2005年10月21日

映画の中のセリフと字幕

映画鑑賞を輸入版DVDで行うことが多いので感じるのだが、言葉がわからないまま映像を見ていてもほぼ字幕を見ていたかのように満足感が得られる物とセリフによる説明が多いためか非常に解りにくいものがある。
セリフに頼るものが悪いわけではないが(例えば台詞回しが抜群に上手い映画と言うのはあって当然だし)かっこいいセリフと言うのは私だって好きだ。
だが、そういう状況で観ている者にはセリフに頼らない映画と言うのは実にありがたい。

まあ、単純な映画なら画面だけでもわかるだろう、ということもあるけどね。私がキム・ギドクやツァイ・ミンリャンを好んで観たのはその辺も大きい事は確か。彼らは最初からセリフを無くしているのでまさに映像だけで物語がわかる。
逆にコメディなんかで役者さんが大げさにまくし立てたりしてると「ははあ、ここは笑うシーンなんだな」と情けない状態に陥る。言葉がわかればなあ、と悔しい思いをする。
身体を張ってくださるコメディは解りやすくてそれだけで好きになるぞ(「ライターをつけろ」)

勿論、日本語字幕がついてれば、セリフがいかに多くてもかまわないんだけど。

ただ、(上手いセリフを考えている脚本家の方には申し訳ないし、例外もあるが)面白い映画は大体においてセリフが解らなくても「良い」と感じる。上手い役者さんはセリフのみでなく、身体で表現しているからだともいえる。
映画にはセリフが付き物だし、甘いささやきも気の効いたやりとりも激しい魂の叫びも聞きたいが、こと輸入版DVDを観る時はできるだけ映像のみで解る映画を作って欲しい、と言うのが本音。またそういう映画を作ってくれる監督は尊敬してしまう。
posted by フェイユイ at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。