2005年11月16日

「射[周鳥]英雄伝」原作を読む

,洪オ公1.jpg

射[周鳥]英雄伝のドラマは楽しみましたが、まだ原作は読んでなかったので図書館から借りてきました。
もう読んでても周迅や李亜鵬の姿と声を感じて困りますね、いやうれしいんですけど。まだ途中というか斜め読み走り読みですが、色々ドラマとの違いがわかって楽しい。
例えば周迅もとい黄蓉が郭靖と出会う場面。黄蓉がさんざん郭靖にわがままを言うのに人のいい郭靖が何でも願いを聞いてあげて黄蓉が泣きだすほど感激してしまう。「お母さんがいない境遇で育った私はこんなに優しくしてもらったことがない」私はずっとママっ子の郭靖が料理好きな黄蓉に母性を求めていると思ってたら、郭靖の方がお母さんだったとは。
黄蓉の知性、郭靖の人のよさ、二人の愛情、ドラマでも感心するばかりでしたが、原作を読むとさらにその心の機微が解って面白いものですね。
また、楊康の悪辣さは原作の方が余計出てますね。ドラマでは何となく同情してしまいますが、原作だとはっきり悪っぽいです。それだけに穆念慈が可哀想です。
そしてかわいい周伯通が関西弁なのがおかしい。ドラマでもそうでしたっけ?

また岳飛の遺書が隠されていた翠寒堂について黄蓉が「これは日本から取り寄せた木材で作られているのよ」と知識を披露する文があって、「ええ、ドラマでそんなセリフはあったかな」と思ったら,後書きに「この文章は訳者の一存で付け加えた」とあって納得しました。とは言え、その翠寒堂は日本の木材で作られているのは事実だそうな。ほほお。訳者さんは「親日家の金庸さんは咎めはされないでしょう」と書かれている。しかしほんとに黄蓉が言いそうなセリフですよね。

posted by フェイユイ at 19:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 射[周鳥]英雄伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ

>黄蓉が泣きだすほど感激してしまう
ドラマと違って結構泣いたりケロッとしたりと感情豊かなところがあって、周迅黄蓉の方がイイなぁって思う時もあったんですけど、ある場面では原作の黄蓉の方が、読んでる方もグッと来る時ありましたね。

>楊康
原作では、すでに腕は互角でしたけど、ドラマでは郭靖より楊康の強かった。でも高みに駆け上がる郭靖の方が楽しいから、歯敗者からのスタートの方がイイと思われたんでしょうね。私は見事に監督の思惑通りでした。

>周迅や李亜鵬の姿と声を感じて
映像(脳内)も役者さんたちが動きまわってくれたの(神雕侠侶も)で、読みやすかったです。

>黄蓉が郭靖と出会う場面
「あとがき」かもしれませんけど、郭靖が即黄蓉に親しみを持てたのは同じ言葉を話すからだそうです。ドラマは吹替えだったから気づきもしなかったけど、李萍さんも江南七怪の師匠たちも江南出身ですし、なるほどって納得しました。
Posted by 遠志 at 2005年11月19日 21:35
こんばんは、遠志さん、おひさしぶりですね。
原作を読んでますます面白いと思いましたよ。
私はもともと周迅が好きで見始めたドラマですが、原作の黄蓉もまた魅力的でした。郭靖もまたしかりです。

>郭靖が即黄蓉に親しみを持てたのは同じ言葉を話すからだそうです。
読みましたよー。あとがきでの説明で江南文化についても書かれてましたね。ドラマでそのままの音声を聞いても江南方言なのかは私にはわかりませんでしたが(笑)黄蓉の魅力も江南文化に培われたものだという説明も興味深かったですね。
Posted by フェイユイ at 2005年11月19日 22:10
>江南文化
私が最初に周迅と黄蓉の両方に魅入られたのが、第18章の冒頭で黄蓉が泥人形でママゴトとして、そこに郭靖登場で拗ねるシーンなんですが、その泥人形も周伯通が郭靖と洞窟で話す時に泥遊びをしていたのも、あの地方の民芸品だったんだと知って、雑学知識欲求を満たされた気分でした。
Posted by 遠志 at 2005年11月20日 19:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。