2005年11月17日

「射[周鳥]英雄伝」原作・その2

黄蓉1.jpg

一応、最初から目を通し始めましたよ。

楊康パパの楊嘯天がドラマとはかなりイメージ違って硬派です。ドラマでは結構美人妻にでれでれでしたが、原作では「美人などと面と向かっていった事のない夫」と言う事で驚きました。でも妻を思う心は同じですね。

なんといっても楽しいのは郭靖と黄蓉の熱々ぶりです。前回書いた、「お母さんのように私のことを思ってくれた」とわあわあ泣く場面もすごくいいし、江南七怪改め六怪から「黄薬師の娘は小悪魔だ」と言われ交際を反対されても郭靖は黄蓉に「師匠たちを説得するよ。黄蓉は小悪魔なんかじゃない。とてもいい娘さんなんです。とてもとても・・・」とボキャブラリーのなさを露呈して黄蓉に笑われ(と言うか黄蓉はそこでまた涙ぐんじゃうんですが)私も郭靖って本当にいい男だなあとじーんとしましたね。師匠に「結婚の約束をしたのか」と問われて「してはいませんが、二人とも心の中でそう信じています」と臆面もなく言い切って師匠たちをたらーりとさせるとこが最高ですね。
そして郭靖が黄蓉から水泳を習って、二人で長江のほとりまで来ると「行くわよ」「よし」ってことで何も言わなくても泳いで河を渡ろうって解るふたり。江の真ん中まで来て二人が夜空を見上げると星が降るように光り輝いている。天地の間、ただ二人だけがいるようだった。その後嵐が来て郭靖が「怖いかい」と聞くと「ちっとも」やがてふたりは岸にたどり着き眠りについた。これは二人の運命を現す場面ですよねー。大きな長江を二人で渡り嵐が来ても怖くないという気持ち。いい場面ですね。ドラマではなかったような気がしますが。すばらしいです。

しかし黄蓉は原作でもかわいいです。ドラマでもあったとは思いますが、この後、おなかのすいた黄蓉は郭靖を置いて一人で鶏を盗んできちゃうんですね、郭靖はもうびっくりしてしまうんですが(いい人ですからね)黄蓉はけろりとして美味しく焼いてしまいます。それを洪七公が「くれ!」と言う事になるんですが!
posted by フェイユイ at 21:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 射[周鳥]英雄伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>郭靖が黄蓉から水泳を習って
ドラマで師匠たちがさってから長江へたどり着くまで足取りが分かるのは1ヶ月(洪七公に料理接待と修行)。
楊叔父さん夫妻が自害した時に雪が降っていたから長江まで3ヶ月もあるんですよね。
原作読んで、色々やっていたんだって知ってスッとしましたよ。
結構気になる人間なんで。

>鶏を盗んできちゃうんですね
フェイユイ師姐が天龍八部の原作での蕭峯と阿朱の事を教えてもらった時も盗みの話がありましたけど、黄蓉はどこから鶏を盗んだんでしょうね(笑)

最近、周迅の声が聞きたかったのでDVD4巻(郭靖と黄蓉の婚前旅行(笑))を借りてみたんです。
そしたら、演技とは違い周迅って声演技がイマイチだなぁって言うのが感想でした。
でも、もしかしたら日本の声優が大袈裟なのかと思ったんですけど、蒋勤勤も孫海英も感情豊かに声優やっていました。
DVD5巻も借りたんです(我慢できず)。すると周迅の声演技も前より徐々に感情豊かな感じになってました。
インタビューで翁美玲のイメージが強烈で、自身の声が低音なので悩んでいる見たいな事言っていて、「吹替えでは黄蓉用の声を出します」とも言ってました。
序盤は、手探りだったのかなって思いました。
今は、「チン ガガー(私にはそう聞こえます)」の周迅の声にハマってます。ついでに「ロン アぁ」も。
Posted by 遠志 at 2005年11月20日 19:33
中国語で聞いてると日本語以上に音が頭に残るんですよ。周迅のちょっと鼻にかかった「チンゴーゴー」(中国語なので「チンガガー」とも「チングーグー」とでも日本語表記は無理ですが)はもういつも頭に残ってましたね。呼び名はいつも発音するので一番残りますね。
Posted by フェイユイ at 2005年11月21日 16:36
こんにちは
もう、チャンネルNECOの最終放送も終わってしまいましたが、ビデオやDVDを見て、このページにやってくる人のために、射周鳥英雄伝、天龍八部を通じた歴史地図の認識をおさらいするのに、いいページを見つけましたので、ここに貼り付けておきます。
おせっかいとは思いますが、よろしければごらんください。
http://gakuen.gifu-net.ed.jp/~contents/kou_chirekikouminn/sekaishichizu/sou/sou_1.html
地図の上のスタートを押して進めてください。
Posted by 迷 at 2005年12月31日 22:18
うひゃあ、また面白いものを!勉強勉強。
迷さんてブログかHPされてないのですか?物凄く面白いものを作れる気がするのですが。コメントだけで表示されるのが勿体無いような・・・。もしすでにされているのか、予定があるのなら教えてくださいね。絶対見ますから。
Posted by フェイユイ at 2006年01月01日 16:18
フェイユイさん。ありがとうございます。
毎日のように、かかさず話題を提供できるわけではないので、たぶん、プログもHPも私には無理。ちょっとウルサイ読者で十分ですよ。

ついでに雁門関の場所はこちらの地図の中にあります。
http://wadaphoto.jp/images/banrimap.jpg
あと、ほかにもたくさんの地名が出てきますが、いつか中国を旅する機会が訪れたら、それまでには調べようとは思います。
Posted by 迷 at 2006年01月01日 18:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。