2005年09月21日

天龍八部第36集

kumachi.jpg
鳩摩智

houfudou.jpg
包不同

fuu_haaku.jpg
風波悪

わくわくどきどきの一話である。

段誉が慕容復に井戸に投げ込まれたのを見ていた王語嫣。今まで従兄の前でははばかっていたのだが、「段公子、段公子」と泣いて呼ぶ。それを見た慕容復は「やはり気があったのだな」と冷たく言い捨てる。「私の気持ちはお判りの筈」とすがる王語嫣を慕容復は突き飛ばす(王語嫣を突き飛ばすなんて信じられん)もうこれまでと感じた王語嫣は(よく我慢したと思うよ)「西夏の姫を娶られ皇帝になられることをお祈りします」と言って今までの自分の仕打ちにも甘んじて優しくしてくれた段誉の側でせめて死んでしまおうと考える(つくづくけなげな女性だ涙)止める暇も有らばこそ王語嫣は井戸へ身を投げた。
だが井戸はすぐに地面になっていて王語嫣は段誉の上へおっこちた。

宿では虚竹たちが帰らぬ段誉と王語嫣を心配して梅剣・竹剣を探しに行かせるが見つからない。

井戸の中で段誉と王語嫣は目を覚ました。上では慕容復が鳩摩智に「見せかけの君子が」と侮蔑の言葉を浴びせられる。「吐蕃国の王子が婿選びに参加される。従って、敵を倒しに来た(鳩摩智が婿じゃなかったのね)お父上に免じて命は取らぬがすぐ西夏国を立ち去れ」と言う。
井戸の中では王語嫣が段誉に「あなたが好きです」と打ち明けていた。
上では慕容復と鳩摩智が戦いを始めた(悲しい対比だ。下は天国。上は泥沼である。変なの)鳩摩智の様子がおかしくなる。「魔道に踏み入ったな」と笑う慕容復。

王語嫣がこれ以上ないような愛らしさで「一生お側にいます」段誉はにやけっぱなしである、が「後悔はしないんですか」と冷静さをみせる(えらい)が、王語嫣は自分の決意が固い事を段誉に誓うのだった。

上で争う慕容復と鳩摩智がなんて事か、井戸の中に落ちてきた。段誉と王語嫣は慕容復から互いを庇いあう。が、慕容復は「従妹よ、段家に嫁いだなら我らは身内だ。手出しはせんよ」(え〜、そういうことなら最初からそう言ってくれればいいのに)
おかしくなった鳩摩智が慕容復に飛びかかるが慕容復はさっと飛びのいた。次に鳩摩智は段誉の首を絞めにかかる。苦しむ段誉を見て王語嫣が鳩摩智にかじりついた。段誉は思わず内功を吸い取ってしまう。そして力尽き3人とも倒れてしまった。それを見て慕容復は一人井戸を脱出した。

段誉が帰らなければ姫を連れて帰れない、と大弱りの巴天石。だが、鍾霊が「婿選びに参加すればいいんだもの。木婉清姉さまが男装すれば一番の美男子よ」とんでもないと逃げ出す木婉清だった。

井戸では動かぬ段誉を王語嫣が抱きかかえ「愛しいあなたに一日も答えてあげられなかった。あんな邪僧に殺されるなんて」が、段誉は死んではおらず二人はまたひしと抱き合うのだった。鳩摩智は魔道に陥り、ひどく苦しんでいたため、段誉に内力を吸い取られ、正気に戻ったのだった。もし吸い取られなければ死んでいた、と鳩摩智は段誉に礼を言う。だが30年の修行が全て無駄になってしまった。しかしこれで悟りが開ける。
そして鳩摩智は盗んだ易筋経を少林寺に返して欲しい、と段誉に頼むのだった。

皆が二人の帰りを待ちわびてると、木婉清が見事な美男子に返信して登場。みんなその麗々しさに沸き返る。段誉と王語嫣も仲良く戻ってきた。
男装の麗人も交えていよいよ西夏国の姫の婿選びに一同向かう事になった。

