2004年10月12日

「客途秋恨」その後

「客途秋恨」見終わりました。映画と別の話でDVDの映像がひどすぎ、暗い場面なんて何も映ってません。VCDだってこんなにひどかありませんよ。しかしみました。
舞台設定は70年代だそう。けっこうサイケなファッションもでてきます。マギー演じるヒューエンはイギリスの大学院も出た才女ですが、母と折り合いが悪く、やっとホンコンに帰ったというのにけんかばかり。実は母は日本人でヒューエンが小さい頃は母はまだ言葉もうまくしゃべれず、夫の父母からは冷たくされていたのだった。ヒューエンの妹が結婚を機にカナダへ移住することになると、母は日本へ帰りたいと言い出す。ヒューエンは母についていくことにする。
そのふるさとは大分・別府なんですが。なんだか、思った以上にリアルなんですよ。なんか懐かしい感じさえ覚えます(別府出身ではないですが)出てる役者さんがしってる顔じゃないせいもあるのでしょうが、日本人の中にいるマギーはほんとに心細そうでかわいそうでした。
映画としては、あまりうまい出来ではないのでしょうが、なんだか不思議なリアルさを感じる映画でした。
監督のアン・ホイ自身が日本人の母を持つとのことです。またマギーは日本に来てほんとにみちにまよったり、言葉が通じず、おこったりしてたそうです。ただ日本食が好きでパクパク食べてたそう。かわいい。ずっと若い頃ですよ。

監  督 アン・ホイ
出  演 ルー・シャオフェン、マギー・チャン、レイ・チーホン、ティエン・ファン、加地健太郎、逸見慶子
1990年
posted by フェイユイ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。