2004年10月31日

「柔道龍虎榜」

今日は一体いくつ書くんだ。 ということで「柔道龍虎榜」をみてしまったんですよ。うーん、噂には聞いてたが、なかなかのものでした。退屈だったのか面白かったのか自分でも計り知れないが、黒澤明の「三四郎」を見ていれば、そして覚えてれば、けっこうおもしろいんだろう。私は見たんですが、それほど覚えてなくて(ははは)ただアーロン・クォックは確かに柔道やりそうな風貌ではある。そして、目的であったレオン・カーファイはやはり決まってました。最初に歌われた日本語の歌詞がまた聞き取れなくて「まみむめも三四郎」と聞こえるのはなんだろう。最後に別の方(徐小鳳)が歌ったのでは、どうやら「前を見ろ三四郎」のようだ(ちがうかもしんない) ところどころ感動しなくてはいけなかったようだがよくわかんなかった。音楽が感動してねって言ってましたが。ホンコンにススキの原があったりして楽しいといえば楽しいし。とにかく柔道を通じて友情と復活が描かれていたようです。ウン、暗いバーの雰囲気はちょっとよかったのかも。です。 しかし、下駄の鼻緒を直すのと靴を履かせてやるのを重ねるのはむりのような気もする。 でも、見てください。 監督ジョニー・トー 出演ルイス・クー アーロン・クォック レオン・カーファイ チェリー・イン 2004年
posted by フェイユイ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。