ところで婿選びの場面って女性なら興味を持ちますよね。特に大国の姫君のそれならたくさんの美しい王子がやってきそうです。原作によればきらびやかな衣装を身にまとった若者たちが百人ならんでいるはずですが、ドラマではその他の若者は省略されたかんじで、登場するのは慕容復と吐蕃国の王子、後はやる気のない段誉と虚竹と慕容復の部下ぐらいでちっとも婿選びする若者がいない(笑)なんだかちらっと見えてはいるがこう人材不足では姫もやる気が出ませんね。とは言え慕容復としてはライバルまったく無しと見たでしょうね(原作ではここに蕭峯が参加してまして慕容復の最も恐れる恋敵となってます。確かに何の財産も無い慕容復に比べ遼国の南院大王であり未婚者の蕭峯は凄い強敵です。ドラマではなぜいないんでしょうか。蕭峯が婿選びなんていう軟弱な催しに参加しない、ということでしょうか)

婿選びの席に着いたものの姫はなかなか姿を見せない。食事をどうぞ、書房へどうぞと言われるばかりである。が、どうしても姫を娶りたい男たちは辛抱してそれらの注文をこなしていく。が、王語嫣と木婉清は「男装の方はご遠慮ください」と言う事で客室で待つことにした。

書房では書画を見ることとなったが、中に美しい女性の絵があって「王語嫣にそっくりだ」と段誉は姫君はそっちのけで一人喜んでいる。
またその絵の影には逍遥派武芸の内力の足りない者が見ると倒れてしまう絵が隠れて描かれていた。霊鷲宮にも同じ絵が描かれており、李秋水師叔の技だ、ここは西夏国の城なので西夏国の皇太后であった李秋水の絵があっても不思議はない、と虚竹は説明する。
皆その絵を見て具合が悪くなり、仕方なく虚竹が灯された灯を消していく。

暗闇の中でついに姫が登場する。が。まだ薄い幕の向こう側だ。
侍女が言い渡す。姫のお達しがあります。今から皆様に三つの質問をします。一つ、これまでの生涯でいちばん幸せだったのは何処か。ふたつ、最愛の方の名は。
一体、姫は何を考えているのでしょうか。

物語中最も心を痛める問題点がやっと一つ解決した。段誉の喜びはこの上ない事だろう。でもとにかく今まで心痛ばかりの王語嫣がやっと笑顔になったことが一番ほっとした事です。とにかく一途な王語嫣のこと、言葉通り一生段誉を愛するのでしょうね。幸せになって欲しいものです。

そしてまた問題解決か?ひしひしと迫る期待と興奮。いい所で続くです。どうなりますやら。

出演:胡軍(蕭峯)ジミー・リン(段誉)リウ・イーフェイ(王語嫣)高虎(虚竹)申軍誼(丁春秋)馬浴柯(游担之)修慶(慕容復)陳好(阿紫)周冰清(梅剣)周玉[さんずい吉](竹剣)

posted by フェイユイ at 21:51| Comment(9) | TrackBack(0) | 天龍八部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はこの回でのノリノリの木ねえさんが大のお気に入りです(爆笑)。「あんた、いやがってたんじゃないんかい?」って思わず笑いながら画面にツッコミ(^^;。
あと、キース・ヘリングの絵を見ると気分が悪くなるんじゃないかと怖くなりました(笑)。
Posted by サンタパパ at 2005年09月23日 12:08
木姉さんステキでした。男装で通してもらいたいくらいです。木姉さんって登場からしてコスプレですよね。しかも似合う。
 
キース・へリングが描いてたらやばいです。変なこと描いてそうで。
Posted by フェイユイ at 2005年09月23日 17:23
こんにちは

>「段公子、段公子」
最近聞きました。「ダンコッス、ダンコッス」と私には聞こえました。ホントの発音はわかりませんけど。

ちなみに私がいつも聞いているのは「段誉殿」です。だから、あのシーンも「段誉ど〜の、段誉ど〜のぉ」って泣いていましたね。

>王語嫣を突き飛ばすなんて信じられん
前夜の段誉的に言うと、思わずニヤリとしてしまったかも・・・あ、でも王語嫣が怪我するかもしれないから段誉は、多分悲しんだかな。

