2005年10月22日

笑傲江湖・第四集

今回、何と言っても正派の劉正風と邪派の曲洋との友情がテーマでした。
正派と邪派の戦いは無意味だと互いに思い、引退して畑を耕しながら、二人で楽曲を楽しみたいと考えている劉正風。やっと迎えた引退式で金のたらいで手を洗えば引退となる、と言う所で五岳剣派から邪魔されてしまう。彼らは劉正風が邪派の曲洋と通じ東方不敗とも結託していると言うのだ。したがって引退は許されず、曲洋の首を取って来いと言い渡されるのだ。
劉正風は友人である曲洋にそのようなことはできないし、引退の決意は変わらないと答え再び手を洗おうとする。「もし手を洗えば息子の命はないぞ」と脅されても決心を変えようとはしなかった。手を洗おうとしたその時、息子の叫び声が聞こえ血しぶきが飛んだ。さらには女性が。また幼い息子は五岳剣派から脅されて泣きながら助けを請う。それを聞いて劉正風は自害を決意する。その時、令狐冲が助けに入る。エーン、もっと早く入ってよ、子供が死んじゃったじゃないかー。
しかし、岳不群もきっぱりした定逸さんも邪派は悪党ばかりで信用できない、劉正風は騙されているのだ、と言うばかり。誰にもわかってもらえない劉正風であった。こうなると正派の皆さんもどうかと思いますね。っていうか、まだ邪派という人たちが何も悪い事してないんで何が「邪」なのかわかんないし、曲洋さんにしても聖姑さんにしても親切だったので(笑)このドラマの作り方はコレでよかったのかな?まず邪派の悪いとこ見せてもらわないとピンときませんね。第一「青城派」が邪派じゃないのが不思議です。あ、邪派って別に悪って意味じゃないのでしょうか?
とにかく劉正風は曲洋への友情を貫き、そしてなんとその曲洋老人が劉正風を助けにきたのだった。

林平之は木高峰という変わった髪形の男から弟子になれなどと言われるが決していうことを聞かず、崋山派の岳不群には「弟子にしてください」と頭を下げる。岳不群は「弟子にするには両親の許可がいる」などととぼけた答え。こちらは結局弟子にする事を棚上げ状態にされてしまったよ。
ところで、引退式の場所で「師父が用心するように」と年配の男に言い、岳霊珊に「大師兄は」と聞く男は「西太后の紫禁城」の宦官役の小回回だ、きっと。だからと言って何でもないが。ここではやはり男らしい感じでした。

劉正風が曲洋老人に助けられて逃げ出し、令狐冲は傷を負っているが、儀琳と岳霊珊の二人にちやほやと治療を受ける。
が、嵩山派がどやどやとやって来て令狐冲を捕らえていってしまった。ある小屋で令狐冲が縛られていると怖れも知らず儀琳と岳霊珊がやってきて令狐冲をめぐって火花を散らす。そこへ見張っていた嵩山派が入り込んできて美女二人に世話を焼かれる令狐冲に嫉妬する。3人は縛られてしまうのだった。

友情物語は尊いけどそのために幼い子供を含む家族が殺されたのはショックでした。こういうものなのでしょうか。最初の子が「怖いよ」と叫んでいたら、劉正風がすぐに自害してよかったんだけど。やっぱ、がまんしちゃいけませんね。
令狐冲もも少し早く来て欲しいものです。

出演:リー・ヤーポン(令狐冲)李解(林平之)孫海英(田伯光)陳麗峰(儀琳)彭登懐(余滄海)李勤勤(定逸師太)巍子(岳不群)苗乙乙(岳霊珊)
posted by フェイユイ at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 笑傲江湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あたしゃ チャンネルNECOで見ているので、ここを読み過ぎないように自制してます。(^○^)
でもって、正派と邪派の件ですが、ブッシュが正義の民主主義を掲げて戦争を仕掛けているのを連想させますね。
金庸が笑傲江湖を書いたのが1967年のようです。ちょうど文化大革命の最中ですから、正派が文革派で、邪派が弾劾された側って風刺なのかもなどと想像しながら見ています。
Posted by げばら at 2005年10月29日 17:39
先走ってご迷惑をかけております(笑)

ブッシュと文革の説、なるほどですね。今の所ドラマでは邪派の悪行(?)の描写とかないんでひたすら???の状態です。どう見たって正派の方が悪を感じる。聖姑様と曲洋老人しか見てないので。どちらもいい人みたいですよね?
Posted by フェイユイ at 2005年10月30日 00:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。