2005年11月17日

笑傲江湖・第十八集

うわあああ、もう令狐冲と聖姑様=任盈盈の悲恋ですう。切ないなあ。正派と邪派の許されぬ恋。先に曲洋老人(邪派)と劉正風(正派)のおじいとおじの逃避行などもありましたが、またこちらは複雑です。
聖姑様はすっかり令狐冲に恋していて、令狐冲は聖姑様を優しいお婆様と思って深く慕うようになっている。でも令狐冲はあくまでも顔の見えないその人をお婆さんだと信じているのだ。それだけに見せかけでなく本当に心を愛しているのだとも言えるのだが。
(これで思い出すのは「射[周鳥]英雄伝」で、黄蓉が物乞いの男の子に扮しているのに郭靖が優しくしてくれたと感激する場面ですね。金庸さんの「心のふれあい」に対する考え方がわかります)

人々が去ってしまった宴会場に令狐冲が一人淋しく残っているといるはずのない竹林のお婆様の琴と歌声が聞こえてきた。令狐冲はお婆様の姿を見つけ驚く。その顔は見えないが。
そこへ少林寺の男たちが3人やって来てお婆様にからむので見かねた令狐冲は間に入り、3対1の戦いとなった。体が思うようにならない令狐冲は、必死で3人に立ち向かい何とか追い出すことに成功した。

お婆様は令狐冲に護衛を頼む。ただし醜い顔を見られたくないので、絶対に見ないようにと言うのだ。令狐冲は承諾した。
そしてお婆様に杖の端を持たせ自分はもう一つの端を持ち歩き出した。
ある店につくと大勢の男たちが酒や食事を取っていたが、お婆様と令狐冲を見るとひざまずき、一人はなんと自らの目をつぶした「私は目が見えませんので、何も他言はしません。信じてください」そして他の者もそれに習おうとする。令狐冲は酷さに慌てて他のものを抑えお婆様に皆を止めるように言う。お婆様は止めさせ、そして皆にとある島に行って2度と戻ってくるな、と言うのだった。皆喜んで去って行った。令狐冲は優しいと思っていたお婆様があまりにも怖れられ、酷いことを言うので疑念がわく。そして顔を見せないなら出て行くと言い、店を後にした。

一人残ったその店に入り込んで来た二人がいた。二人は少林寺の僧で、妖女を追って来たと言う。令狐冲はいくら残酷な事をしたと言っても命の恩人を守ろうと思って店に戻る。
僧たちは2階にひそんでいるお婆様に襲い掛かるが、若い僧はやられてしまい、老齢の僧もお婆様を倒すことはできなかった。令狐冲は痛む身体で僧と戦う。僧は令狐冲の剣さばきが風清楊のものだと察し、驚く。そして傷だらけの令狐冲に丸薬を渡し去っていった。
令狐冲はその丸薬を何とかお婆様に飲ませようして嘘を言い、戸を開けさせた。令狐冲がなだれ込むようにお婆様の部屋へ入ると、なんと言う事だ。お婆様と信じていた人は聖姑その人であった。
令狐冲は驚き、全てが陰謀かと薬を置いて外へ出た。聖姑様は憤りを抑えきれず、周りにあるものを破壊した(聖姑様がこんなに熱くなってしまわれるとは)

令狐冲が血を吐いて倒れたところに何者かが近づく。聖姑様は令狐冲を守って、薬を飲ませ、その身体を運んだ。
令狐冲が気がつくと、どこかの部屋に寝かせられていた。外では老頭子と祖千秋が「令狐冲と聖姑様が結婚したら江湖にも平和が来る」などと話している。
それを聞きとがめた聖子様。二人を呼び、命令を下す。それは「令狐冲を殺せ」と言うものだった。

聖姑様を見捨てなかった令狐冲に何故?と聖姑様が訊ねると「あなたのように優しい人にはもう会えないきがするからです」と言う令狐冲が寂しい。五覇岡にたった一人残され、誰にも愛してもらえないと感じた令狐冲の切なさ。辛いです。

出演:李亜鵬(リー・ヤーポン)(令狐冲)許晴(任盈盈)李解(林平之)孫海英(田伯光)陳麗峰(儀琳)彭登懐(余滄海)李勤勤(定逸師太)巍子(岳不群)苗乙乙(岳霊珊)
posted by フェイユイ at 23:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 笑傲江湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じえるんたちが、なく平和とかを成功したかもー


Posted by BlogPetのじえるん at 2005年11月18日 09:47
こんばんわ

>鳳凰の方が令狐冲より年上
令狐冲の方が年上ですか?
吹替えのやり取りを簡単に言いますと、『友達(聖姑さま)の友達(令狐冲)だから、我々は親しい間柄。だから私を妹と思って「鳳凰」って呼んで。』
って感じだったので、令狐冲が年上と思っていました。

>『射雕英雄伝』で、黄蓉が物乞いの男の子に扮しているのに郭靖
確かに同じパターンですね。英雄か凡人かの試験されてるみたいです(笑)
ところで、師姐が昔『終始いちゃついてる主人公たちも珍しい』書いて折られましたけど、今武侠を幾つか見聞きしてつくづく特異な例であると分かりました。
お互い好きなのに中々言い出さない。
立場的に複雑に入り組み過ぎて無理。
少しだけの楽しい旅の後の悲劇。
彼女が好きなくせに直ぐ身を引く。
結婚して子供まで出来る大侠なんて彼らくらいかもしれませんね。

>聖姑様は憤りを抑えきれず、周りにあるものを破壊した(聖姑様がこんなに熱くなってしまわれるとは)
いや全くその通りですね。
それにしても、投げたりブッタ斬ったりするのは兎も角、柱をムシリ取る時の聖姑さまの顔が、なんだか可愛いって思っちゃいました。

>五覇岡にたった一人残され
そうですね。
ただ、この際崋山の洞窟に帰り、壁画を見ながら修行したらいいのに。もしかしたら、現在の病も治るかも。その上で、これから起こるであろう正邪両派それぞれの戦いに最強となった令狐冲が平らげるって言いうのはどうでしょう?
Posted by 遠志 at 2005年12月20日 00:21
>私を妹と思って
原作とドラマを交互に観てるのでどちらでも言ってると思ってました(笑)
図書館の期限が来てしまったので、もう手元にはないんですが、確か藍鳳凰が少し年上なのに令狐冲が気を利かせて「妹」と呼ぶので藍鳳凰が凄く喜ぶという場面がありましたよ。やはり何時の時代でも女性の年齢に関しては(嘘をついてでも)お世辞を言う方が喜ばれます(笑)原作の令狐冲の方がドラマより口がうまいみたいですね。ドラマではあんまりぺらぺらお世辞を言ってると軽く見られると思うのかあまり李亜鵬に言わせてませんね。

>聖姑さまの顔が、なんだか可愛い
令狐冲への愛情が感じられる破壊行動でした(笑)いじらしくてたまんないですよね。早く目を覚ませー、令狐冲。
Posted by フェイユイ at 2005年12月20日 18:23
Posted by 遠志 at 2005年12月21日 19:13
こんばんわ

>藍鳳凰が凄く喜ぶという場面
なるほど。だから「素敵な人」チュってなるわけですね。
すっごく納得しました。
Posted by 遠志 at 2005年12月21日 19:16
そうそう。
他のドラマだったらチュくらいどうってことないんですが、この中では結構ドキドキものでしたわ。口紅つけられてましたし。

令狐冲のやさしさと勇気を感じた藍鳳凰は、この後ずーっと令狐冲に一目置いてますもん。
Posted by フェイユイ at 2005年12月22日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。