>つくづくけなげな女性の涙
ここ最近、いまいち王語嫣が可愛く思えなかった。でも、タイトル通りのある決意をした顔は、美しいっておもっちゃいました。涙も顔を紅潮させて、そこいらの化粧品より良質かもしれません。

>王語嫣は自分の決意が固い事
「私をどんな女だと思っておられるの!」って言われても、今まで散々無視されてきたし、美人ときては、半信半疑で思わず聞いてしまうもんなんですよ王のお嬢さん。
さらに、失礼な事聞いて怒らせて、また嫌われた!?と心配もしてしまうんですよね。

ただ、本当は良かったね段誉って事になるんですけど、私的にはイマイチなんですよ。
前話から今話の木婉清の無理して兄妹の現実を納得させようとしている健気さにチョッと・・・なんです。

>虚竹たちが・・・
もう、タマリマセンよ。この霊鷲宮主従には!
竹・梅姉妹は、テキパキ動くし、虚竹はイイ意味で二重人格というか。つまり次男には弟と兄の顔があるわけですけど、蕭峯が居なくなってからは、完全に頼りになる兄貴過ぎて最高です。

>鍾霊
彼女は段誉にどんな感情があるでしょう?
岳老二は規則を守って「奥様(笑)」って、もう最終回なるのに言い続けているし、彼女も夫婦愛?でもなさそうで、兄妹愛はタブーになってるし。
好きな近所のお兄ちゃん的な感情なんでしょうかね。
阿紫にからかわれた時に鍾霊の顔は可愛かったなぁ。

>段誉と王語嫣も仲良く戻ってきた
あまりにも急激にベタベタじゃぁありませんか?
初め、慕容複と段誉と半々に好きだったけど少し慕容複の方が好きって思っていたんですよ。
でも、あれを見ると初恋とか今までの想いとかがダムの役割をしていただけで、貯水率(段誉への想い)は、100%に近かったんだなぁと。
だから、ダムが決壊したら、もう止め処なく想いが流れ出したんですね。
とか想いながら私は、男装して頑張っている木婉清が居るから、段誉気遣えよとかヒヤヒヤしたりして(笑)

>婿選びの場面って女性なら興味を持ちますよね。
やっぱり、予算の関係上吐蕃国が邪魔して、ホトンドたどり着けなかったって事にしたんでようか?

>原作ではここに蕭峯が参加
へー(x15)
「阿朱への想いの整理が付いていない」を理由付けにしたんじゃないでしょうか。

>美しい女性の絵
今度こそ李秋水師叔ですかね。でも剣舞を舞っていたような。

>侍女が言い渡す。
師姉!あれって、曲姉やんじゃないっすか?!『射雕英雄伝』ではボサボサ頭だったけど、女官姿だとやっぱり可愛いですねぇ。

っと想っていたら!終わり?
夢姑は?段誉悲劇は?来週かよ!っと喜びから一転虚しい気分に・・・(T_T)

>問題点がやっと一つ解決した
したんですかぁ・・・(笑)
むしろ虚竹兄上の方が「解決」が規定路線に乗りましたけど。

>一途な王語嫣のこと
木婉清も一途ですよ←しつこいですね(^_^;)
Posted by 遠志 at 2005年10月02日 17:02
Posted by at 2005年10月03日 00:31
遠志さんのコメント読んで抱腹絶倒。遠志さんは木婉清の心強い味方ですねー。私は慕容復が嫌で段誉を応援してしまった所もありますね。段誉も困った男です。色々言いたいけど、今の私はちょっと話しにくい状況なんです。

「段公子」はカタカナ表記だと「ドゥアン ゴンズー」でしょうね。

>原作ではここに蕭峯が参加
って書いちゃ駄目ですね(笑)あくまでも(お婿に立候補したのではなく)段誉の付き添いです。蕭峯の心は(まぎらわしくてごめんなさい)ただ慕容復はライバル視してましたが。

