2004年10月24日

やはり「バンジージャンプをする」はいい!

 先ほどのアップの後、見直しました。さてまたネタバレ全開ですのでご注意のほどよろしくお願いいたします。

一番気になるのはなんといってもラストでしょう。このラストがそのままタイトルにもなるわけですが。ゲイ・ストーリーにこのラストはもう定番ということですよね。(だからこそ「ニエズ」はすごいなと思うわけですが)私としてはこのラストがいいとはけしていいたくありません。どんなに一途な愛だろうが、ふたり一緒だからいいと彼らが言おうが、どうしてもいやなんです。「死」とういうことで、物語を美化できるというなら、私は醜いほうがいい。大好きな話ですが、たとえなんといわれようと、ふたりは手をとってそして生きて欲しかった。ニュージーランドまで行ったんだもん。そのままそこで暮らしたら?ま、ビザとか現実問題がたち憚るのでしょうが。

一番好きな点は、イ・ビョンホンの相手の男の子として、ヨ・ヒョンスという子を選んだこと。たくましいビョンホンより大きい男の子が彼女なんて想像しにくいという人もいるだろうが、彼女自身すらりと長身だったから男になったらかなり大きいんでは、という余談はさておき、なんといってもかわいい顔のビョンホンには甘えて欲しいんである。17歳年下の少年であっても、ビョンホンのほうがかわいい!し、甘えた顔が似合ってた。少年の胸で泣くとこなんてもういじらしくてたまんないじゃないですか!これが華奢な美少年だったりしたらどうやってビョンホンの肩をだけるのだ!私としては監督がどういおうと輪廻っていうより、彼の中に彼女を見てしまった男性教師の狂った愛というほうがうなづけるんですが、そしてそうやってすがりつかれてしまったまだ年若い男子高校生は先生の暗示にかかって自分を先生の恋人の生まれ変わりだと信じてしまった!というのはどうでしょう。全然純愛じゃなくなりますが(笑)狂愛ですね。私は輪廻とかも信じるほうなんでそれでもいいんですが、この話ではそう思いたくない!(監督の意思は無視)ヨ・ヒョンス君、ほんとに大きくて男の子らしくてかわいいし、おまけにビョンホンを抱えそうなくらいたくましくて素敵です。ビョンホンは彼の前では華奢でいとおしいかんじになってしまう。とてもそんな年上とは見えません。甘えたかっただけじゃないのかねえ。ビョンホン。

そんなわけでこの映画はラストを除けば完全です。(それは完全っていわない)ビョンホンはほんとに横顔が素敵です。

監督キム・デスン 出演イ・ビョンホン イ・ウンジュ ヨ・ヒョンス イ・ボムス 2001年


posted by フェイユイ at 19:59| Comment(6) | TrackBack(5) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
私も、丁度  彼の「純愛中毒」を観て、期待以上におもしろかったので記事にしました。  バンジーは観ていないので、しっかりは 残念ながら読ませて頂きませんが、素敵なんでしょうね  28日にまた来日されるとのこと、楽しみです。
Posted by sao at 2004年10月26日 08:40
こんにちは、saoさん、はじめまして。このような拙いブログにきていただけて、うれしい限りです!
私も「純愛中毒」あの魅力的なパッケージの罠に見事にはまって買ってしまいましたよ。ビョンホンの眼差しは太刀打ちできないものがありますね。
私は、韓国語がまったくわからないので、韓国語を聞きながら中国語字幕を読む、という日本人としては分裂しそうなことをやってますので、そのために勘違いも多いだろうな、と実はひやひやです。
 
初のトラックバックもありがとうございます。ブログ初心者でトラックバックもよくわからずお恥ずかしいかぎりなんですが、これからもよろしくお願いしますね。
Posted by フェイユイ at 2004年10月26日 11:25
殺人の追憶でご挨拶させて頂いた、ronです。実はsaoさんのところから飛んで来ました。バンジ−ジャンプをする、私もじっくりは読んでいませんが、勝手ながら、映画を選ぶ感性が似ていらっしゃるように感じるので......これはきっといいに違いない、と確信しました(^^)
私も役にはまりきっている狐と化したビョンホンssiが好きなものですから。実はイケメン、とも思っていないですし.......大ファンですが(気障なビョンホンssiも嫌いじゃぁないですけど)。
我が心のオルガンも、同じ意味で楽しみにしています(ほのぼの系のようですが)。あちこち読ませて頂きますね。当面、楽しみが増えました(^^)
Posted by ron at 2004年10月27日 09:52
ronさん、はじまして!ようこそ。「殺人の追憶」の方も読ませていただきました。感性が似ているとのことで、うれしい限りです。中国ものでも韓国ものでも知らないことばかりで、情報提供は少ないんですけど、これからも大好きな映画について書いていくつもりです。今後もよろしくお願いしますね。
ビョンホンはほんとそうですね。私もイケメンというより、役に没頭している姿がスキです。「バンジー・・」はまさにそんな感じですね。
Posted by フェイユイ at 2004年10月27日 12:43
こんにちは、TBさせていただきました。
友人から見てくださいとDVDを渡されて昨日見た映画です。確かにあのラストで話はきれいに収まってしまいました。収まりすぎてスッキリしすぎたくらいです。
あ、「狂愛」っていうのもいいですね^^
Posted by soon at 2006年03月10日 20:43
こんばんは、soonさん。
観てからもう随分時間がたってしまいましたが、やはりとても好きな映画です。韓国映画の中でも特に触発された映画の一つです!
この文章も懐かしいですが(笑)好き勝手書いてますね(^_^;)好きな気持ちを懸命に現しております。

TBありがとうございます!私も早速させていただきましたー。
Posted by フェイユイ at 2006年03月10日 23:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

腱????????激??????私????
Excerpt: http://member.blogpeople.net/TB_People/tback.jsp?id=00395
Weblog: wuqipi(????若??若?????)??吾???????????鐚
Tracked: 2004-10-26 08:41

腱????????激??????私????
Excerpt: http://member.blogpeople.net/TB_People/tback.jsp?id=00395
Weblog: wuqipi(????若??若?????)??吾???????????鐚
Tracked: 2004-10-26 08:42

腱????????激??????私????
Excerpt: http://member.blogpeople.net/TB_People/tback.jsp?id=00395
Weblog: wuqipi(????若??若?????)??吾???????????鐚
Tracked: 2004-10-26 08:42

映画「バンジージャンプする」
Excerpt: ?ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン バンジージャンプする ?  「バンジージャンプする」という映画タイトル、とても秀逸である。韓国映画のタイトルには一つのセンテンスになって..
Weblog: ある在日コリアンの位牌
Tracked: 2005-09-27 20:32

バンジージャンプする
Excerpt: 正直のけぞった。 先を予想させない映画って 随分インパクトがあるんだなぁ〜って思った。 DVDを見た後、なぜかすぐに眠ってしまった。 きっと展開があまりに予想外で驚きすぎたから..
Weblog: 月下独想
Tracked: 2006-03-10 20:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。