2005年10月27日

笑傲江湖・第七集 後半

嵩山派・左冷禅は崋山派に内紛を起こすために陸柏を使って気功流と剣術流の25年前の抗争を蒸し返させようとしていた。
掌門・岳不群と妻・寧中則はそれを察して案じていた。岳不群は令狐冲を1年の面壁を言い渡し、それがすめば軽はずみな性格もよくなるだろうと考え、その時に「紫霞功」を授けるつもりだった。そして寧中則は娘である岳霊珊に「玉女十九剣」を伝授する事に決めた。

嵩山派には泰山の玉[王幾]子と言う客人が招待され、遊び女たちの歓待を受けていた。これも左冷禅が武林制覇のための陰謀だった。

岳霊珊は酒とご馳走をかごに入れて令狐冲のいる洞窟を訪ねた。
うーむ、罰則として洞窟にいるのに、可愛い女の子が酒を持って行ってたら何もならないと思いますが。随分ゆるい罰則ですねー。まあ、可愛い女の子は勝手に来てるわけでもてない男にはこんな特典はつかないわけですが。おまけに一緒に反省しましょう、とかって。
しかも令狐冲考えれば考えるほどこんがらがっておかしくなってしまいます。うう。令狐冲は郭靖とは違う!と思ってたのにあまり変わらないみたいだわ(笑)岳霊珊が「大師兄、どんどん馬鹿になってるわ」というのには笑いました。
とにかく罰則中なのにイチャイチャで、他の弟子が見たら嫉妬されそうですが、野暮を言うのは止めましょう。
岳霊珊が言うには考えなくてもとにかく父に従っていけばいいの。そうすれば掌門になれるわ。令狐冲が不満そうなのがよかったです。しかも岳霊珊が「玉女十九剣」を伝授されると聞いて令狐冲は「信じられない」

岳霊珊は懸命に林平之に剣術を教えるのだが、林平之は何ヶ月たっても上達しない。とうとう岳霊珊は音を上げる。陸大有が令狐冲に持っていくという差し入れのかごを奪い取って逃げてしまった。剣を押し付けられた大有も林平之を残して去ってしまう。
可哀想に林平之は見捨てられて悲しそうにたたずむのだった。

出演:リー・ヤーポン(令狐冲)李解(林平之)孫海英(田伯光)陳麗峰(儀琳)彭登懐(余滄海)李勤勤(定逸師太)巍子(岳不群)苗乙乙(岳霊珊)陸大有(ゴン・リーフォン)
posted by フェイユイ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑傲江湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。