侍女さんは「射[周鳥]英雄伝」のおつむの弱い女の子でしたね。こちらでは身なりも話し方もきちんとなさってましたが。
Posted by フェイユイ at 2005年10月03日 13:01
こんばんわ

>木婉清の心強い味方ですね
段誉が郭靖のように、武侠の高みを望むなら、王語嫣は最高の伴侶って感じになるけど、武術はしないで通すなら、木婉清は良いですよ。
段誉はホスト体質(笑)ですけど、浮気はしない男(だよね?段誉!)だし、木婉清に折檻される事もないすしね。
やっぱり黄蓉が理想なので、女性の尻に敷かれるパターンが好きですね。

ただ、それも今になって木婉清を再び応援って感じです。第6集時点で段家に関わる人間は全て嫌いになっていて、天龍八部も引き気味だったし。
あと木婉清に苦言が一つだけあります。蕭峯に強敵には暗器は使うなって言われていたのに、使って窮地に陥ってしまって。困った女の子ですね。

あと思ったのは、段誉と王語嫣のイチャイチャぶりは、劉亦菲が『神雕侠侶』の小龍女役するから、その練習も兼ねてるんじゃないの?(笑)とか思いましたね。

>蕭峯が参加
虚竹の事を書いている時に気付いてました。
蕭峯が居るとやっぱり慕容複の敵視は蕭峯向くし、それでは段誉が霞むし、「段公子(T_T)段公子(T_T)」のインパクトが弱くなりますもんね。
ドラマで虚竹が居るのに眼中にない(最大のライバルなのに!気付くんだ慕容複!)のと同じ現象が段誉にも・・・。
逆に原作で蕭峯を立ち合わせて、一連のエピソードをどう描いているのか気になりますね。金庸大師匠の筆に掛かれば、誰も霞まずに物語りは続くんでしょうね。

>侍女さん
そうなんですよ。身なりも話し方もきちんとなさってました。

ところで
【藍空日記著者さまに質問】
壱:10/21から『笑傲江湖』が始まりますが、藍空日記-笑傲江湖編-は読めるでしょうか?

弐:現在『射雕英雄伝』が再放送されています。今もアクセスされまくってるんじゃないかと思うんですけど、藍空日記-射雕英雄伝編-改訂版は出ますか(笑)?

壱は、ホントにお聞きしたいですね。お目当てが居ませんかね?
弐に関しては冗談半分、本気半分(半分は本気だったんです)なんですけど、再び見たら違う視点とか、気付かなかった事とか色々あったりして、着け足しとか新たなフェイユイ節が炸裂する『射雕英雄伝』がよめたらぁ・・・なぞと思ったりしたんですよね。
Posted by 遠志 at 2005年10月04日 01:13
>原作で蕭峯を立ち合わせて、一連のエピソード
これは興味深いですよね。
まず、蕭峯が立ち会う事にした理由の一つは木婉清が段誉に変装した時、蕭峯と虚竹に「どうか護衛として付き添ってください」と頼むのです。これは断れませんよね。段家からも段誉の護衛を頼まれてもいたんですが。
それから、侍女に連れられて書画を見るシーンでは、蕭峯と虚竹は書画はさっぱりで座り込んでいるのですが、蕭峯は「この侍女が全てを握っている」と考えじっと行動を見張っています。また壁の絵を見て皆が具合が悪くなったのを助けたのはドラマでは虚竹でしたが、原作では火を消したのは蕭峯でした。
姫が質問の答えを聞く場面で侍女が慕容復より蕭峯を凄く讃えるので慕容復がいらだつというおかしなことも。
ただし、慕容復の後に指名されるのですが、「愛する人は」と聞かれればどうしても阿朱の名前を言わねばならないので、他人の前で心情を吐露する気になれず、こっそり立ち去ってしまうのですよ。ここでも蕭峯は阿朱のことを考えているんです。突然蕭峯がいなくなったので、侍女さんがどうされたのでしょうと聞くと虚竹は「きっと酒を飲みに行ったんでしょう」なんて答えてますが(笑)

