2005年10月22日

いよいよ始まった笑傲江湖第三集・後半

令狐冲が曲洋老人の頼みで劉正風を訪ねると、劉正風と莫大老人が師父の絵が飾られている祭壇の前で言い争っている。劉正風は武林の争いごとが嫌になり引退式をあげたいと願っている。莫大老人はもう自分は老いているので年若の劉正風に掌門を継いでもらいたいと思っている。しかも劉正風がこっそり邪派の曲洋と通じ合っているのも許せない。が、劉正風は良い知音を得たので幸せです、などと言って莫大師兄を嘆かせる。師父の祭壇の前で老人と中年男が泣いたり抱き合ったりしているのはなかなかおかしい。まっすぐ相手に言えばよいのにいちいち師父に語りかけるのがいいね。師兄は「天龍八部」では逍遥派の蘇星河ですよね。どちらも引継ぎに苦悩してますね。

正派恒山派の総帥定逸が大勢の女弟子を引き連れて、崋山派の者たちが集まっている場所に物凄い形相で入り込む。
そこには令狐冲と一緒にいた顔に大きなやけどの痕がある少女・岳霊珊がいた。たくさんの同派の男たちにからかわれて岳霊珊はそのやけどの痕を取ってしまう。やはり作り物だったのね。大変可愛らしい少女で皆に慕われているようだ。
が、儀琳をたぶらかした令狐冲を出せ、と定逸に言われ戸惑っていると、岳霊珊は身代わりにつれて行かれてしまった。
崋山派は逆らおうとしても皆撥ね退けられてしまった。恒山派の定逸という尼僧はかなりの人物なのでしょうか。

一方、とうとう劉正風は引退式を始め、崋山派の掌門・岳不群(岳霊珊の父親)も招待を受け駆けつけていた。
ところが、令狐冲にやられたという青城派の羅人傑の遺体と怪我をした者が運び込まれ、さらに定逸率いる恒山派も令狐冲を差し出せと押しかけて崋山派・岳不群は追い詰められる。
どうやら福威[金票]局が編み出した辟邪剣譜を皆が狙っているようだ。言い争っていると儀琳が戻ったという。
儀琳に申し開きをさせていると令狐冲らしき人影が?
令狐冲を捕らえて仇を打ちたい青城は余滄海は集まった者の中から林平之を捕まえ、なぜ青城派に歯向かうかと問いただす。そこへ林平之の祖父と言う男が現れ、林平之を連れ出してしまう。

色んな人が突然現れてめまぐるしい展開です。定逸さんは迫力あります。福威[金票]局が編み出した辟邪剣譜というものが物語のキーワードですね。

出演:リー・ヤーポン(令狐冲)李解(林平之)孫海英(田伯光)陳麗峰(儀琳)彭登懐(余滄海)李勤勤(定逸師太)巍子(岳不群)苗乙乙(岳霊珊)
posted by フェイユイ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑傲江湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。