2005年11月17日

「ムービング・ターゲット」エディソン・チャン

ムービング.jpg

エディソンが見たくて観た映画ですので特に不満はございません。
ニコラス・ツェーとの美形共演、ということになっているようですね。

観ているとなぜ?どうして?がちょぼちょぼ出てくるわけですが、まあそれも楽しみの一つとして観ましょうか。
とはいえ、ニコラスのお父さんが本当はいい人だとか、いくら何でも接点があったと知った時でいいから早く言ってくれないと憎しみあまって殺したりしたらどうすんの、お母さん。
ニコラス君としては怒りをどこに収めていいのやらわからんで可哀想です。

女の子が眼鏡を取ったらかわいかったとか、エディソン・ママの彼は便器の水の中に顔をどのくらいの間つけてたのかとか自分で顔上げられなかったのかとか。
エディソンが嫌疑をかけられたり、サイモン・ヤムがワイ捜査官の射殺容疑をかけられた時その銃弾を見つけきれないとか警察仕事甘すぎ。

物凄くあっさりエディソンと女の子が結婚してしまってるとか、妊娠した妻のいる家に何故マフィアのボスを連れてくるんだ、とか。

がまあそんなことはどうでもいいくらいエディソン・チャンは凄くうまいです。はっきり言ってこういう映画に使っているのが勿体無いです。
ホントにいい映画に出てもらいたい人だと思いますね。

と言っても映像もそれなりに凝って綺麗に撮れてますし、サイモン・ヤムをはじめ脇役陣もしっかりいい味出してますし、渋めのアイドル映画としてとても楽しめるのではないでしょうか。

監督・バリー・ウォン 出演エディソン・チャン、ニコラス・ツェー、サイモン・ヤム、ジリアン・チョン
posted by フェイユイ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。