え〜、質問の答えですが『笑傲江湖』に関してはもうすでに見たいなあ、と考えております(笑)ただ、私はレンタルなのですが『笑傲江湖』は「天龍八部」や「英雄伝」以上に凄い人気みたいでなかなか借りるのが難しいようです。でも、観るつもりでおります。
「射[周鳥]英雄伝」はこっちまでレンタルするのは厳しいかなあと(笑)ただ、中文字幕のみのDVDは買ってるんですよねー。なので画面的には観れるんですが。こちらはぼちぼち見返して楽しみたいなーとは思っている、という状態ですね。

ということで『笑傲江湖』はできるだけがんばって借りたいな、と思ってます。
Posted by フェイユイ at 2005年10月04日 18:20
こんばんわ

>原作で蕭峯を立ち合わせて、一連のエピソード

凄く分かりました。なるほど!

>これは断れませんよね
断れません(>_<)
段家に段家に関しては兄弟愛からも、義侠心からも、そして・・・ですからね。

>火を消したのは蕭峯でした
もし蕭峯がドラマを見ても、虚竹の手柄になったのなら、いつもの鷹揚な笑顔で、許してくるでしょう。

>「愛する人は」の質問
>ここでも蕭峯は阿朱のことを・・・
(T_T)

>虚竹は「きっと酒を飲みに行ったんでしょう」
なんかね、その発言を言う虚竹ってドラマでも十分言いそうな雰囲気の英雄になってますよね。

ところで、男装しろって言われて、木婉清が怒って出て行ってしまいますけど、虚竹が「怒ったのは別の理由」みたいな事言いますけど、女が苦手な虚竹が、なんだか的確な発言なので、虚竹最高!って思ってしまいました。

>『笑傲江湖』に関してはもうすでに見たいなあ
やったぁ!じゃぁ、また読めるんですね。楽しみッス!!

>凄い人気
実はチャンネルNECOで放送決定する以前に、一度借りるつもりだったんですけど、いつも1巻がなく、見れずじまい。結局ケーブルで見れるのでラッキーですけど。

>『射雕英雄伝』中文字幕のみのDVDは買ってるんですよね
持っておられましたか。

正直、天龍八部にハマリまくっているのは師姉もご存知ですけど、恐ろしいですよ。あの『天地都在我心中』の前奏を聴くと身体に電流が走るというか、郭靖と黄蓉に会いたくなります!
また、OP前奏部分で桃花島へいく郭靖と黄蓉が映りますけど、もうダメですね。クラクラです。
EDも黄蓉パパが笙を吹いて画面に引き込まれて、曲が始まって琴弾く黄蓉の手のアップ!タマリマセン!
手の奇麗な女性が好きなだけに、もし手女優を使っていなかったら周迅って奇麗な手です。
で、続けて郭靖にニッコリ周迅スマイル・・・・。
ってここ天龍八部でした(^_^;)
スイマセン。
天龍八部は名作だと凄く思っているけど、『射雕英雄伝』は、やっぱり自分にとって特別なんだぁって思い知らされました。
銀河英雄伝説のラインハルトにとってのキルヒアイスって感じです。

やっぱり、藍空日記-射雕英雄伝編-に今さらですけど、遊びに行きますので相手してもらえると嬉しいです。だって周迅好きの身体にしたのはフェイユイ師姉なんですから(笑)
Posted by 遠志 at 2005年10月05日 00:24
遠志さんにそうまで言っていただけて本当にうれしいです。私にとっても「射[周鳥]英雄伝」は特別です。
周迅はとても魅力的な女優なのですが、日本ではまだ有名ではないですよね。あのドラマで彼女の人気が上がるといいなあという願いをこめて記事を書きました。
是非また「射[周鳥]英雄伝」の話もしてくださいな。中文字幕のDVDを見ながらお答えします(笑)
Posted by フェイユイ at 2005年10月05日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。