国家が出来るかも

賛成、賛成!気宇壮大な野望の軍師・遠志登場という感じですね。
Posted by フェイユイ at 2005年09月25日 19:20
あ、でもやっぱり蕭峯には遼国の皇帝になって欲しいです。じゃ、宋はどうするのか?うーん、私の頭じゃ考えつきません。3等分しますか(言いたい放題)
Posted by フェイユイ at 2005年09月25日 20:28
こんばんわ

>蕭峯には遼国の皇帝
宋ある限り、争いが絶えないし、そうすると蕭峯が言っていた民衆が犠牲になるし。やっぱり宋は良い土地押さえてますから。

だから、良い土地をみんな共有できる為には、宋国が度量がないとダメだし、そうすると度量のある英雄が皇帝になるのが一番ですしね。

あと、好きな人物忘れていました。長城以北は完顔阿骨打に任せてしまいましょう。彼なら契丹や女真もまとめられるだろうし。
そして、やはり宋(国号も変えちゃいますか!)を蕭峯が治める。そうしてモンゴルの時代みたいに国境なしで自由に行き来させる。治める人たちは全て認め合ってるし安定すると思うなぁ。

但し、彼ら(特に蕭峯)の誰かが死んだら、100年ぐらいの大動乱が起こるかもしれないですが。
その頃には、そろそろ郭靖や阿蓉が生まれてるかなぁ。
Posted by 遠志 at 2005年09月26日 00:53
なるほど、解りました(笑)夢が広がりますねー。
そうですね、完顔阿骨打がいましたね。
それにしてもこの物語で一番、蕭峯が安定して暮らせたのって女真族にいた時じゃないでしょうか。勿論、そばに(阿紫でなく)阿朱がいたら、もっとよかったんですが(最近、蕭峯を女真族のところに戻らせたいとばかり考えてしまいます)(でもそうしたら遠志さんの夢がかないませんね(笑))
Posted by フェイユイ at 2005年09月26日 15:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。